蝶々夫人の、ご学友

アサドール・エルシエロ

 

愛犬カレンは

相変わらず再手術の可能性があるから

目も離せず、付きっ切りで、見守る毎日

でも

そんな中でも

4月の舞台「蝶々夫人とスズキ」の準備を始めなければ

間に合わない

すでに、何回かの稽古をし

その度に、夫に頼み

家で仕事してもらうようにして

私は、外へ出る

うん

やっと、出られる、外の世界

フゥ〜・・・

どんなに冷たく、風吹く空気でも

稽古に向かうのは、熱くなって、嬉しい

 

稽古場は、本番と同じ場所

アサドール・エルシエロ

夜はお客様の入るレストランだけど

その前は、誰もいないから、使わせて頂く

ピアノも運び込み

演出の土井宏晃さんも

制作の佐藤しのぶさんも

スズキ役のキャストである私も揃って

稽古の準備は、万端!

でも、一人、いない人が・・・

なんと、もう一人の出演者

スズキの相手役の、蝶々夫人が

稽古場には、姿を見せられない

蝶々夫人役の、田村麻子さんは

ニューヨークが本拠地

本来は

2月と3月に帰国して稽古する予定だったが

急遽、仕事のため、取りやめとなり

4月の本番直前での稽古参加となったのだ

 

え〜〜〜!!!

って、最初は思った

でも、考えた

麻子さんは、大丈夫

今までのオペラで、何十回も、何百回も

蝶々夫人を演じきり、歌っているのだから

大丈夫よ!

でもさ

そんなこと言っても

やっぱり、少し不安だよ

 

そんな時

不安を解消してくれた人が登場した

ピアニストの、小埜寺美樹さん!

美樹さんは、なんと麻子さんと

大学時代からの友人

麻子さんのことを、心底わかっている人なのだ

美樹さんに

カラオケのピアノ伴奏を録音してもらい

ニューヨークに送る

そこへ、麻子さんの歌を吹き込んでもらい

稽古を進める手筈は整うはず

 

オペラを歌い上げる蝶々夫人と

芝居を演じるスズキが

同時に掛け合う、圧巻のシーンがある

これこそ、この舞台の見どころだし

難しいシーン

それなのに、相手役は、いない

録音データも、まだ準備されていない

でも、稽古しなくちゃ!

 

その場面

美樹さんが、伴奏入れながら

代わりに歌う

臨機応変に

さくさくっと考えて、鍵盤に落としてくれる

動きは、制作の、しのぶさんが、口パクで演じ

演出の土井さんが、指示して

ようやく全体像が、見えて来た

ほっと、安心

 

それでも

少し迷った時は

美樹さんが、声をあげる

「 麻子は、きっとここはこうしたいと思うよ 」

と、麻子さんを、代弁してくれるのだ

強力な助っ人なんだよね、美樹さん!

10代の大学生からのお付き合い

きっと二人の間にも

色んな楽しいことや、つまんないこと

笑い合ったことや、泣いたこと

いっぱい、色々あっただろうけど、

同じ歴史を持っている二人は

なんてったって、素敵なご学友なんだ

 

蝶々夫人とスズキ

今まで、誰も観たこともないような

素晴らしく画期的な舞台になるはず

日々、確信は強まっているよ

 

ニューヨークの麻子ちゃん

どうぞ、安心してね

こちらは、麻子ちゃんのご学友が

しっかりと、準備してくれているからね

来日、お待ちしています!

 

ピアニストの小埜寺美樹さん

 

制作の佐藤しのぶさんと 演出の土井宏晃さん

 

本読みは、真剣ムード

蝶々夫人とスズキ | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0)

カレンちゃんの介護は、ありがたいよ

 

 

カレンちゃん

後ろ両足、前十字靭帯断裂の大手術

無事、成功!

