1800人の、「岸惠子」

スクリーンショット 2016-09-29 11.05.13 (1).jpg

 

岸惠子さんの一人芝居「わりなき恋」を

新宿文化センター大ホールで、観劇した

 

一人芝居と言うよりは、朗読劇で

ご自身の小説「わりなき恋」を

抜粋して、読み上げる舞台

 

小説も読んでいたし

岸惠子さんと言う知的な女優さんに

尊敬の念もあり

また、大きなホールで

どうやって朗読をするのだろうと言う興味もあり

チケットを購入して、訪れた

でも、売れ行き良くて

座席は、2階席しかなかった

 

実は、この舞台を演出された星田良子さんとは

ドラマで、何度もご一緒している

今は、60代半ばで

男勝りに切れ味のいい演出もしながら

女性らしい目線もお持ちの知性溢れる演出家だ

会場に入ったら

ロビーで、星田さんにお会いした

2階席だと伝えたら

言ってくれれば・・と、関係者の席のことを

言ってくださったけど

「でもね、残席、ゼロなんですよ!」と

嬉しそうに、教えてくださった

 

残席、ゼロ!

これは、すごい!

何と言っても、1800席の大ホールが満席なのだ

お客様は

ほとんどが、私より年上の女性たち

しかも、お一人でいらしている方が多く見られた

ある意味

これは、カルチャーショック!

今の日本カルチャーは

この方々が支えているのでは、と思えた

 

さて、肝心の舞台

長椅子のようなものが二つあるシンプルなセットに

ピアノや、ハーモニカで音楽が入る

岸惠子さんは、何度か衣装を着替えられるが

際立った豪華なドレスではなく

赤や萌黄色や黒のスーツに、ペンダントだけ

長い小説を、1時間半程の朗読にするのだから

大きく切り取られた内容は

小説とは、別の世界だ

その上・・・失礼でごめんなさい

岸さんが、読み上げる朗読は

朗読としては、上手いと言うわけではなかった

滑舌も甘かったし、何度も言い間違いがあった

でも、でもね

それでも、おそらく、何かが伝わる

岸さんご自身が書かれた小説を

岸さんが、必死にお読みになる

その姿が、大人の女性たちの、胸を打つのだ

 

舞台が終わり、再び星田さんに会った

「すごいでしょ?岸さん、・・・84歳よ!」

あ・・・

二の句が継げなかった

84歳って、84歳?

スッスと舞台を歩かれる姿

カーテンコールで、バレリーナのように

足を交差して、お辞儀なさった姿

どこにも、84歳の影は見えなかった

 

書かれるものも

インタビューなどでお話される姿も

若やいだお話ぶりの岸さん

美しく知的で背筋が伸び、凛とした姿

その姿から

時々、岸惠子さんは「何か」と戦う戦士に見える

「何か」って、何か・・・

若さを保つことに闘っているわけではない

なんて言ったらいいのかな

「人生」と、美しく闘っていらっしゃるような

 

それにしても、素敵だった

星田さんが、最後におっしゃった

「 私たちも、目指さなくてはね〜!」

でも

84歳になった時の私

岸惠子さんに近づくことが出来るんだろうか

 

多分、1800人の観客たちのほとんどが

同じような言葉を胸に刻んで

ホールを出たのだと思う

「 私も、いつか岸惠子さんになれるよう

・・・がんばろう・・・」

in the audience 客席にて | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0)

ディズニーキャラクターの、向こう側

 

IMG_8041.jpg

 

 

IMG_7976.jpg

 

 

目の前を、

巨大なキャラクターが、次から次へと大パレード!

