ドバイの修学旅行生

IMG_1448.jpg

 

IMG_1568.jpg

 

IMG_1455.jpg

 

さて

UAE、アラブ首長国連邦

ドバイのこと

 

ドバイといえば、何もかも世界一

世界一高い、ビル

高さ世界一の、ホテル

世界一大きな、人工島

世界一の、噴水

世界一大きな、空港

世界一広い、ショッピングモール

 

でも

私が滞在したドバイ2日間は、なんと雨!

ありゃりゃ

普通、ドバイに雨が降るのは

一年のうち4日だけと言うのに、なんなの!

 

大雨のせいか

その壮大さに圧倒されることもなく

「 ふ〜ん、大きいね〜」

と、鈍感な感想の私

世界一高いビル

バージカリファの148階の展望台に登っても

「 わ〜、高いね〜」

と、平凡な感想の私

きっとお天気が良かったら

青空が突き抜けていたら

もっと、感動したかもしれないけど

でもね

もしお天気良かったら

暑くて、へばっていただろうけど

 

ただ、一番、びっくりしたのは

ガイドさんの言葉

「 2000年には

ここは、砂漠とテントしかなかったんですよ 」

ひぇ〜〜〜! 

そんなに短い間に、こんな近代都市になるなんて!

急成長の街、ドバイに、心底、驚愕した

 

そう言えば

私が中東に行ったのは

「 なるほど・ザ・ワールド 」で

シリアとヨルダンのリポートだった

もしかしたら、30年近く前になるのかな

あの時、テントに住むベトウィン族に

羊の頭を真ん中に載っけた大鍋の

ヨーグルトご飯をご馳走になったっけ

気持ちはありがたかったけれど

ベトウィン族の皆さんの爪の垢が

ヨーグルトご飯にグレーに流れ出て

あの日から、私は羊を食べられない

UAEと、シリア、ヨルダンの現状は

今や、まるで正反対

きっとあの頃は、大差なかっただろうに

 

ドバイでも、アルアインでも

嫌な思いは、一つもなかった

海外からの出稼ぎ者たちも

穏やかで、優しかった

石油産油国だから

働かなくても生活できる地元の人達は

あの長い民族衣装をゆらめかせながら

ゆったりと歩き、微笑みかけてくれる

街中が、いつもお掃除され

食べ物が提供される時は

ヘアキャップと手袋が付けられいて

細部まで、清潔で、気持ちいい

 

人々は

こんなに人柄も良くて、おっとりとしてるのに

街の建物は、次から次へと建設され

どんどん、とんがって、広がっている

この国は

この街は

どこへ向かっているのか

少し、わからなくなった

 

帰りの飛行機の中

ドバイの高校生の修学旅行に出くわした

53人の、教師と男女生徒の一団

こいつら、いや、彼らが離陸前に、大騒ぎ!

私の席、この人と一緒がいい、とか

私は、窓際がいいから、あっちに変わる、とか

行ったり来たりの、大移動

CAさんも呆れ顔になり「 静かに!」と

声を荒げても、お構いなし

大騒ぎの渦の中にいた私は、

ちょっとムッとしたけれど

そのうち、なんだか、おかしくなってきた

教師に叱られても

のびのびと主張し、きゃっきゃと騒ぐ

「 どこでも、一緒だ・・・」

やっと・・・やっと座席争奪戦も治まり

そのために、出発時間も少し遅れ

ようやく日本へ向けて、離陸

機中、まあ騒いではいたけれど

羽田に着く頃、女子生徒は

一斉に、スカーフを頭に巻き、大人しくなった

行き先を尋ねると

英語が喋れない先生に変わって

身振りをつけながら、女の子が答えた

「 東京と大阪に8日間行くんです、マダム!」

おしゃまぶりが、とっても可愛らしい

その、まつげが長く彫りの深い顔を見ていたら

意味もなく

ドバイの未来は、大丈夫だねと思った

「 どうぞ、日本を、たっぷり楽しんで!」

離陸時、何人ものリュックが

頭に直撃してむかついていた私だけど

すました女の子達を見ていたら

ご機嫌になった

UAE旅行、あぁ、楽しかった〜〜!

ってね

 

IMG_1358.jpg

 

IMG_1732.jpg

羽田空港では、疲れ果てた修学旅行引率の先生

地球の上から | 14:19 | comments(1) | trackbacks(0)

さて、今から向かうのは・・・


ここは、江戸村?
いやいや、羽田空港
今から、私、飛行機に乗って
ある国へ

さて、どこでしよう?

