中目黒高架下 アサドール・デル・プラド

IMG_9127 (1).jpg

 

IMG_9125.jpg

 

IMG_9058.jpg

 

中目黒の高架下が、変わった

ちょっと暗くて、赤提灯が似合った高架下

その、700メートルに渡る長い高架下に

おしゃれなショップやグルメが並び

中目黒高架下」として

グランドオープン、変身した!

 

六本木のグリル料理で大評判の店

アサドール・エル・シエロ

2015/12/9のブログ「世界一のハンバーガー」

の、支店として

アサドール・デル・プラド」も

最先端の中目黒高架下に、軒を連ねた

 

おしゃれな店内に、足を踏み入れる

時々、東横線の電車が上を通るたび

ドドーン、ドドーン、ドドーン

振動と、音が鳴り響く

やっぱり、高架下だね

 

でも、勝負はお料理!

 

エルシエロの、自慢のグリル料理が

同じように、デルプラドでも、味わえる

日本に数台しかない「ジャスパーグリル」

どういうわけか、このジャスパーで焼くと

全ての素材が、美味しくなる

牛肉も豚肉も鶏肉も、野菜も、お魚も

本当に、びっくりするほど、美味しくなる

私は、松坂牛で育ったと自負していて

ちょいと、お肉のお味にはうるさいのだけど

ジャスパーグリルで焼く石垣牛は

脂身がない赤身なのに、香ばしくて美味しい

本当に!

 

そして

デルプラドには、独自のメニューもあった

スペインバスクのように、ピンチョスが並び

豪快な、アンガスビーフのトマホーク

ニューヨークで、大評判のチーズマカロニ

そう! このチーズマカロニ!

懐かしい、濃厚なチーズマカロニ!

食べたかった〜!

どれどれ?

おお!

お味は、ニューヨークより、美味!

NYは、塩っぱいものが多いものね

日本人の繊細な舌に、合わせてあるらしい

 

若い人の多い中目黒

高架下が、こんなにおしゃれに変わって

ワクワクする

美味しいものを食べながら

時々、響く、電車の音

ドドーンドドーンというビビッドな音が

リズムを刻んで、元気になる

 

ぜひ一度、訪れてみてください

アサドール・デル・プラド」!

 

IMG_9061.jpg

カウンターには、その日のピンチョスが並ぶ

 

IMG_9091.jpg

お値段は、かなり、リーズナブル!

 

IMG_9112 (1).jpg

ジャスパーグリルの前に、豪快なアンガス牛のトマホーク

 

IMG_9094.jpg

トロ〜リ、とろける。チーズマカロニ!

新・東京物語 | 17:31 | comments(1) | trackbacks(0)

今週の、クイズ「脳ベルSHOW」

スクリーンショット 2016-11-21 12.49.30.jpg

 

番組の告知です!

先日、ご紹介したクイズ番組が放送されます

 

今週、23日(水)と24日(木)の2日間

BSフジにて、夜、22時〜22時55分

クイズ!脳ベルSHOW

 

本当に、頭の体操になりますし

とにかく、大人回答者の皆様の

肩の力が抜けた会話、こりゃまた秀逸!

ぜひぜひ、ご覧ください!

 

私の、悪戦苦闘?善戦?ぶりも

どうぞ、お楽しみに!

 

IMG_0768.jpg

司会のフジテレビの後輩、川野良子アナウンサーと

 

スクリーンショット 2016-11-21 12.48.22.jpg

収録・撮影 | 12:58 | comments(1) | trackbacks(0)

歳重ねるって、着ぐるみかなあ

IMG_8695.jpg

 

皆様

本日、誕生日

なんと!!!

60歳

還暦

 

びっくりぽん!

私が還暦?

そんなはずはない

ついこないだ

50歳になって、半世紀も生きたと

驚いていたのに

あの日から、10年も経ったっけ?

おかしい・・・

時の過ぎ方が、尋常じゃない

変!

ちょっと、神様に、クレームつけたいくらいだ

 

若い頃観た映画「コクーン」で

おじいちゃんが

最後に、つぶやいていたのを思い出した

「 見た目はおじいさんになっていても

中身は、少年の頃とちっとも変わらないのだよ 」

セリフは不確かだけど、こんなこと、言っていた

まだまだ、若かった私は

へ〜、そんなもん? 本当かな?