4日間入院し、ようやく退院となった日

私は、思いっきりカレンを抱きしめ

セリーナは、大喜び

カレンの身体中の匂いを

確かめるように、何度も何度も嗅いだ

 

でも

家に戻ってきたカレンちゃん

いつものカレンちゃんとは

人(?)が変わったよう

お利口さんのカレンではない

傷口を舐めないための、エリザベスカラーは

大暴れして、受け付けず

お風呂場に敷いているペットシートでは

おトイレを、しなくなってしまった

16時間も、トイレをしないので

夫と二人で

カレンをカートに乗せて

公園まで行き、用を済まさせる

 

仕方ないね

よっぽど辛かったのだろう

痛かったのだろう

病院の狭いケージは嫌だったのだろう

だって、カレンちゃん

意味がわからないもの

「 何で、何で、

アタチ、こんな目に合わなきゃいけないの?」

そう言っているかのように

怒りの目で、私を見る

 

言葉が通じないというのは、情けない

エリザベスカラーだって

「 傷口を舐めると

炎症を起こしてしまうから、厳禁よ!」

って、説明できたら

頭に付けて、舐めるのを予防する必要はない

プラスティックのエリザベスカラーは

硬すぎて嫌なのだろうと

柔らかなエリザベスカラーを探して

お花のように可愛らしく付けてみた

しかし

カレンちゃんは、お鼻が長い

工夫して、後ろ足に届いてしまい

舐めてしまうこともある

 

もう一度

「 お願いだから!いい子だから!」と

プラスティックのエリザベスカラーをつけ直した

大暴れの、大パニック

押さえ込まれて

カレンちゃん、やがて、諦めた

でも、私を見る目は、やっぱり、恨めしそう

 

カレンちゃんを見守るために

リビングのソファで

私達も寝ることにしたけれど

カレンの様子が気になり、心配で

寝不足の毎日

頭は、フラフラ状態

1日のうち、何度もカートに乗せ

時には、冷える夜中にも

公園へ連れて行く

カレンは、その時だけは

エリザベスカラーを取ってもらうから

カートの中で、ちょっとお姫様気分

ただ

やっぱり、大人は、ちょっと、大変よ

 

でもね

日々

少しずつ、目に光が出てきたカレンちゃん

これから、良くなって行くんだ

足の傷は治って、走り回れる

そんな未来があるのは

本当に、ありがたい

幸せだよ

 

前の愛犬

ジェシカの晩年は

利尿剤を使っていたから

住んでいたNYのアパートの48階から

1時間とか2時間おきに

地上に降りて、トイレをさせていたっけ

あの時

ジェシカちゃんに

出来るだけのことしてあげたかった

でもね

近い将来、天国に召されるであろう悲壮感は

心の隅にあったかもしれない

48階に上がるエレベーターの中で

ジェシカの頭を撫でながら

何度も、ワンワンと私、泣いてたもの

でも、カレンちゃんは

これから、良くなるしかない

だから

私達、フラフラになっても、平気

寝不足でも

外に出られなくても、平気

 

一方

いつもカレンと一緒に

走り回っていたお転婆娘のセリーナ

別々のお散歩をして

運動はさせているけれど

いつもより、わがままを言わない

カレンのそばに来たいのに

グッと我慢をしている

たまたま、カレンの寝ているサークルに入った時は

「 だめでしょ! 外に出て!」

と言うと、慌ててサークルの外に出て

カレンちゃんの様子を、そっと見ている

セリーナちゃん

あなたが、こんなにお利口さんだったなんて

知らなかったよ

 

カレンちゃん

来週には、抜糸をしてもらうから

エリザベスカラーともお別れよ

セリーナちゃん

そしたら、少しずつ少しずつ

カレンちゃんは、良くなるからね

何ヶ月か先には

きっと一緒にまた走って、取っ組み合いもできるから

もう少し

待っててね

 

 

 

 

 

カレンとセリーナ | 13:20 | comments(2) | trackbacks(0)

有賀さつきさんへ

有賀さつきさんの訃報を知ったのは

早朝、セリーナのお散歩をしている時に

かかってきたアナウンサーの笠井君からの電話でした

それまでも

沢山のラインメッセージが入っていたけど

後でゆっくり、と、開いていませんでした

 

公園の真ん中で、言葉も出ず、立ちすくみました

セリーナは

ボール投げをして欲しくて

ワンワン、ねだるけど、

やがて、私の顔色を見て、黙りました

 

