小ちゃいラグビー 大きな台風

 

台風19号の被害に遭ってらっしゃる方へ

深く深くお見舞い申し上げます

 

私の郷里、三重県伊勢市の

水に溢れた映像は、心痛みました

なんとか、全国の

辛い思いをなさっている方にとって

少しでも、安らかな日が戻りますように

希望の光が届きますように・・・

 

そんな中

ラグビー日本代表が

ベスト8に進んだことは

多くの人が

勇気づけられることに

でも

勝って高揚しているはずの選手が

トンプソン選手が

被災された方を思いはかり

勝ったラグビーのことを

次のように、コメントしました

「 ラグビーは、小ちゃいこと 」

本当は

彼らにとって、ラグビーは小さくない

最大級に大きなこと

彼らも、何百日もの苦しい合宿を

耐え抜き、努力に努力を重ね

あらゆるものを犠牲にし

勝利を迎え、決勝トーナメントに

進んだんだもの

でも

被災されたことのことを思うからこそ

「 ラグビーは、小ちゃいこと 」

 

この言葉で

どれほどの人の心が救われたことだろう

トンプソン選手が、そう言った途端

思わず、私

「 ありがとう 」って呟いていた

勝ってくれて、ありがとう

小ちゃいって言ってくれて、ありがとう

この言葉で

今の日本での

ラグビーの存在は

一層大きくなったと思う

 

サッカーファンだから

ラグビーにあまり馴染めなかった私も

夢中にさせてくれるね

 

今夜の、サッカー日本代表W杯2次予選も

もちろん応援するけれど

日曜日のラグビー南ア戦

大きな声で、必死に応援するさ

サッカー | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0)

もう少しだけ、久保君と呼ばせて

IMG_4694 (1).jpg

 

スクリーンショット 2019-06-15 11.53.02.jpg

 

スクリーンショット 2019-06-15 11.54.07.jpg

 

もう1週間経ってしまった

サッカー日本代表の試合を観るために

宮城スタジアムまで、行った

 

わざわざ、行って良かった

18歳になったばかりの

久保建英君の、代表デビュー戦を

生で、目撃できた

 

そして、久保君

何と、何と! スペインの強豪

レアル・マドリードの移籍が決まった

あのレアルだよ

世界一のレアルよ!

「うっそ〜〜〜!」

と、叫びたくなるほどの、夢のチームよ

と、言っても

ご存知のように

久保君は、同じように

世界一と思われるバルセロナFCで

小学生の時に育成されている

あの時も

バルセロナに行く小学生がいると知って

「うっそ〜〜〜!」

と、叫んだ私だった

 

宮城スタジアム

テレビで写っていない場所でも

その凄さを、

観客の全てが感じたと思う

パスの速さ、正確さ

そして、終始、首を振っている

首を振って、周囲の情報を得ているのだ

テレビ画面でも、その姿はわかっていたけれど

実際、目の前の首振りの多さに驚いた

 

久保君の凄さは

その喋りにもある

スポーツ選手は、まず最初に

「え〜」「あ〜」とか「そうですね〜」

という言葉を入れて

インタビューを受ける

しかし、久保君には、ほとんどない

パキパキと本題に入り

極めて簡潔にわかりやすく

周りを気遣いながら、早口で答える

 

10歳の頃、バルセロナに向かう空港でも

小さな男の子だった久保君

やはり、しっかりと答えていた

「ドキドキしています。

でも何も始まっていないので」

確かに、何も始まっていないのに

大人達の期待が寄せられていた

 

・・・何も始まっていない・・・

久保君は

すでにFC東京と言うチームで活躍し

Jリーグに爪痕を残している

でも、世界で見たら

あの10歳の頃と同じように

まだ、何も始まっていないのかもしれない

 

今日から

ブラジルで開催されているコバアメリカ

そこで、活躍してもらえますように

でも、お願いだから

怪我だけはしないように

怪我によって

溢れる才能を潰してきたサッカー選手は

数多のごとく

 