なんて、ちょっと驚いたのだけれど

まさに、その通りだった

 

少女の時の私と、今の私

芯は、ホント、変わらないね

臆病で、泣き虫で、バカ真面目、引きこもり

って言っても、誰も信じないだろうけど

でも

実質、本当の中身は、何歳くらいだろ

私の場合

37歳とか38歳くらいの気持ち

37歳の私が

戸籍上の年齢の着ぐるみを着て

街を歩いている

そんな感じ

 

だから、時々、地下鉄の窓に映る

年相応の自分の姿に、愕然と驚くわけだ

37歳の私が、こんな姿になっている

こりゃ、おかしい! なんて・・・

笑っちゃうね

 

昨日、退院してから

また認知が進んでしまった母kazukoさんと

老人ホーム近くの運河のお散歩道を

カレンとセリーナと四人(2人と2匹か)で

お散歩したの

車椅子の後ろから

大きな声で、kazukoさんの耳元で

「 60年前、私を産んでくれてありがとう 」

と言ったら

kazukoさんが、振り向き

少し呂律の回らなくなった口で答えた

「 何言ってるの!あなたは40歳でしょ!」

じっと私を見る表情は、真剣

ありがとう、母!

間違いだとわかっていても

なんと、嬉しい!

「 ママ、何言ってるの、ママは今92歳で

32歳の時、私を産んだんでしょ?」

ふっと、kazukoさん戻って、納得した

「 あ、そうね、そうだったわね 」

 

さて、次の10年後は、70歳

きっと、いくら神様にクレームつけても

改善されずに、マッハの速度で

あっという間に

古希はやってくるんだろうな

着ぐるみも、どんどん、ボロボロのものに

着替えさせられるんだろう

でもね

私は、37歳

着ぐるみの中身は

死ぬまで、37歳ってことで

よろしく

新・東京物語 | 11:43 | comments(3) | trackbacks(0)

別名は、オセロおばあちゃん

IMG_8606.jpg

 

実は・・・

 

義母の納骨を京都で済ませ帰京した翌日

私の母kazukoさんが

心筋梗塞で、緊急入院した

 

心臓の機能が悪くなり

レントゲンで映し出された肺には水が溜まって

真っ白になっていた

確かに、数日前から

呼吸が苦しい時間があったけれど

こんなに、酷くなっていたなんて・・・

 

お医者様は

いつ、どうなるか、わかりません

それが、今夜かもしれない

その時、人工呼吸器は、どうしますか?

とまで、尋ねられた

絶句し、涙が溢れた

何と言っても、kazukoさんは、92歳だ

お義母様に続いて

kazukoさんも逝ってしまうのか

正直、覚悟した

 

・・・しかし・・・

12日目の本日

無事に退院することが、出来た

名医のお蔭で、肺の水は排出させてもらい

なんとか、死の淵から、生還した

 

入院中は、本当に多くの方にお世話になった

 

kazukoさんは

元々、尿管を入れられていて、必要がないのに

いつも、おトイレに頻繁に行きたがる

入院中は、酸素吸入の管やら

心電図の配線もされて動き回れず

特別に、ベッド脇に

ポータブルトイレを設置してもらい

行ったり来たりの繰り返しとなった

その上

「脊柱管狭窄症」の病気が原因で

神経がつぶれているため、

足裏の激痛が絶え間なく起こり

悲鳴を上げることも、しばしば

入院していることで

何もかも、一層酷い状態になっていた

 

この激痛や尿意は

他のことに集中していると

少し紛れたりする時もある

そうだ!

kazukoさんの大好きなオセロは、どうだろう

オセロゲームに集中してくれれば

痛みも、軽減できるかもしれない

病室に、オセロゲームを持ち込んだ

 

その日から、担当の看護師さんだけでなく

病棟の看護師さん達、ほとんど全員が

毎日毎日、代わる代わる、

忙しいお仕事の合間に

相手をしてくださるようになった

時には、真夜中

足が痛くて、寝られない時

スタンドライトの下で

対戦してくださった夜勤さんもいた

また、ある時、病室を訪れると

見慣れない看護師さんが母の前に座り

真剣にオセロの牌を、めくっていらした

伺うと、病棟ではなく

外来の看護師さんとのこと

「みんな、忙しくて相手できないみたいで

私、オセロ要員として、呼ばれたんです!」

 

実はkazukoさん、オセロが、めっぽう強い

看護師さんも、ガチでやらないと負けてしまう

「私達も、いいリフレッシュになるんですよ!」

と、優しく気遣いながら、ニッコリ笑われた

 

このオセロのお蔭で

kazukoさんは、心穏やかな入院生活を送り

退院することが出来た

お医者様も、驚くような

kazukoさんの「生命力」だそうだ

 

無事、いつもの施設に戻り

みんなに「お帰りなさい!」と声を掛けられ

kazukoさんは

やつれた顔で、「は〜い!」と手を振った

「ママ、よく、がんばったね」と言ったら

kazukoさんが、私の顔を見上げて囁いた

「 だって・・・

稲子さん(義母)の分まで生きないと

美智子ちゃんが、悲しくなるでしょ」

胸が詰まった

 

生還してくれて、ありがとう

また、オセロのお手合わせ、お願いしますね

「オセロおばあちゃん」

さあ、今度は、私が勝つぞ!