大きく手を振って

キャッキャと声あげ、車椅子の上で喜び踊る二人

たまたま隣同士になった、おばあちゃんと女の子

92歳と、6歳

おばあちゃんが「こんにちわ!」と挨拶したら

思いっきり大きな声で「こんにちわ!」と、女の子

「お名前は?」

「まーなーみ!」

周りを元気一杯にしてくれる、愛らしさ、可愛らしさ

 

本当に久しぶりにディズニーランドに行った

開業して、今年で33年だそうだ

そう言えば、私

アナウンサーとして、開業の中継をしたっけ

どういうわけか、振袖着ていたような・・・

その後、プライベートでも訪れたけれど

ほとんど30年以上、行っていない

 

今回、母kazukoさんの施設からの

外出イベントで、ディズニーランド行きがあり

私も同行したのだ

 

この頃、kazukoさんと二人で外出しなくなった

好奇心旺盛なkazukoさんを

色んなところや、色んなお食事とか

連れて行ってあげたい

でもね

難しくなっちゃった

突然、トイレに行きたがり

おトイレから戻ろうとすると、また行きたがり

結局、食事もできず、目的の楽しみも味わえず

帰ってくることが続いてしまった

実は、kazukoさん

バルーンと言う管を体に入れてるから

トイレに行く必要はない

太ももに付けている袋に流れ溜まる

それなのに、そのことを忘れたり

どうしても尿意があり、トイレに行きたがる

その際は、大きな声で、激しく訴えるので

周りの他人にとってみると、はたはた迷惑になる

 

年がいくってことは

トイレ問題に尽きる

 

だから、施設のイベントでケアの方と一緒だと

連携プレーで、何とかなるかと

今回のディズニーランド行きを決めた

 

ディズニーランドは、別世界だ

まさに、お客様へのおもてなし

心からエンターテインしてもらうための

夢の世界

 

でも、何よりも驚いたのは

子供達、お年寄り、車椅子

社会的に弱いとされる人たちへの

思いやりに溢れていることだった

メインのパレードは

一番前に、車椅子用の観覧スペースが用意されている

広いパーク内のあちらこちらには

目立たないけれど

数多くの車椅子用のトイレがある

だから、急に行きたいと言い出しても

すぐに対応が出来、助かった

 

キャストと呼ばれる人たちが

kazukoさんを見て

微笑みかけてくれることは、ありがたい

一緒に行ったグループを待っている時のこと

通りがかった着ぐるみのキャラクター達が

次々とkazukoさんに駆け寄り

丁寧に、握手をしてくれた

「あなた、暑いでしょう! 大丈夫?」

kazukoさんが心配そうに声かけると

大丈夫ですよ、とでも言うように

自分の胸を押さえ、丁寧にお辞儀をした

着ぐるみを着ている向こう側の

キャラクターの笑顔より、もっと深い

見えない人柄が、じんわり伝わってくる

kazukoさん、心底嬉しそうにニッコリした

 

そっか

これが、ディズニーランド

いつまでも、みんなに愛される理由なんだ

今まで、取ってつけた笑顔のように思えて

少し苦手に思っていたけれど

その笑顔に救われた

 

6歳の女の子の、まなみちゃん

車椅子の後ろで

お母さんが、一生懸命スマホでビデオを撮っていた

「小学校に上がると平日に来れないから・・・」

kazukoさんは、まなみちゃんのほっぺを

何度も、可愛い可愛いと言って、触り

その度に、まなみちゃんは、へへへと笑った

まなみちゃんが、どうして車椅子なのか

ずっと車椅子なのか、聞くことはしなかったけれど

あんなに明るくて、周りを幸せにしてくれる女の子

きっと、大きな幸せな未来が待っているはず

そんな子供達を

そしてお年寄りを大切にしてくれるディズニーランド

大好きになった

 

またいつか、外出イベントで行けるといいね

kazukoさん

 

IMG_8099.jpg

 

 

IMG_7615.jpg

 

 

IMG_8035 (1).jpg

 

 

IMG_7626.jpg

新・東京物語 | 16:04 | comments(1) | trackbacks(0)

私、昔、タカラジェンヌ・・・

IMG_7917.jpg

左から、真織由季さん、えまおゆうさん

 

「 私、昔、宝塚、タカラジェンヌだったの 」

 

