明るい アイスピック
market

あっという間の短い滞在だったが、マニラから、戻った

思い起こせば、マニラに着いてすぐには、
ホテルでも、ショッピングセンターでも、
バッグの中身やボディもチェックをされて、
犬を連れての警備など、治安の悪さを、意識させられた
「 もし、道でバッグをとられそうになったら、すぐに渡してください
声をあげて騒いだりしたら、アイスピックで刺されますからね 」
「 実際、弾が出る模造銃が、簡単に入る土地柄ですから 」
「 物乞いの子供も、アイスピックを隠し持っている時があります 」
え? アイスピック? 銃?
こわいよ! 気をつけなきゃ!
ニューヨークでは感じることのなかった「身の危険」!

しかし、治安のいい場所だけで、行動したせいか、
幸運なことに、危険な目に合うことはなかった

朝市も、裕福な家が利用する市場を選んで、連れて行ってもらった
豚や、牛の丸焼きには、一瞬、ひるんだものの、
モノの豊富さ、活気、安さには、ワクワクと、気分が高揚!
デパ地下のように、味見をして回ると、ウワ、おいしいよ!
実際、フィリピン料理というのは、
確かにエスニック料理だけど、辛さが、全くない
スープも、トムヤンクンのヒリヒリを抜かした感じだ
塩気も、おさえられていて、日本人の舌に合うんだね

そして、何と言っても、人なつこい人柄には、まいる
愛嬌のある笑顔
一生懸命に働く人達
そう言えば、世界中に、フィリピン人は、働きに出ているね
船のクルーズスタッフは、どこだって、フィリピン人が一番多いし
ヨーロッパもアメリカも日本も、フィリピン人のメイドさんだらけ
本来持っている大らかさが、世界中の人に愛されるのかしら

この国の経済の悪さが、あの愛くるしい笑顔に
アイスピックを持たせてしまうのかな
経済さえ前向きになって行けば、働き者のこの国は
他では見られない、目を見張る、明るい発展になることだろうに
・・・ しかし ・・・この、世界情勢 ・・・
当分、アイスピックは、手放せないのだろうか

market

market

market

フィリピン | 17:22 | comments(1) | trackbacks(0)

ジャングルの奥 温泉
hotspring

hot

マニラから、車で3時間 Hidden Valleyという秘境温泉に来た
途中の、フィリピンの田舎の風景は、心和む
鶏も、牛も、馬も、犬も、放し飼いに、自由に闊歩しているんだ

温泉は、ジャングルの中にある
と、言っても、15分ほど歩けば、いくつかの温泉が、すぐに点在
ジャングルの奥には、滝が流れ、聳え立つ樹木は、300歳だと言う
大きな根っこに囲まれた穴には、
戦時中、フィリピンの兵隊も、日本兵も逃げ込んだそうだ
300年の、この国の歴史を、抱え込んだ大木だ

温泉は、日本人にとっては、ほっとし、気持ちがいいね
ただ、やって来ていた観光客は、全て、韓国人
どうも、今や、韓国では、フィリピンツアーが、人気らしい
子供のように、湯船にダイビングするおじさんのツアー
あちらこちらで、記念写真を撮りまくる女性のツアー
食事では、全てのテーブルでキムチと岩のりを出して、
いっぺんに、周辺が、キムチの匂いで、韓国のよう
ちょっと傍若無人だけど、明るいパワーは、
フィリピンという国の、「東洋のラテン気質」に合うのかもしれないね
・・・でも・・・
温泉浸かりながらも、
エネルギーに圧倒されて、ちょっぴり、肩身が狭かったよ

hotspring

hotspring

フィリピン | 18:45 | comments(1) | trackbacks(0)

夜の街 マニラ
philippine

ニューヨークで知り合った方が、赴任された縁で
フィリピンにやって来た
私にとって、初めての訪問だ

昼間は、スモッグで薄汚れているように見えたけど、
夜になったら、急に、眩い明かりと熱気に包まれ、
華やかで、能天気なゲイのショーもあり
まさに、「夜の街」と化した

philippine

フィリピン | 09:17 | comments(0) | trackbacks(0)