誰を妬む?「行列のできる法律相談所」

 

出演情報です

今度の日曜日、22日午後9時〜9時54分

日本テレビ系列

「行列のできる法律相談所」に出演します

 

この日のテーマは

「私はあの人のことを妬み嫉みましたスペシャル!」

 

う〜ん・・・

このテーマ、本当に難しい

私が妬む人って、誰だっけ?

って、考え込んでしまった

実は

「妬む」のと、「尊敬する」のとは

紙一重の背中合わせ

だから、妬みそうになると

尊敬してみるといいね

でも、今回は「妬み」がテーマ

う〜〜〜ん・・・

 

果てさて、私は、誰を妬んでいるのか?

ぜひ、番組をご覧ください!

 

IMG_9731.jpg

お洋服は、ZIN KATO

新・東京物語 | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0)

歌舞伎座の楽屋は、幸せいっぱい

 

 

新春大歌舞伎を観に、歌舞伎座を訪れた

昼の部は三つの演目

一番目は

徳川慶喜の、心の葛藤を描いた「将軍江戸を去る」

三番目は

生き別れた親子の悲しい再会物語の「沼津」

 

新春にしては、かなり重い題材の演目の中

二番目の「大津絵道成寺」は華やかで新春らしい

片岡愛之助さんが

五役の踊りを、あっという間の早替わりで魅せる

胸のすくエンターテインメント!

ザ・歌舞伎!

観客も、やんややんやの大喝采だ!

 

楽屋を訪れた

 

新しくなってからの歌舞伎座の楽屋は、初めてだ

遠い昔

舞台で共演した中村勘三郎(当時勘九郎)さんや

中村扇雀(浩太郎)さんに

舞台メイクを教えていただくのに

歌舞伎座の楽屋を訪れたのを、思い出した

狭い奈落の通り道も案内してもらったっけ

あの頃の歌舞伎座の楽屋は

独特の匂いがあったと思うけれど

どんな匂いだったか

新しいツルツルの廊下を見ていたら

思い出せなくなった

そんなこと考えていたら

今はもう

勘三郎さんには

会えなくなってしまったのだと実感してしまい

強烈に、寂しくなった

 

愛之助さんの楽屋を案内してくださるのは

もちろん、奥様の藤原紀香さん

歌舞伎座の入り口でも、出迎えるお着物姿は

楚々とし、美しかった

でも

お化粧は薄化粧で、しっとりと静かな佇まい

私達が知っている、華やかで溌剌とした雰囲気は抑え

すっかり歌舞伎役者の奥様になっていらして、素敵

今月はお休みして、来月から仕事始めとのこと

ふっと頭の中で

紀香さんが、愛之助さんの「大津絵道成寺」のように

着物が後ろから引き抜かれて

華やかな女優の衣装に早替わりする姿を想像し

一人、クスッとしてしまった

確かに、紀香さんは

女優とか妻とかと言う役目以外に

歌舞伎役者の奥様と言う「大役」も増え

愛之助さんの優雅な踊りのように

何役もこなさなければいけないのだろう

でもきっと、楽しんで

色んな役を演じていらっしゃるに違いない

愛之助さんの隣で、

お化粧薄いせいか、少女に見える顔で

ニコニコしていらっしゃる姿を見て、思った

 

なんだか、新春から、幸せな気持ち・・・

 

IMG_9781.jpg

in the audience 客席にて | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0)

青山の、ポニー


な、な、なんと!
青山公園に、大きな犬が現れた!
と、思ったら
いや、犬じゃない!
馬、ウマ、ポニーよ!

「どこからいらしたんですか?」
ドキドキしながら伺ったら
「南青山◯丁目です」って!
20歳のポニーちゃん
青山で、20年も飼ってらしたのか・・・
長い長い20年
きっと
色んなことがおありだったんだろうな
とてつもない「家族の歴史」なんだろうな

カレン、セリーナも興味津々!
特にセリーナちゃん
ポニーから離れなくて、困ったよ!
「また、今度会えばいいから、帰ろ」
セリーナのリードを
強く引っ張って帰って来たけど
またいつか、会える日があるんだろうか・・・



カレンとセリーナ | 12:45 | comments(0) | trackbacks(0)

視聴率は、努力に比例するのかな???