5年にいっぺんくらい、こう言ってみる

その度に、相手は、グルグル頭を巡らすのか

ポカンと、私の顔を食い入るように見た後

ようやく気づいて、正気に戻り

「 おい! 」

と、ツッコミを入れてくる

でも、中には

「 へ〜、そうなんですか! 知らなかった〜!」

なんて、純情に、騙されてくれる人もいる

ちょっと背が高い感じとかが

一瞬、元宝塚の男役と思わせるのかな

だから

このホラ遊びは、やめられない

 

もちろん

私は、タカラジェンヌではないし

宝塚に、のめり込んだこともない

でも、今までに

数回観劇した宝塚の舞台は

素晴らしいエンターテインメントで感動したし

胸が、キュンキュンもしたし

熱烈な宝塚ファンの人たちの気持ちが

よくわかる

 

元宝塚の男役トップスター、えまおゆうさんの

お誕生日ライブを訪れた

えまおゆうさんは

先月の舞台「友情」にもゲスト出演していらした

でも、彼女は秋組、私は桜組で

舞台では、共演はなかった

でも、稽古場で少しお話ししたことで

いつのまにか、共演したような気になっている

 

えまおさんのライブは

田原俊彦さんの歌もあり

宝塚の男役の歌もあり、バラードあり

圧巻は、レミゼラブルの「ワン・デイ・モア」

本当に、楽しませてくれた

またゲストで参加した、

やはり元宝塚の真織由季さんとのトーク

これがまた、最高だった

えまおさんの、飾らない人柄が

本当に大笑いしてしまい

彼女の懐の深さを感じたよ

 

そして、真織由季さんとは

実は、2000年公演のミュージカル

「ステッピングアウト」で、共演している

前田美波里さん主演のタップダンスのミュージカル

歌も踊りも、本当にハードな舞台だったね

私にとってみると

元宝塚、元劇団四季の共演者の中

所謂、プロのミュージカルスターに混じって

脚上げて、歌って、踊って、芝居して、汗かいて

ダルマと呼ばれるレオタード着て

ホント、苦しい3ヶ月だったっけ

真織さんと会うのは、ほとんどそれ以来だから

きゃー!と言って、抱き合った

 

上の写真のように

えまおゆうさんや、真織由季ちゃんと写真に収まると

まるで「私も、元宝塚!」

なんて、嘘、言ってみたくなるでしょ?

 

その上

また、別の日には

えまおゆうさんが、スペイン料理店

六本木「アサドール・エルシエロ」

元宝塚トップスターの皆さんを連れて来てくださった

ご挨拶に伺って、写真に一緒に写ってしまうと

またまた、私、ホラ吹いちゃうよ

「 私、元タカラ・・・」

「おい、おい!」

すみません・・・

 

しかしながら

元トップスターの皆さんから放たれる

オーラは、半端なくて、ホントに眩しかったよ

でもね

どこか、少女のような楚々とした感じもある

(たとえ、年齢は少女でなくても)

これなんだね、宝塚の魅力

「オーラ」と「少女」のアンバランスが

きっと、ファンの心を掴んで離さないんだね

と、思った次第

 

さて、私

5年後くらいに、懲りずに、またホラ吹くだろうけど

今度は、この写真、見せながら

言ってみようかな

「 私、元、宝塚のトップスターだったの・・・」

誰か

だまされてくれるかな

 

IMG_7432.jpg

左から、白城あやかさん(中山秀征さんの奥様)、えまおゆうさん

麻路さきさん、私、稔幸さん、湖月わたるさん

Friends | 11:54 | comments(1) | trackbacks(0)

永遠の年齢マダム 映画「深夜カフェ」

 

 

 

昨年撮影した映画が、9/27から公開されます!