 

IMG_8495.jpg

 

IMG_8532.jpg

 

IMG_8522.jpg

 

IMG_8557.jpg

 

IMG_8616.jpg

施設に戻り、ホッと、安心!

母 Kazukoさん | 17:35 | comments(3) | trackbacks(0)

ノーベル賞! いいえ、脳ベル賞!!!

スクリーンショット 2016-10-26 13.53.52.jpg

 

BSフジのクイズ番組に出演した

その名も

「ノーベル賞」!

ではなく

クイズ「脳ベルSHOW」!

月曜日から木曜日までの4日間

夜10時から1時間の、何と、帯番組だ

出演は、そのうちの2日間となる

 

収録が決まったので

事前に、番組を見てみた

40代以降の脳を刺激する番組らしい

昔の記憶を辿るものから、なぞなぞ

あるいは、数字の問題など

あらゆるクイズが網羅されている

「中年からシニア向けのクイズね」

と、軽く考え

テレビの前で、解いてみた

ところが、なんと、なんと

問題が、難しい!

全然、出来ない、解けない、わからな〜い!

ホント、ダメダメな、私!

ど、どうしよう!

このままじゃ、私、ビリ〜〜〜!!!

 

いや〜、この難しさ

この、ちょっと難しいところに

夢中になってしまう

10月から、帯番組になっただけあるねえ

 

てなわけで

無事、収録は終えました

果たして、私の成績は・・・?

 

オンエア日が決まりましたら

お知らせしますね

でも、皆様

まずは、この番組

ちょいと覗いてみてください

ハマってしまいそうになりますよ!

 

くわしくは

番組の公式HP「クイズ脳ベルSHOW」にて

 

IMG_8539.jpg

私のお隣から

小倉一郎さん、山本みどりさん、きよ彦さん

みどりさんは、舞台に続いて偶然の共演で大喜び!

収録・撮影 | 13:55 | comments(1) | trackbacks(0)

京都は、凶? 吉?

P1090472.jpg

 

P1090688.jpg

 

P1090508.jpg

 

P1090722.jpg

 

P1090504.jpg

 

P1090487.jpg

 

夏の終わりに亡くなった義母の本家が

京都丹波なので

納骨と四十九日を兼ねて、京都を訪れた

 

京都は

何もかも、懐かしい

家並みも、人の言葉も

市場に並んでいるものも

伊勢出身の私にとって

伊勢言葉に近い京言葉は

体の隅々まで、染み入るようだ

 

京都の街は、外人さんだらけ

紅葉前だというのに、人だらけ

でも

外人さんに向けての、案内が充実している

英語などの表記も多く

タクシーも、外国の方対応をしている

まさに「おもてなし」の街

 

自転車も、びっくりするほど、多い

街が碁盤の目のようで、わかりやすいし

平坦な道が多いからなのだろう

でも、自転車が多くても、優雅な感じ

これは、街の品格が支えているのかしら

 

まず、東京オリンピックに向けて

東京は、「おもてなし」を

京都に学ぶことが必要なんだろうね

 

その京都で、おみくじを引いた

平安神宮で、なんと「凶」!

きょ、きょ、きょう〜〜〜!!

 

実は、このお正月、

豊田稲荷で引いたおみくじも

「凶」だった

そんなに、何度も出るもの?「凶」って

がっくりだ!

しかし、めげてはいけない

次の神社、錦天満宮でも、引いてみる

「大吉」

え〜〜〜〜〜!

これも、なんだかね・・・

そして最後は、八坂神社

「半吉」

半分の吉・・・う〜ん

これで、いっか・・・

 

でも

「凶」と言うのが、

本来の今年の私なのかもしれないね

でもね

今年が「凶」だとすると

来年からは「大吉」に向かっていくはず

もうすぐ今年は終わり

来年になるはず

 

楽しみに来年を待とうっと!