あるバラエティ番組の収録で訪れたスタジオ
多くの番組収録は別の場所に移っているから
ここを訪れたのは、ホント久しぶり
ぐぐっと遠い昔に、タイムスリップしたかのよう

勢いのある番組
勢いのあるテレビ局だ

収録より事前に行われた打ち合わせの日
感心したことがあった
私に関することで調べられた資料
私自身でさえ忘れているようなこと、
過去、話したこととかが
ビッシリと、書き連ねてあったのだ
ここまで調べてくれたのか、とびっくり
私に関することでオンエアされるのは
ほんの少しに違いないだろうに
さすが、視聴率のとれる番組は違う
また、こう言う小さな積み重ねとか
取材スタッフのコツコツした努力があるから
視聴者を呼び込むことも出来るんだね
テレビ番組の「基本のキ」を
改めて知らされた気がしたよ

あ!
下調べ以外にも、感動したことが・・・
すき焼き弁当!
日頃、低予算映画でのお弁当に慣れているから
楽屋に、「今半」のすき焼き弁当が
用意されているのを見た時には
「わ〜、今半!」
と、声が出てしまった

撮影の合間に
急いで掻きこむ冷たいお弁当もいいけど
たまには「今半」!
いいね!

 

iPhoneImage.png

 

収録・撮影 | 04:14 | comments(1) | trackbacks(0)

カレン、セリーナと共にMCSM!初笑い!

あけましておめでとうございます!

 

お祝いの動画をお届けします!

12月初めに自撮りしたので

ちょっと、今ではもう

見飽きている方もいらっしゃるかもしれませんが

ちょっと覗いて、笑っていただけたら

最高に、嬉しい!

 

今年も、守りに入らず

精力的に前に進む決意です

 

どうぞ、よろしくお願いいたします!

 

カレンとセリーナ | 02:09 | comments(6) | trackbacks(0)

クリスマスは、真夏の警察官!



本日は、クリスマス
映画ロケ地の海岸に着くと
入り時間が2時間も変更になっていた
ありゃりゃ!
いや、良くあること
さて
トイレもない埠頭で待つわけに行かないし
近くに、時間を潰せるとこ、どこかあったかしら
・・・そうだ・・・
龍宮城!
前東京都知事でお馴染みになった龍宮城
日帰りも出来る温泉があったっけ
よし!
2時間もあるのなら
お風呂に入れる
と、ばかりに
急ぎ龍宮城に車を飛ばして
温泉に浸かりに行った
ついでに
ヘッドと足裏マッサージもしてもらい
思いもかけない、クリスマスプレゼント!

(自分で、支払ったけど)

さて
埠頭での夜のロケ

グングン温度は下がる
警察官役の私は
制服の下に、ホカロンいっぱい貼ったけど
あまりの寒さで、ちっとも温まらない

この役立たず!と、ホカロンだかホッカイロだかを

叩いてみる、おバカな私

仕方ない

こりゃ「今は夏なのだ!」の気持ち(錯覚?)で
みんなで、夏の歌を口ずさむことに
チューブとかユーミンとかゆずとか

歌ってみると、不思議なことに暖かになる
でも、私が「真っ赤に燃〜えた〜!」
と、美空ひばりさんの歌を歌ってみたら
シーンとされちゃいました
古過ぎた・・・
てなわけで
クリスマスは、楽しい真夏のロケ
(うっそ〜〜!)


「メリークリスマス!!!」


収録・撮影 | 23:49 | comments(4) | trackbacks(0)

世界一になる日

IMG_9387.jpg

 

IMG_9400.jpg

 

「うおぉ〜〜〜〜〜!」

「きゃーーーーーー!」

「ああああ!!!!!」

叫びっぱなしだった

その度に

眠っていた愛犬のカレンとセリーナが

飛び上がって、驚いた

 

FIFAクラブW杯2016決勝戦

レアル・マドリード 対 鹿島アントラーズ

レアルって、あのレアルよ!