「深夜カフェ」

 

4杯の珈琲からなる、4つの物語

新進気鋭の監督、脚本の手による作品を

若手の、有望な俳優陣が

オムニバスで、出演します

私の役柄は、皆が訪れる深夜カフェのマダム

だから、4話全部に登場しています

 

撮影時のブログも御覧くださいね

2015/6/12のブログ「私の年齢は永遠よ」

そう、私の年齢は、「永遠」と言う設定!

 

オフィシャルサイトは、「深夜カフェ」

 

前売りチケットは、明日17日より発売ですが

公開される映画館が、限られているので

劇場にいらっしゃれない方は

ほんの一部ですが

予告編動画で、お楽しみください

1分半の予告編と

5分程のダイジェスト版です

 

「深夜カフェ」予告編(1:38)

 

「深夜カフェ」ダイジェスト版(5:17)

 

20150612_1621833.jpg

安井紀絵さん、佐々木友紀監督と

収録・撮影 | 13:12 | comments(1) | trackbacks(0)

幸せ採集


畑の中でのロケ
雨が降ったりやんだりの中
合間を縫っての撮影
ちょっと大変だったりして

でも
宿泊場所のペンション
夜御飯は、ロケ弁当だったけど
ペンションのお母さんが
「こんなもんですけど」
と遠慮がちに、
サラダと枝豆を出してくださった
その上、お風呂は温泉だ!
きゃー
なんて、幸せ!
なんて、私は運が良いのだろう!
どんな時にでも
つまらないことがあった時でも
苦しい時でも
何か幸せを見つける

あれ?
そう言えば、こういうこと
年重ねて、ちょっと得意になってきたゾ
若い時は、難しかったもの・・・

そうだ!
もっともっとうまくなろうっと
幸せ採集
うん、これ、私の得意科目にしよう

撮影した2時間ドラマの情報は
また、お知らせしますね

あなたも、得意種目にしてみませんか?
幸せ採集ってヤツ




小さく写ってるのは、白石美帆さん
小人さんでは、ありません

収録・撮影 | 16:42 | comments(3) | trackbacks(0)

眠れない夜 怖い女

ほとんど睡眠時間をとれなかった撮影

終わりました!

 

眠れなくて、ハードな撮影なのに

スタッフも、キャストも、ピリピリせずに

和やかに、時には、笑いながら

ひたすら自分の仕事をこなす現場

だから、体は寝不足なのに

心は、十分、睡眠をとったような気になるもの

 

映画の公開は、来年

どうぞ、お楽しみにしてくださいね

でも

待ちきれないから

色々、お見せできないけれど

ほんの一瞬の、私の姿だけ、内緒で・・・

 

あら

ごめんなさい!

眠れない夜になってしまったかしらん!

 

IMG_7669 (1).jpg

収録・撮影 | 20:57 | comments(2) | trackbacks(0)

いつのまにやら、イビキの音


低予算の映画の撮影現場って、過酷!
ただ今、撮影中の映画
スタッフは、3日程、ほとんど寝られない

下の写真、私は、寝ているわけではない
演技リハーサルの真っ最中
でも、ただ私の上に
役者の代わりに横たわっていたスタッフ
いつのまにやら、白河夜船
ズズッ、ズズッと、イビキの音が響く
おやおや、すっかり、熟睡しちゃった
そうだね、早朝からの撮影で、もう真夜中だもの
一番若いスタッフ、走り回っていたっけ
でも、役者の私の上で眠り込んでしまうなんて
ハハハ、きっと、大物になるね!
監督、慌てて、大きく揺り起こした

よーい! スタート!

そんな撮影現場
この映画の情報公開は、来年になりそうだけど
面白い映画!
また、お知らせしますね

収録・撮影 | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0)

スタジアムの、指切りげんまん

P1090329.jpg

 

2年後の、サッカーW杯ロシア大会に向けての

最終予選が、いよいよ始まった

キャプテン長谷部選手の代表100キャップ目の試合だ

 

リオオリンピックでは

多くのメダルを、アスリートが持って帰ったと言うのに

サッカー代表は、予選で敗退してしまっている

でも、若い彼らには力があり

必ずや、ロシアでは活躍してくれるはず

しかし

そのロシアへの道が・・・

 

なんと、初戦、UAEに負けた!