思い起こせば

元女子アナのライングループ

有賀もメンバーだったグループの既読が

いつからか、一人少なくなっていたのに

気づいてあげられなかった

 

ライングループに

みんなから

どんなにか、有賀が

勉強熱心で、お嬢さん思いで、気遣いの人だったか

みんなが、有賀のこと、褒め称えています

 

私が最後に会ったのは、去年の7月1日

フジテレビのネプリーグの収録

 

控え室からスタジオに向かう途中

いつもふっくらしていたのに

痩せていて

「わ〜、痩せたね〜!」と声をかけました

「そうなんです! ダイエット成功したんです!」

「そうなんだ、良かったね〜」

痩せすぎなようにも、少し思ったけれど

いつもダイエットに失敗した話を聞いていたので

良かったね、と答えると

彼女は、嬉しそうに笑ってくれました

スタジオのセットに到着し

有賀は、私の左隣の立ち位置

照明に照らされて、髪の毛がキラキラ光りました

「あれ?」と

私が、髪を見ると、すかさず彼女が

「これ、カツラなんですよ!」

と、頭を指差しました

「へ〜、綺麗に光ってるね」

「でしょ? 美智さん、カツラ、オススメですよ

ヘアメイクさんにしてもらう時間、節約できるし」

「そだね、初めてのヘアメイクさんって不安だものね」

バラエティ番組でヘアセットをしてもらう時

沢山いる局付きのメイクさんなので、

初めて担当する人に、思い通りにしてもらうのは

確かに、いつも至難の作業

カツラは、いいアイディアだと私は思いました

「でも、高いでしょ? カツラって」

「いえいえ、これ、デパートで買ったんですけど

〇万円だったんですよ」

それを聞いて

出演者のネプチューンの一人のメンバーが

へ〜、それなら安くていいね、俺も買おうかな

と、話に参加してきました

その後、有賀は、彼の方に向き合い

最新のダイエットの方法を伝授していました

 

カツラにしても、ダイエットにしても

本当に、有賀は、前向きな人なんだな

と、この時の私は

ただのんびりと受け止めていました

それぐらい、彼女は、明るかった

 

でも、その後

収録の合間に

セット脇の控え室で

漢字ができることを褒め称えると

有賀は、笑みも浮かべず

真面目な表情で答えました

「番組の中で、漢検を取らないと、

使ってもらえなくなるから、必死だったんです」

「そうだったんだ・・・お嬢ちゃんいるものね」

「ええ、私が頑張らないと・・・」

そう言った後、有賀は、立ち上がり

自分で買ってきたお菓子を

ネプチューンの皆さんに差し入れし

プロデューサーに駆け寄って頭を下げていました

その後ろ姿は

生きていく逞しさ、母親の凄さ・・・

ふっと・・・

こんなこと思い出すの、変かもしれないけど

・・・ふっと

私は、自分の母のことを思いました

母一人子一人で育った私

母kazukoさんも

こうやって、必死に頑張っていたんだと

改めて、有賀の後ろ姿を見て、思いました

いつも母は、ああやって

頭を下げていた気がします

でも、有賀と同じように、

プライド高く、美しく、毅然ともしていた

 

やがて

有賀が、私の隣の席に戻ってきた時

母のこと、言おうかとも思いましたが

やめました

母と比べるのも失礼かもしれないし

もし、言ってあげられるなら

もっと、違う場所で

ゆっくり食事した時

娘の思いを、感謝いっぱいの思いを

伝えてあげられればいい

だから、軽い口調で

一言二言、言っただけ

「さつきちゃん、偉いね・・・頑張ってるね」

「いえいえ、私なんか、まだまだ」

やっと屈託のない表情に戻り、

有賀は、細い手をバタバタと、顔の前で振りました

 

もっと、しっかり言えば良かった

もっと、踏み込んで話せば良かった

 