クリスティアーノ・ロナウドよ!

CR7よ!

 

鹿島アントラーズは、

今年のJリーグチャンピオンになったとは言え

一番強かったわけではない

前半は優勝したけれど、後半は11位だった

しかし最後はトーナメント形式で勝ち上がり

クラブW杯では、開催国枠で出場できた

だから、勝ちあがってくれるのは嬉しいけど

まさかマサカまさか、決勝戦まで残るとは・・・

 

決勝戦は、ドキドキと、テレビ前に陣取った

5-0とか、6-0とか、大差がつくに違いない

でも、鹿島は、日本の代表

どうか、「品格」を持って対戦してほしい

そう願った

鹿島アントラーズは、常勝軍団として知られている

また

ジーコの精神が受け継がれているクラブだとも

「献身・誠実・尊重」のジーコスピリット

 

私は、鹿島の選手に、日本人の品格を感じる

寡黙ながら、しっかりと仕事をする

キャプテンの小笠原選手が、その代表だろう

その雰囲気が、柴崎岳選手にも見える

私の大好きな、ドイツシャルケの内田篤人選手は

膝の怪我で長い間離脱していたが

古巣の鹿島でのリハビリをきっかけに

画期的に回復し

先日、ヨーロッパリーグで復帰を果たしたばかりだ

仲間を大切にするクラブだ

 

そして、昨夜、世紀の決勝戦!

ご存知の通り

鹿島アントラーズは、互角に戦い

一時は、2-1と勝ち越し

2-2の引き分けで延長戦に持ち込んだ

しかし

さすが、世界一のバロンドールのロナウドに決められ

2-4で、準優勝に甘んじたのだ

 

負けるに違いないと思っていた私

世界中で、同じ気持ちを持っていた人たちは

鹿島アントラーズの選手に、謝らなければいけない

彼らは、誰よりも自分たちの勝利を信じていたし

諦めず、最後まで戦っていた

そして

どんなに激しい試合となっても

全員が「品格」あるプレーで戦っていた

世界中に、誇れる試合をしてくれた

夢を見させてくれた

いや

夢は夢ではなくなる瞬間が

すぐそこにあるのだと、教えてくれた

 

私の夢は

「 W杯での、日本の優勝!」

もちろん、全てのサッカーファンの夢でもある

なんとか、私の生きている間に

優勝トロフィーを掲げる日本代表を見たい

でも・・・もう、何十年もないんだよ

その間に、優勝なんてできるのかなぁ・・・

なんて、気弱に思っていたけど

決勝戦の鹿島アントラーズの戦いを見たら

実現できそうな気がしてきた

 

クラブW杯、鹿島アントラーズの準優勝

このスピリットは、日本代表に通じるはず

待ってるよ

FIFA W杯 日本代表優勝!!!!

 

 

 

サッカー | 12:02 | comments(4) | trackbacks(0)

撮影現場に、必要なもの

 

IMG_9332.jpg

 

映画のロケ

 

撮影現場で、不可欠なもの

 

分厚いダウンコート

何枚にも重ねた、ヒートテックの下着

時々飲める、暖かい飲み物

もちろん、ホカロンみたいな使い捨てカイロ

 

何時間待っても、楽しめる強靭なメンタル

待っている時間、初めてのスタッフキャストと親睦深め

空気を柔らげる柔軟剤みたいな会話

でも暇になったら

iPhoneに入れてある本を読んで、自分自身が空気になる

お弁当が出たら

どんな場所でも、かき込める、ちょいとした、がさつさ

 

いざ現場に立ったら、今まで熟成していた時間を

爆発できる集中力

カメラが回るまでのスタンバイ中

寒くてガタガタ、どうしようもない時

大きく、何度も深呼吸し、寒さを忘れる、魔力

とんでもないハプニングが起きた時は

撮影が遅れても、笑っちゃおう

どこまでも、明るく

いつでも胸の内は、春に咲く花を見た時のように

「アリガト」って呟いてみる

 

キャストが、前向きに出来ると

過酷なスタッフは、ほんの少しだけど、救われる

 

もっとあったと思うけど

こんなもんかな

 

IMG_9321.jpg

衣装部屋、監督もスタッフもキャストも皆で、お弁当かっこむ!