 

昨年の初め、わざわざ応援に行ったアジア杯

オーストラリアのシドニーのスタジアム

PK戦で負けた相手は、宿敵のUAE!

呆然としながら、スタジアムから戻ったシドニーの夜

15/1/28のブログ「無駄になったアジア杯チケット」

忘れられない、あの日のリベンジを

日本選手達は、してくれるはずだったのに

負けるなんて!!!

 

しかし

あのアジア杯の時より、UAEは、格段に上手くなっていた

でも

日本選手は、変わらなかった

 

もちろん

中東の笛と呼ばれる審判の誤審もあった

誰が見ても明白な、浅野選手のゴールは認められず

UAEの選手には、簡単にPKを与えるのに

明らかに倒された宇佐美選手のPKは、無視した

でも、でも、でも

UAEの選手は、必死に戦っていたもの

日本選手には、彼らを上回る死に物狂いがあったか?

 

初戦負けは、統計的に、W杯に行けない

しかも、100%だそうだ

 

その100%を、ひっくり返すしかない

 

後、9試合、来年の9月まで予選は続く

勝つしかない

 

スタジアムで会った小学6年生の男の子二人

近くにいた私に、色んな話をしてくれた

今は、少年団でサッカーをしてること

絶対、日本代表になるんだということ

何気なく

「 代表になるって、約束できる? 」

と聞いたら

「 絶対なる。約束する!」

と言って、突然、私の前に小指を出した

「 約束だ!」

指切りげんまんなんて、何十年ぶりだろう

もし彼らが、日本代表になったら

後ろ姿でなく、正面の写真を公開しようね

でも、次の次のオリンピック位まで

少なくとも、8年程、待つしかない

 

それまでに、日本代表よ

進化しておくれ!

だから、ロシアは、行くしかないのよ

100%を、ひっくり返そう!

どうかどうか

私達を、ロシアに連れてって!

 

P1090318.jpg

 

P1090364.jpg

 

IMG_7603.jpg

サッカー | 13:37 | comments(1) | trackbacks(0)

命 365×365分の1の確率

IMG_7542.jpg

 

舞台「友情」、無事、私の楽日を終えました

 

最終日、舞台の袖から、芝居を見ていたら

あらためて、心に響くセリフの数々がありました

 

「奇跡は、めったに起こらないから奇跡っていうんですよね」

「そうだ。しかし、奇跡は、誰の上にでも起こりうる、

だから奇跡というんだ」

 

「いのちって、なんですか?」

「私、どうして生まれてきたんだろう」

「人はきっと、何か意味があって生まれてきたんだよ」

 

「今日1日、生きることを考えよう

今日生きられたんだから、明日も生きられる、

明日生きられたんだから、明後日も生きられる」

 

「生きたい。大人になるまで、生きたい」

 

他にも、命に関するセリフが、キラキラ、いっぱい

 

実は

私の周りにも、命に関することがありました

 

先週、義母、お姑さんの稲子さんが、緊急入院しました

93歳とは言え、私の母kazukoさんより元気で

頭もしっかりしていたから

100歳を超えて当然と思っていた稲子さん

入院中、何度か、危篤となり、

私は、昼夜公演の後、東名高速を1時間飛ばして

病院に駆けつけたり

夜明け前に、病院に行った後、舞台入りしたり

毎日、不安を抱えた公演中でした

でも

何度か持ちこたえたものの

27日の土曜日

とうとう、稲子さんは天に召されました

 

稲子さんは、天真爛漫で

お姑さんというよりは、私の最高の応援者でした

「みちこちゃん、がんばってよ〜!見てるわよ!」

だから

稲子さんは、天への出発日を

休演日を選んでくれたのかもしれません

 