京都からの帰り道

心をワクワクの軌道に修正しようとした私

とほほ

 

P1090645.jpg

 

P1090633.jpg

 

P1090649.jpg

 

P1090491.jpg

 

IMG_8458 (1).jpg

 

Japanese Days | 12:15 | comments(3) | trackbacks(0)

おばばは、抱きしめたい!

IMG_8273.jpg

 

IMG_8239.jpg

 

10/8から、全国公開の映画

「KUHANA」の舞台挨拶!

 

主演の二人

松本来夢ちゃんと久志本眞子ちゃん

(写真左、久志本眞子ちゃん、右、松本来夢ちゃん)

会うたびに、二人とも大きくなってるな〜

 

新人の久志本眞子ちゃんは、三重県出身、

お母様が、私の母校セントヨゼフ女子学園の出身

奇遇にも、私が母校に講演した時に

生徒でいらっしゃったそう

だから

なんだか、眞子ちゃんのことも

親戚のように思えてしまうよ

 

IMG_4654.jpg

 

そして

松本来夢ちゃん

子役として引っ張りだこの来夢ちゃんだけど

真面目で、まっすぐ、謙虚

「本当に・・・また、お会いしたいです!」

キラッキラな目で、最後に見つめてくれた

「よし、会おう!

きっと、絶対、大きくなっているね

身長も・・・色んなことも!」

「はい!」

 

映画のワンシーン

学校から帰ってきた真珠(来夢ちゃん)を

おばあちゃんの私が、抱きしめようとして

手を思いっきり広げたのに

無視されるシーンがある

真珠が、高価な楽器のことで頭がいっぱいで

おばあちゃんの歓迎が、目に入らなかったのだが

監督から

きっと、このおばあちゃんと孫は

いつも抱き合っているのが、普通に違いない!

と、急遽、演出された場面だ

実は、このシーン

リハーサルの合間に

来夢ちゃんと二人で

キャッキャと、ふざけて、抱き合っていたのを

監督が見て、「それ、もらいます!」

と、なったんだっけ

抱きしめた来夢ちゃんは

か細くて、お肉が付いていなくて

折れそうだった

 

ねえ、来夢ちゃん

今度会う時にも

もう一度、抱きしめさせてね

今度は、きっと、ふっくら

人としても、女優としても

大きく、素敵になっているんだろうな

おばばは、楽しみにしています!

 

公開の映画館は「KUHANA」HPにて!

 

IMG_6042.jpg

収録・撮影 | 13:24 | comments(1) | trackbacks(0)

105歳が抱く夢を、叶えたい

IMG_8140.jpg

 

IMG_8152.jpg

 

10月4日にお誕生日を迎えられた、

聖路加病院の院長、日野原重明先生の

バースデーパーティの司会をさせていただいた

 

日野原先生にお会いするのは

一昨年

先生が名誉会長を務められるNPO法人で作成した、

動物愛護の映画「チロリ物語」で

物語部分のナレーションを

担当させていただいて以来

2014.7.7と、8.9のブログより )

 

105歳?

ねえ、信じられる? 

105歳!

 

車椅子に乗られてはいるけれど

お話は、ユーモアたっぷり

モノマネタレントの、中島マリさんのモノマネには

「似ていてびっくり、心臓がバクバクしてしまう!」

と、皆を心配させ

オペラ歌手の方の「乾杯の歌」や

全員でのハピーバースデイーの歌を聞いた後は

「嬉しくて、今度は心臓が止まりそう〜」だとか

思わず、会場を慌てさせて

大笑いの渦に巻き込んでしまわれる

本当に、ウィットに富んでいらっしゃる先生なのだ

 

日野原先生には、夢がおありだ

2020年

東京オリンピック、パラリンピックで

聖火ランナーを務めること

確かに、そうだね

車椅子に乗ってさえいれば

日野原先生でも、走ることができる

なんて、素敵なんだろう

しかも目の前で

ユーモアたっぷりお元気な先生を拝見していると

夢は、夢でない

確実な「現実」と思えてくる

 

2020年の夏

颯爽と風を切って、車椅子で走る

108歳の聖火ランナー

沿道で、みんなが笑いながら、手を振る

そんな日が

本当に、楽しみ

 

日野原先生!

お誕生日、おめでとうございます!

 

IMG_8162.jpg

中島マリさんと

先生、パーティーの後は、ちょっとお疲れ!