収録・撮影 | 11:31 | comments(1) | trackbacks(0)

出演情報です!「奥多摩駐在刑事4」

主役の駐在刑事、寺島進さんと

 

わ〜、ごめんなさい!

告知、遅れてしまいました・・・

今夜放送の2時間ドラマに出演しています

この9月に撮影した作品です

9/13のブログ「幸せ採集」より

 

テレビ東京 本日14日 夜9時〜10時48分

「奥多摩駐在刑事4」

に、ほんの少し、出演しています

お時間ありましたら

どうぞ、ご覧くださいませ!

 

(私も、今朝の新聞番組欄見て、気づいたわん!)

 

収録・撮影 | 10:23 | comments(2) | trackbacks(0)

イルミネーションは、ダンプカーに乗って

 

実は、ブログには載せなかったけれど

母kazukoさん、高熱出して救急車で運ばれ

再び、緊急入院をしていた

 

その度に

私は病院に駆けつけるたびに

着替えをしながら

姿見の中の自分に、声を出して話しかける

「 落ち着いて、落ち着いて、何があっても・・」

kazukoさんのこと、その度に「覚悟」する

でも、この覚悟、なかなか慣れない

永遠に、覚悟できないみたいだ

 

3日だけの入院で、無事退院したkazukoさん

でも

日ごとに、体調は変わり

心配な時も、多い

 

そんな中

昨日は、朝から、ご機嫌な様子で

「 クラブで活けた花が素敵だから取りにおいで!」

と、何度も電話があった

よし!

イルミネーションを見せてあげよう!

12月とは思えない暖かい日だから

からだにも負担が少ない

点灯時間の5時過ぎならば人も多くないはず

 

急いで施設にkazukoさんを迎えに行き

車で、ミッドタウンに向かった

「 美智子ちゃん、あなたはそそっかしいから

運転、くれぐれも気をつけて!」

「 信号が黄色になったら、急いで突っ切って!」

「 こっちの車線に、行きなさい!」

いつものように

若い頃のように

口うるさい

「 困ったら、私が運転変わるから、言って頂戴!

ほら、私、大型第二種だから!」

 

ちなみに

kazukoさんは、三重県の女性で

一番目か二番目に、免許を取得した人

しかも、更新で、いつのまにか

「 大型第二種 」と言うダンプを運転できる、

特別な免許証になっていた

と言っても、普通車しか運転したことはない

 

もちろん

視力も聴力も弱く、歩けない、認知症の92歳に

運転をさせたら、1秒で、ぶつかるに違いない

でもね

きっと、kazukoさんにとっては

体の中は、50歳くらいの気持ちなのかもしれない

 

「 わ〜〜、きれい!

わ〜〜、こんなの初めて見た!」

いやいや、ママ

ここ何年も、イルミネーションは

毎年、見せてあげているはず

 

施設への帰り道でも

kazukoさん「 運転、かわろうか?」

そして

「 そういえば、この間、車を運転してた時ね・・」

と、リアルに話し出す

いやいや、ママ

免許を返戻して、20年近く経ってるから

この間ってことはないんだよ

 

きっと

一晩寝たら、イルミネーション観たこと

すっかり忘れてるんだろうけど

良かった

喜んでくれて

 

今度は、夢の中で

ぜひ、ママの運転で、また、どこか行こうね

せっかく大型第二種の免許なんだから

ダンプカーに乗って

イルミネーションの上を、かっと飛ばしていこうぜ!

 

母 Kazukoさん | 10:53 | comments(3) | trackbacks(0)