でも、もっと

8月27日には、意味があります

実は

私の夫、すなわち稲子さんの息子と

私の母、kazukoさんの誕生日が8月27日

私が結婚する時

母と夫の誕生日が一緒だなんて

365分の1の確率だね、って驚いたのですが

その上に、義母稲子さんの命日が加わり

365×365分の1の確率になりました

まさに、奇跡のような確率

 

この舞台「友情」の主人公のように

14歳で、この世を去る少女がいる一方で

93歳で、天寿を全うするおばあちゃんもいる

 

ただ、93歳大往生と言っても

もっともっと、稲子さんと話したかった

私は、母kazukoさんのことで精一杯で

稲子さんの所に、あまり訪問していなかったのです

まだまだ先があると思っていたから

だから、息子の夫より、私の方が

泣きじゃくってしまった

 

稲子さん、ごめんなさい

でも、どうぞ

そばにいて、見守っていてくださいね

そして時々

お話しさせてください

 

稲子さん

8月27日の「奇跡」

きっと、大きな意味があるんでしょ?

ねえ、稲子さん

 

IMG_7536.jpg

舞台 | 13:13 | comments(4) | trackbacks(0)

暑かったり熱かったり驚いたり嬉しかったり

IMG_7406.jpg

 

スクリーンショット 2016-08-20 14.06.40.jpg

 

スクリーンショット 2016-08-20 14.02.28.jpg

 

舞台「友情〜秋桜のバラード」

私の初日、明けました!

 

ところが・・・

 

直前の抜き稽古で、舞台に上がると

おや?

妙に、暑いゾ・・・

確かに、外は酷暑だけれど

ここは、建物の中

節約して、冷房、止めてあるのかしら

立っていても、汗が吹き出る

「暑いね・・・暑い・・・暑すぎる〜!」

 

なんと、空調が壊れてしまったと言う

「今、修理業者が、こちらに向かってますから!」

え〜、もう本番だというのに!

 

そして本番が始まった

私の最初の出演は、1幕2場

舞台に出た途端

客席のお客様の、ほぼ全員が

扇子やら冊子で、バタバタ扇ぐ姿が飛び込んできた

あ〜、申し訳ない

まだ、空調の故障は直っていないようだ

私自身も、頭がボーッとする

とにかく集中しなきゃ、セリフ忘れそう

正に、熱闘舞台!!!

一瞬、幕袖にはける時に、慌てて汗を拭く

おやおやおや

さすが、レトロな劇場

こんなこともあるのね

 

やがて、2幕になる頃

空調の修理は終わり

客席も、舞台の上も、すーっと、涼しくなった

あ〜、良かったぁ、助かったぁ〜〜

 

全く、舞台は生き物、ハプニングもあるさ

楽しまなくちゃ

でも、お客様

おからだ、大丈夫でしたか

ホント、ごめんなさい!

 

そして、この日

こんなこともあった

夜の部が終わって帰る時

出待ちしてくださった方にサインをしていると

「レコードに、サインしてもらえますか?」

と、変なことを、おっしゃる方が・・・

 

確かにこの舞台、冒頭に庄毛安那さんと言う

素敵な若い女性歌手の方が歌を歌い

CDも販売しているから、きっと彼女のことだろう

「彼女なら、この後、出ていらっしゃるわよ」

「いいえ、山村さんのレコードなので」

「???」

彼が、カバンから取り出したのは

まぎれもない、私のレコード

30年以上も前に

映画「ブッシュマン」のキャンペーンソングを

歌い、レコードを出した時のジャケットだ

しかも、丁寧に保管していらっしゃったのか

折り目もなく、まるで新品のよう

ホント、びっくりぽん!

本人でさえ忘れかけていたことを

大切に取っていていただいたことに

深く感謝した

嬉しくて、思わず、写真を撮らせていただいた

 

なんだか、暑かったり驚いたり嬉しかったりの

舞台、初日でした!

明日も、がんばろうっと!

 

IMG_7418.jpg

Check

舞台 | 13:11 | comments(5) | trackbacks(0)