 

日野原重明先生のご依頼で作られた映画

Friends | 11:49 | comments(2) | trackbacks(0)

10/8 豊洲にいらっしゃいませんか?

スクリーンショット 2016-10-02 12.12.27.jpg

 

皆様

「豊洲」にいらっしゃいませんか?

と、言っても

話題の「豊洲市場の盛り土」では、ありません

豊洲ユナイテッドシネマにて

全国ロードショーになる「KUHANA」

舞台挨拶が行われます

 

私にとっては、ほとんど初めてとなる、

老け役の、おばあちゃん役

(思いもかけず孫が出来た役はありましたが)

歩き方を少し変えてみたり

姿勢を前屈みにしてみたり

ちょっと工夫はしたけれど

やっぱり、中身は、そのままで演じました

 

子供達の、生き生きとした演技に

きっと引き込まれるかと思います

もし、お時間あるようなら、ぜひ

話題の「豊洲」へ

会いに来てくださいませ!

お待ちしています!

 

くわしくは、公式HP「KUHANA」

 

IMG_5828.jpg

収録・撮影 | 12:22 | comments(1) | trackbacks(0)

1800人の、「岸惠子」

スクリーンショット 2016-09-29 11.05.13 (1).jpg

 

岸惠子さんの一人芝居「わりなき恋」を

新宿文化センター大ホールで、観劇した

 

一人芝居と言うよりは、朗読劇で

ご自身の小説「わりなき恋」を

抜粋して、読み上げる舞台

 

小説も読んでいたし

岸惠子さんと言う知的な女優さんに

尊敬の念もあり

また、大きなホールで

どうやって朗読をするのだろうと言う興味もあり

チケットを購入して、訪れた

でも、売れ行き良くて

座席は、2階席しかなかった

 

実は、この舞台を演出された星田良子さんとは

ドラマで、何度もご一緒している

今は、60代半ばで

男勝りに切れ味のいい演出もしながら

女性らしい目線もお持ちの知性溢れる演出家だ

会場に入ったら

ロビーで、星田さんにお会いした

2階席だと伝えたら

言ってくれれば・・と、関係者の席のことを

言ってくださったけど

「でもね、残席、ゼロなんですよ!」と

嬉しそうに、教えてくださった

 

残席、ゼロ!

これは、すごい!

何と言っても、1800席の大ホールが満席なのだ

お客様は

ほとんどが、私より年上の女性たち

しかも、お一人でいらしている方が多く見られた

ある意味

これは、カルチャーショック!

今の日本カルチャーは

この方々が支えているのでは、と思えた

 

さて、肝心の舞台

長椅子のようなものが二つあるシンプルなセットに

ピアノや、ハーモニカで音楽が入る

岸惠子さんは、何度か衣装を着替えられるが

際立った豪華なドレスではなく

赤や萌黄色や黒のスーツに、ペンダントだけ

長い小説を、1時間半程の朗読にするのだから

大きく切り取られた内容は

小説とは、別の世界だ

その上・・・失礼でごめんなさい

岸さんが、読み上げる朗読は

朗読としては、上手いと言うわけではなかった

滑舌も甘かったし、何度も言い間違いがあった

でも、でもね

それでも、おそらく、何かが伝わる

岸さんご自身が書かれた小説を

岸さんが、必死にお読みになる

その姿が、大人の女性たちの、胸を打つのだ

 

舞台が終わり、再び星田さんに会った

「すごいでしょ?岸さん、・・・84歳よ!」

あ・・・

二の句が継げなかった

84歳って、84歳?

スッスと舞台を歩かれる姿

カーテンコールで、バレリーナのように

足を交差して、お辞儀なさった姿

どこにも、84歳の影は見えなかった

 

書かれるものも

インタビューなどでお話される姿も

若やいだお話ぶりの岸さん

美しく知的で背筋が伸び、凛とした姿

その姿から

時々、岸惠子さんは「何か」と戦う戦士に見える

「何か」って、何か・・・

若さを保つことに闘っているわけではない

なんて言ったらいいのかな

「人生」と、美しく闘っていらっしゃるような

 

それにしても、素敵だった

星田さんが、最後におっしゃった

「 私たちも、目指さなくてはね〜!」

でも

84歳になった時の私

岸惠子さんに近づくことが出来るんだろうか

 

多分、1800人の観客たちのほとんどが

同じような言葉を胸に刻んで

ホールを出たのだと思う

「 私も、いつか岸惠子さんになれるよう

・・・がんばろう・・・」

in the audience 客席にて | 11:20 | comments(3) | trackbacks(0)