女子アナOGのグループラインには

有賀の、色んなエピソードが入っています

アナウンサー研修の講座では

優しく厳しい素晴らしい先生だったとか

でも、ある日、やむなく連れてきたお嬢さんが

とてもお利口で、本を読んで静かにしていた、とか

いつも、カバンの中は、

漢字や一般常識の本でいっぱいだったとか

NHKの手話ニュースは、自らお願いして

8年も続けたとか

番組に出ると、必ずプロデューサーには

お礼状を、綺麗な字で書いていたとか

いかに努力し、頑張っていたかと言うエピソード

一方

この訃報で、涙が止まらず、どうしようもないと

書いているOGもいます

みんな、混乱しているのです

 

 

有賀さつきちゃんへ

 

お嬢さんのこと、心配だね

心残りでしょうね

悔しいね

でもね

きっとお嬢さんは

素敵な女性になるよ

貴方が育てたんだもの

明るくて

謙虚で

努力家で

頑張り屋さんの貴方が育てたんだもの

必ず、素敵な人になる

私達にも

どうぞ、見守らせてくださいね

だから、どうぞ

ゆっくりでいいから

天国に

安らかに

到着してくださいね

 

ご冥福お祈りしています

新・東京物語 | 06:21 | comments(4) | trackbacks(0)

蝶々夫人とスズキ

 

皆様

舞台のお知らせです!

 

オペラと芝居のコラボレーション

Dramatic Opera「蝶々夫人とスズキ」

 

NY在住のオペラ歌手田村麻子さんと

オペラ「蝶々夫人」の中から

麻子さんが、蝶々夫人として、名場面を歌い上げます

麻子さんは、ロンドン・アルバートホールなど

世界中30以上の地で「蝶々夫人」を演じ

高い評価を得ている、素晴らしいオペラ歌手です

そして私、山村が、

オペラの登場人物である「スズキ」として

蝶々夫人に仕える女中役を、演じます

オペラコンサートでもなく、芝居でもない

新しい「蝶々夫人」の誕生です!

 

2018.4.7(土)

Lunch Time 昼

12:30 Open (13:30 Last Order) 

14:00 Dramatic Opera 開演 

1Drink+Pinchos ¥8000

 

Dinner Time 夜

17:00 Open (18:00 Order Stop)

18:30 Dramatic Opera 開演

1Drink+Pinchos+Meat ¥9000

(Sold Outの為、キャンセル待ち)

 

2018.4.8(日) 追加公演決定

14:30 Open (15:30 Order Stop)

16:00 Dramatic Opera 開演

1Drink+Pinchos+Meat ¥9000

 

各公演、追加オーダーで、

2杯目以降のドリンク、お食事もご用意しています

Dinner Timeに関しては、

4/7は、終演後、21:30(Last Order21:00)

4/8は、終演後、19:30(Last Order18:30)まで、

オペラの余韻に浸りながら、ゆっくりとお食事を楽しめます

 

会場

ASADOR EL CIELO アサドール エルシエロ

(地下鉄六本木駅より1分)

東京都港区六本木4-8-5和幸ビルB1

03-6447-4552

http://asador.jp/el-cielo/

 

チケットお申し込みは

平日10時〜18時 03-3498-3001(村上)まで

 

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

蝶々夫人とスズキ | 23:33 | comments(6) | trackbacks(0)

前十字靭帯断裂

 

 

大雪の降った東京だったね!

 

何年かに、いっぺんあるかないかの大雪!

我が家の愛犬、カレンとセリーナは、狂喜乱舞だよ!

何十センチも積もった雪を

ズボッズボッと

でも軽やかに、ピョンピョンと

まるで、ウサギが高く飛び跳ねるかのように

雪を体じゅうに絡み付けながら、遊びまくる!

 

きっと、久しぶりに雪が積もった地域では

雪まみれになって遊び、疲れ果てた子供達と、

ワンコだらけだったはず

ヘトヘトに喜ぶ、その子達の姿に

呆れながらも、

なんだか、幸せな気持ちで胸が満杯になった、

お父さんとお母さんが、

全国に、沢山いるはず

 

でも、カレンちゃん

雪遊びの後、

時々、痛がっていた後ろ足の状態が良くなさそう

「 お遊びが過ぎましたね、カレンちゃん!」

実は、3ヶ月くらい前から、時々痛がっていたけど

念のため、お医者様に連れて行った

「 前十字靭帯断裂です 」

え〜〜〜!

