バルセロナの ピンチョス
el rovell del born

「 年末の旅行で、一番おいしかったレストランは どこ? 」
michi、パリとバルセロナの旅から戻り、必ず聞かれるのが、この質問
・・・ お答えしましょう ・・・
お店の前を通りすがり、何となく、フラリと入ったレストラン
ゴシック地区 ピカソ美術館 サンタ・マリア・ダル・マル教会の近く
El Rovell del Born
ピンチョスというパンの上に色々なものを載せたタパス
フォアグラのソテー、生卵を載せたマッシュルームのソテー etc..etc・・・ゴクッ。
全てが、繊細で、日本人の舌に合う味付け
正直な所、バルセロナの食べ物は塩辛く、残念なことが多かったので、
偶然見つけた、このお店の味は、ウレシカッタねぇ
・・・ あぁ、ニューヨークにも、こんなレストランがあればいいのにな ・・・
ゆったりのんびり食べていたら、ウェイターに、荷物は棚の上に置くように注意された
「 食事に夢中になっていると、あっという間に、持って行かれてしまうよ! 」
今や治安のいいNYから来た日本人は、バルセロナでは、注意散漫この上ない

もしバルセロナに行かれることがあったら、立ち寄ってみてください
ガイドブックには載っていないけど ・・・ 載っていないから ・・・お勧めです

el rovell del born3

el rovell del born2

地球の上から バルセロナ・パリ | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0)

パリ 新しい年へ 花火
paris countdown2

パリ、2008年への、カウントダウン、
暴動が起きるから・・と、近年、パリでは、公の花火は基本的に行なわれないそうだ
凱旋門あたりに、繰り出してみた
でも、シャンパンのビンを振り回し、妙に興奮した人混みと、
警察官や、機動車の多さに恐れをなし、移動することにした

パリでは、大晦日の夕方から、元旦まで、地下鉄は、無料になる
満員の地下鉄に乗って、エッフェル塔へ

セーヌ河沿いから見た、エッフェル塔
派手ではないけれど、花火が上がった
新年と共に、エッフェル塔も、キラキラ、光り輝いた
・・・ やっぱり、花火って、いいな ・・・
花火ってさ、新しい年への、希望でウキウキした気分も、
過ぎた日々への、切ない悔恨も、全てちりばめて、光放ってくれる気がするよ

paris countdown

地球の上から バルセロナ・パリ | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0)

古典のオペラ座 現代のオペラ座
opera4

opera3

パリには、オペラ座が、二つある
1989年に誕生したモダンなバスチーユの劇場と、
1875年に完成した古典的なガルニエ
新しいバスチーユで、バレエ「くるみ割り人形」と、
オペラ「タンホイザー」
重厚なガルニエで、バレエ「パキータ」を、観た

「オペラ座の怪人」を連想させるガルニエの劇場は、
全てがホゥっと溜息が出る壮麗さ
演目のバレエも古典的で、
観劇する自分自身も中世婦人になったと錯覚(?)さえ出来る

現代的なバスチーユで観た「タンホイザー」は、
モダンな演出、舞台セットも抽象簡素
本来のストーリーでは「吟遊詩人」のタン・ホイザーが、
現代の画家に変えられた演出
最終シーンで、有名な絵画が、
目が覚めるように、壁一面に羅列されるまで、
真っ白な壁の前には、ほとんど、イーゼルが並べられているだけ
隣に座ったフランス人が
「不運なことに、今日は超モダンな演出」と嘆いていたけれど
その分、歌手の素晴らしさが際立っていたし、
アンコールでは、観客は総立ちで賞賛

こうやって、古いものと新しいものが、
しっかりと混在しているところが、「パリ」!
・・・ しかし ・・・
私は、いいものとはわかっていながら、
ぐっすりと、気持ち良く、お休みしてしまいました!

opera

opera2

地球の上から バルセロナ・パリ | 07:55 | comments(0) | trackbacks(0)