って
わかる方は
すぐに、おわかりになるかも
ヒントは
「 絶対に負けられない!!!」

到着したら、お知らせしますね

地球の上から | 23:22 | comments(1) | trackbacks(0)

成熟の街 豊かなる 「サン・セバスティアン」
IMG_0279.jpg

IMG_0331.jpg

P1070976.jpg

IMG_0310.jpg

P1080107.jpg

P1080040.jpg

スペイン、バスク地方を、旅した
スペインと言っても、バスク地方は
独特の文化を持ち、バスク人と呼ばれる

フランス国境に近いサン・セバスティアンに行った
ハプスブルク家のマリア・クリスティーナ王妃が
保養地に選んだこともあり
現在も、高級保養地としても有名だ

バスク地方での、お楽しみは、グルメなバル巡り
小さなピンチョスと言う、フィンガーフード
薄いパンの上に、ありとあらゆる食材を載せたモノだ
フォアグラ、アンチョビ、タラコ、生ハム
お店によって、色んな工夫がされたものばかり
中には、
ミシュラン星のフランス料理シェフが料理する、
食べるまで、食材がわからないアートのような
ピンチョスもある

ひしめき合うバル街を巡り
一つのお店で、2、3のピンチョスと飲み物をつまみ
次のお店に向かう
いくつもの色んなお店を回るうちに
お腹は満たされ、堪能し、ほろ酔い加減になる

このバル巡り
色んなモノを、少しずつ食べたい日本人には
いい塩梅
しかも、色んなモノを食べた後
自己申告で、お勘定をする
このあたり、スペイン人とは違うと言う、
バスク人の真面目な気質で
ちゃんと申告するらしい
ちょっと、日本人っぽい

この街で、数が多く、目立ったのは
次の3つ
1 犬
2 車椅子
3 サッカー

どこを歩いても
人と犬が、のびのびと歩き、バルでも一緒に食事
犬好きにとってみると、羨ましい光景
でも、犬だらけの街と言っても
ちゃんとマナーが行き届き、汚れてはいない

そして、車椅子の人も、やたら目につく
押してもらっているお年寄りもいるけれど
一人車椅子を乗りこなす若い人もいる
よく見ると石畳なのに、ちゃんとバリアフリー
だから、こんなに多くのお年寄りも
転ばずに、街に繰り出しているのだろう

もちろん、サッカーの国スペインだから
サッカーユニを着たり
ボールを蹴ったりする子供達が多い
そんなことは当たり前か

お年寄りも、若い人も、子供も、犬も
みんな、のんびり、おおらかに過ごしている
・・・あ〜、豊かだな〜・・・
大きなため息が出た
TOKYOも、オリンピックに向けて
色々改革していくのだろうけど
ちょっと、この大人の街には、まだ、かなわない
食の文化とか、おもてなしでは負けない街、TOKYO
いつか、もっと余裕が出るといいな

スペイン・バスク地方
おすすめ
日本人なら、きっと大好きになるはず

IMG_0415.jpg

P1080001.jpg

IMG_0519.jpg

P1070990.jpg

IMG_0313.jpg

IMG_0517.jpg
サッカーのタオルマフラーを飾る店の入り口には「内田篤人」マフラー

地球の上から | 16:03 | comments(2) | trackbacks(0)

あけましておめでとうございます
IMG_5137.jpg 

2015年
あけましておめでとうございます!

この日の出は
昨年のサッカーW杯
30時間もかけて訪れたブラジルへの途中
トランジットの空港、アブダビでの日の出
この太陽も、日本で見る太陽も同じはずなのに
地球を照らす太陽は
その地で、国で、人々で、光を変えていく

新年の日の出
どうか、すべての人が、一瞬でも、平和な思いで
見上げられますように

このブログを訪れた皆様に
素敵な幸運が舞い込みますように
心から、お祈りしています

今年も、どうぞよろしくお願い申しあげます!

地球の上から | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0)

マカオ 人の欲望
P1030970.jpg 

久しぶりにマカオに行った

私の知っているマカオは、もう何十年も昔
当時、細々とされていたカジノは、裏びれていた
どこか、後ろめたい人々の背中があった
一転
マカオは、すっかりラスベガス化し
カジノとショーのエンターテイメント
眩しい世界に変貌
ほとんど中国人に見えるカジノの大部屋は
人間の欲望が、ギラギラ脂ぎって光っているようだ
あらためて、中国の人は「欲」と言うものを
表に出すのを躊躇わない国民なのだと認識した
これからは、地球を引っ張って行く人達だ
上手に世界中で「欲」に向き合ってもらえたら、いいな

そんな中、City of Dreams でのショー
初期のシルク・ド・ソレイユの演目を
手がけていたフランコ・ドラゴーヌ氏の演出
巨大なプールを使った舞台は
彼が手がけたラスベガスのショー「O」に似ているが
ストーリー性もあり、たまげるような人の技もあり
次から次へと飽きさせない舞台装置や演出は
華やかで、舞台の頂点を見ている感があった
この莫大なお金の掛け方は
カジノでの裏打ちがあるからだろう
一時期、お台場カジノ構想があったけれど
お台場にカジノが出来たとしたら
こういうショーも、常設されたのだろうか
人間の「欲」というものも
悪くないかもしれないと思えた
「欲望」というものに向かい合い
しかし、果てしなく地道な努力と鍛錬で見せる世界だ