よく、サッカー選手が痛める前十字靭帯

今回、お相撲で優勝した栃ノ心もそうだった

カレンちゃん

3ヶ月前から、断裂していたなんて!

ごめん、ごめんね!

もっと早くに

お医者様に連れて行ってあげれば良かった・・・

 

でも、この病気の特徴は

見た目、良くなったりすることもあり

診断が遅れることになるらしい

とにかく、手術が必要

その上

悪い後ろの右足以外

左足も悪くなりかけているとのこと

右足の手術が終わった後

やがて、左足もすることになるだろう、と

そんな!

病院に入院して、痛い思いして手術して、退院して

動けなくて、やっと動けるようになったら

また片方の足の手術だなんて

可哀想だよ!

可哀想すぎる!

「 先生、両足いっぺんに手術できないんですか?」

思い切って、聞いた

先生は、即座に

「 僕の犬だったら、両足、いっぺんにします!」

 

カレンちゃん

前十字靭帯断裂の手術

後ろ足、両足

来週、執刀していただくことになった

 

どうぞ、カレンちゃん、頑張って

そして

カレンちゃんがいない間

生まれ落ちたたその瞬間から、

いっ時たりとも離れたことのない、

娘のセリーナも

寂しいけど、ガンバロ!

 

神様

カレンの手術が

どうぞ、無事、成功しますように!

 

カレンちゃん、頑張って

 

セリーナちゃんも、がんばろ!

カレンとセリーナ | 15:42 | comments(2) | trackbacks(0)

三重県は、美味しいだけじゃないのよ

あべ静江さん、ドン小西さん、鈴木英敬三重県知事と

 

 

てな訳で

久しぶりに、三重県の観光大使の集まり

 

試食させていただいた三重の食

松阪肉も、お魚も、お野菜も

全て、美味しい

感心するほど、美味しい

とろける

こんなに、豊かな食材で育ったんだってこと

あらためて、神様、伊勢の神様に感謝

今更ながら、びっくりする

 

いちごも、美味しかったな

支援の必要な方々も働いていらっしゃる農園だとのこと

なんだか

三重県の食に触れると

豊潤な思いで

胸がいっぱいになる

 

「 ホント、そうだね 」

と、大きく頷いた、同じく観光大使の

あべ静江さんと、ドン小西さんと、知事と一緒に

写真撮りました!

 

懐かしいな、三重県

 

 

 

三重県 | 12:21 | comments(4) | trackbacks(0)

あの冬も寒かった、ニューヨーク!

 

 

 

テレビで、連日

ニューヨーク、マンハッタンの

雪の映像が流れている

極寒のニューヨーク!

 

ホント、寒かったな〜、あの冬も

2003年の終わり

初めてのニューヨークの冬

60年ぶりの寒波

0度だった

0度って、摂氏じゃないよ!

仮死よ、仮死!

いや、違う

華氏!

華氏0度って、摂氏マイナス17度よ

−17℃!

ホント

仮死しちゃいそうな温度

 

犬のジェシカが

オシッコしたそばから

パリパリパリ!って凍る感じ

街ゆく人も

顔なんか出して歩けやしない

みんな

今から銀行強盗でもしそうな出で立ちで

目だけ見えるようにして

タッタッタッと

脇目も振らず、突き進んでいた

 

でも

犬のジェシカは、嬉しそうに

雪だらけのセントラルパークを

ウサギのように跳ねながら

ズボッズボッって

雪に飛び込んで行ったっけ

 

あ〜〜〜

懐かしいな

 

東京も、日本も寒いけれど

あの切り裂かれるような寒さが懐かしい

カレンやセリーナにも

雪山のセントラルパークを味あわせてあげたら

どんなにか、喜ぶだろう

 

東京にも、雪、降らないかな

 

とにかく

ひどく寒い毎日だけど

この冬らしい冬を楽しもう

ちょいと風邪は引いちゃったけど

ま、いいさ

 

 

New York の お話 | 13:36 | comments(2) | trackbacks(0)

戌年、明けましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます!