パリは、エッフェル塔 パリのかもめ
paris2

本日のパリ、雨のち曇り、時々晴れ、気温10℃前後と、暖かい

ふと、上を見上げたら、
ちんまり、カモメが羽を休めている

カモメの姿が、あんまりかわいらしかったから、
いつまでも、銅像を眺めてしまったよ

paris4


paris3

地球の上から バルセロナ・パリ | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0)

パリで、ウナギ
unagi

スペイン、バルセロナから、フランス、パリに飛んだ
空港から、うなぎの「 野田岩 」に直行
そう ・・・ あの東京の有名鰻屋が、パリには、あった!
ニューヨークには、おいしい和食は数多いが、鰻屋さんは、皆無

フンワリした鰻も、ダシの効いた肝吸いも、茶碗蒸しも、
体中、ジュワジュワ〜、細胞の隅々まで、染み渡って行くゾ ・・・
あー ・・・ 日本人で良かった ・・・
・・・ しかし ・・・
周りを見ると、多くのフランス人が、お得意さんの顔で、
おいしそうに、鰻を召し上がっていらっしゃる
う〜ん ・・・ 彼等には、この微妙な味わいがわかるんだ ・・・
おそるべし! ・・・ グルメなる、PARIS!

地球の上から バルセロナ・パリ | 23:15 | comments(1) | trackbacks(0)

ガウディ の 息吹
gaudi2

ガウディ亡くなった後も、建築が続いている「 サクラダ・ファミリア教会 」
まるで、石切り場の山のような住宅、「 カサ・ミラ 」
ディズニーランドのような、「 グエル公園 」
バルセロナの街は、ガウディの建築が、いたるところにあり、
また、ガウディに影響を受けたであろう建物が、随所に見られる
こういう建物を、朝晩いつも眺めていると、自由な感性が、ひょいと飛び出しそう

そう ・・・・ 海や山と同じ ・・・「 建築 」は「 環境 」

日本の地方は別として、都会は、目立つだけの看板だらけだったり、
あるいは同じ形をした、何の変哲もないビル群が多いかもしれないね
豊かな環境から得られる「 インスピレーション 」というものは、
地方の自然だけではなくて、都会のビルからも、大きく受けるはず

ガウディの建築を見て、バルセロナっ子が、少し、うらやましくも思えた

gaudi3

gaudi

地球の上から バルセロナ・パリ | 14:55 | comments(0) | trackbacks(0)

バスで巡る バルセロナ
bus2

スペイン、バルセロナ、街の中心のカタルーニャ広場から、二階建てバスが出ている
北ルートと南ルートに別れ、どこで乗っても降りても、自由
NYマンハッタンの、観光用二階建てバスの仕組みと似ている
( 2年前の NY便りKazukoさんの、NY旅行(前編)」より )
しかし、こちらバルセロナのバスは、うんと、親切! 
シートの前のジャックにイヤホンを差し込むと、10ヶ国語で案内してくれる
NYの場合、アメリカ人のガイドさんが、個性溢れる説明をしてくれるが、
人によっては、聞きづらいし、お国の言葉で聞くほうが、わかるに決まっている
・・・アメリカ人は、やっぱり、英語が一番と思っているからかもしれないね ・・・

暖かいとは言え、夜の二階建てバスは、楽しいけれど、さすがに、冷え込む
ブルッ!

bus

地球の上から バルセロナ・パリ | 17:12 | comments(0) | trackbacks(0)

バルセロナは、26日も、メリークリスマス
barcelona

スペインの、バルセロナにやって来た
ヨーロッパは、やっぱり路地裏の石畳が美しい
クリスマスのイルミネーションが、似合う

気温は、13度と、暖かい
そのせいか、とにかく、昼も夜も、人通りが多い
クリスマス25日も、翌日26日も、バルセロナはクリスマスだと言う
お店が休みだというのに、街中、やたら、散策する人で、溢れかえっている
しかも、うらら楽しそうで、晴れやか
それは、まるで、日本のお正月、街を歩く人に似ているナ

barcelona2

地球の上から バルセロナ・パリ | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0)