わざわざ、このショーを見る為に
マカオに行ってもいいかもしれないね
でも、お時間のない方は
公式HPでも、その舞台のほんの一部を見られるので
ぜひ、ご覧ください

地球の上から | 09:31 | comments(0) | trackbacks(0)

ちょっとショックなドイツの温泉 世界の温泉
IMG_0215.jpg

ドイツ旅行の際
温泉好きな私、やっぱり温泉を訪れた
場所はケルンの郊外にある「メディテラーナ

ここで
今までに行ったことのある海外の温泉や
スパ、健康ランドをご紹介してみる
(お時間あったら、当時のブログなどご覧ください)

アイスランドの温泉「ブルーラグーン」
中米コスタリカのジャングル温泉
ハンガリー、ブダペストの温泉
東欧チェコの温泉街
NYニュージャージーの韓国式健康ランド
NYフラッシングの健康ランド
マニラの秘湯温泉

ブログに紹介していないものでは
本場フィンランドのサウナ
台湾台北郊外の北投温泉
イタリア、フィレンツェの郊外「グロッタジェスティテルメ
etc..etc..etc

だから、海外の温泉と呼ばれるものが
ぬるま湯だったり、混浴だったりして
日本とは別物だとは、重々承知している

そして、このドイツの温泉メディテラーナ」は
水着でくつろげるプールもあるし、
それはそれは広くて、豪華!
素晴らしい!

しかし

ドイツの温泉というのは「完全なる」混浴
すなわち、着替える所から、混浴
中学校のプールに付いているようなロッカールーム
冷たい足元を気にしながら
男女一緒に着替える
これには少々面食らった
脱ぐっていう所作を人に見られるのは
やっぱ恥ずかしくない?
そして
ガウンを羽織っている人もいるけれど
だだっ広い迷路のような施設内を
あのゲルマン民族の、いかつい男性達が
大勢、素っ裸で神出鬼没で目の前に現れる
あっち見ても、こっち見ても
特にサウナは、男も女もスッポンポンだらけ

猛烈に寒かったこの日
足先が冷え、ぬるい湯温で寒気もし
慣れていないせいか、気分悪くなって
早々に退散することになった私
ホンマ情けない、ドイツ温泉の巻だったのです

地球の上から | 14:15 | comments(0) | trackbacks(0)

ちょっとデパートで感動した
 

ベルリンのデパート、ギャラリー・ラファイエット
母達へのおみやげに、バーゲンでスカーフを購入
カスタマーサービスで贈り物用に包装してくれるという
セール品の安いものでも、無料ですって
それではと、持ち込んだら
若い女性店員が、時間をかけて包んでくれた

ひとつ目のパッケージが出来上がった時
その丹精込めた美しいリボン飾りに驚いた
「わ〜、なんて、素敵なの!」
と、褒めたたえたら、
はにかんで、嬉しそうに笑った

二つ目の包みに取り掛かる彼女
その一生懸命に包む後ろ姿を
じっと見ていたら
感動して、なんだか、涙が出てきた
ヤダ
私ったら、疲れてるのかな・・・

でも
感動って、こんなことなのかもしれないね



地球の上から | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0)

海外での 便利屋さん達
__.JPG
海外で必要なもの
まずはiPhoneをWiFiで繋げるための物
MiFiという、
どこでもWiFiにしてくれる機種
いっぺんにPCも含めて
五つまで無線LANがOKだし
レンタル料は
ソフトバンクの海外バケットより安い
それから
iPhoneの電池がなくなった時に
チャージするための
リチウムバッテリーチャージャーも大事
車で移動の時には、
車からチャージできるものがあればいいけど
要するにホテルで繋げるのに苦労することが多いからね
このあたりのもの、あると便利
でも
アメリカだったら
スターバックスにさえ行けば
無線LANが飛んでいるから
心配はいらなくて簡単だけど

ただ今、ドイツ、ベルリンへ
高速道路を移動中
レンタカーの助手席でWiFi飛ばして
書いています

地球の上から | 19:54 | comments(0) | trackbacks(0)

オランダのマーストリヒト

地球の上から | 02:10 | comments(0) | trackbacks(0)

ただ今 冷凍庫の街にいます
__.JPG

ドイツに来ています
デュッセルドルフの街は、キンと凍える寒さ
少し、ニューヨークの、あの冷え方に似ている
東京の方が暖かいはずなのに
東京の方がゾクゾクと寒さを感じる
どうしてかな
湿気のせいかしら
でもね
気持ちいいとか言って調子に乗ってると
気づけば、身体が冷凍されて
コチンコチンになっちゃうよ

地球の上から | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0)