 

今年は、戌年

カレンとセリーナと一緒の、ご挨拶です!

本当なら

カレンが景気良く

「ウォ〜〜〜!」と

歌ってくれるところでしたが

撮影で緊張したのか

「う、う、う」と

歌う寸前でした

また、改めて、歌い上げる動画は

アップ出来るようにいたしますね

 

では、新年動画、ご覧ください!

 

 

収録・撮影 | 09:59 | comments(2) | trackbacks(0)

出演情報と、来年に向けて

今年も、もう終わり

 

あっという間の1年

今年のお正月は

ほんの1週間くらい前だったような

それほど

時が進むのが

速い!

速過ぎる!

マッハの速度!

 

さて、来年

2018年

どうぞよろしくお願いいたします

 

来年4月には

素敵なイベントを計画しています

どうぞお楽しみになさってくださいね

 

さて、出演情報です

1月1日

NHK BSプレミアム

夜9時から11時のドキュメンタリー

「大奥ワンダーランド」の

ドラマ部分で、出演いたします

どうぞご覧ください

 

では、2018年も

どうぞよろしくお願いいたします!

 

みなさま

良いお年をお迎えください!

 

 

収録・撮影 | 14:07 | comments(1) | trackbacks(0)

でも、わては、見捨てまへんで

 

あまりにも、酷い

 

酷い試合だった

こんなに、日本のサッカーはダメなのか

こんなに、下手くそなのか

こんなに、魂、見せられないのか

とてつもなく久しぶりに

酷い日本代表の試合を観た

 

北朝鮮、中国に辛うじて勝って

最後の韓国戦

1-4

屈辱的な点の開き

点の開き以上に

覇気のない、選手たち

 

味スタに現地観戦しに行かなくてよかった

テレビの前にいても

スイッチを消してしまいたいくらいだった

来年のロシアW杯

チケットの抽選申し込みしているけど

はるばるロシアまで、

応援になんか、もう行きたくないぞ!

行くもんか!

怒った私のようなサポーターは

全国に、いっぱいいるはず

 

ただ

負けから学ぶことは

勝ちから学ぶことより、実は多い

と、私は、思っている

調子を上げて評価されたゴールキーパーの中村選手

ドイツの世界一GKと言われるノイヤーのようだ

と、常々私は思っているのだが

でも

4点も失点を許して

もしかしたら、少しだけ高くなり始めていた鼻を

ボキっと折られてしまっただろうね

だからこそ、もっと高みに行くはずよ

本当に、ノイヤーの様になるはずよ

他にも救いはある

酷い試合の後で

冷静に受け答えしたセンターバックの昌子選手

ちょっと頼もしかった

切り裂く様にドリブルした伊東選手には

ワクワクさせられた

イケメンだし

(イケメンは、余計な情報)

彼らの中では

この負けは

「大きな勝ち」への外せない道

 

でもね

ハリルホジッチ監督

敗戦後のインタビューで

戦う前から、韓国の方が強いと思ってたって?

ハリちゃんったら、

なに、おっしゃるんやら!

だから、仕方ないとでも、言いたいんやろか

どこの誰が、そんなこと、思ってるんや!

来年のW杯のこと、考えてみ

W杯で戦う相手

コロンビア、ポーランド、セルビア

この3つの相手国は、みーんな、日本より格上やん

そやのに

彼等と戦った後も

同じことを

あんたは、言うつもりなん?

なあ、どう思ってんの?

なあ

 

ま、ええわ

 

怒り沸騰してるみたいやけど

ま、ええわ

 

あの日

負けて良かったね

って

後で、みんなで、ハハハと笑いたいもんだよ

ハハハ・・・

 

だから

私は、サッカー日本代表を見捨てやしない

ま、私に見捨てられたって

どうってことないんだけどさ

ロシアW杯のチケット当選したら

観戦しに行くさ

応援し続けるさ

 

クィ〜〜〜〜

 

サッカー | 13:55 | comments(3) | trackbacks(0)