レアル・マドリードには

同じく下部組織に

15歳の中井卓大もいる

「 私が生きてる間に、W杯で優勝して!」

なんて、夢物語を叫んでいたけれど

彼等が、W杯に出る頃には

ほんの少し

夢の文字が消えてるかもしれない

 

久保君は「久保君」と呼ばれるのが

好きじゃないらしい

でもね、まだ18歳になったばかり

世界で認められるようになるまで

おばちゃんは、久保君って呼ぶよ

久保君の間は

色んな失敗を経験していいんだから

でも、何度も言うけど

怪我だけは、何とか避けて

怪我をしても

すぐに治る身体を作って

日本中のサッカーファンの

気持ち

 

久保君、新しい天地で、頑張れ

これから、久保伝説は、始まるのだから

 

スクリーンショット 2019-06-15 11.51.21.jpg

 

サッカー | 12:26 | comments(2) | trackbacks(0)

選手達、ゆっくり、お休み

アジア杯

現地カタールに応援に行っていた友人が

試合に負けた後

ホテルへ戻って来た代表選手達を

撮影した動画を紹介します

 

黙々と歩く彼らの姿見て

何だか、涙出て来た

色んな思いが

それぞれの中で

マグマのように

噴出しているのだろう

 

うん

頑張るよ、きっと

未来に向けて、頑張って行く

だから

今夜は、ゆっくりお休み

 

サッカー | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0)

サッカーの新時代の幕開けは・・・

アジア杯

敗戦

準優勝か・・・

 

でも、しかし

若いメンバーで

今、負けることが必要だったんだよ

何と言っても

2022年の、カタールW杯に向けて

悔しさのバネを

強固にしていかなければならないんだから

ビュ〜〜ンと跳ねるために

今は、負けた

それだけよ

うん

サッカー | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0)

サッカー新未来のお宝

IMG_6464 (1).jpg

 

上の写真に、ぼんやり写っているのは

サッカー日本代表、森保一監督

一昨年のヨーロッパ遠征の観戦に行った時

ベルギー戦の観戦席で自撮りしていたら

たまたま、後ろで立ってご挨拶してらしたのが

写り込んでしまっていた

色んな方に、腰低く挨拶していらして

いい人感が、漂っていらした

こちらまで温かい気持ちになる

いい方なんだろうな・・・

 

さあ〜〜!

いよいよ、今夜は決戦 アジア杯決勝戦

 

4年前のオーストラリアでのアジア杯

現地に行っていたのに

目の前で、負けてしまった

香川君がPKを決められなかった時

なんだか、

足元がグラグラしてしまったのを覚えている

(15/1/28 「無駄になった?アジア杯チケット)

 

そして

今年のアジア杯は

リベンジするかのように

粘り強く勝ち進んで来ている

 

私のお宝の写真を紹介する

 

堂安律君の写真

ご存知、今の日本代表に欠かせない一人

冒頭の同じ時期のヨーロッパ遠征

別の、ブラジルとの試合を観戦した時

フランスのリールのスタジアムの観戦席

近くの席に座っていた堂安君を見つけた

でも、誰にも気づかれていない

 

思い切って近づく

「 堂安君ですか?」

「 はい、そうですよ 」

「 写真、撮らせてもらえます?」

「 はい、いいですよ 」

彼は、何の躊躇もなく

スックと立ち上がってくれた

パシャリ!

「 ありがとう!」

「 え? 俺だけ?」

堂安君が、不思議そうな顔をした

あ、そうか、

普通は、一緒に撮ってもらうんだ

ぶっきらぼうだったけど

何だか、優しい思いが感じられて

おばちゃんは、慌てて夫にカメラを渡し

ツーショットで、撮影してもらった

 

言葉は少ないけれど

そのパキパキ、とか、サクサク、とか

音が聞こえて来そうな

さっぱり、でも、どっしりの話し方が

19歳の年齢とは思えない姿で

驚いたことを覚えている

すっかり、その佇まいに、ファンになった私

 

今夜のアジア杯

来年のオリンピック

2022年のW杯

サッカーの未来は、まだまだ続く

おばちゃんは、ホント、応援してるからね

お宝写真だけではなくて

「日本の宝」になりますように

頑張れ!

 

IMG_5453.jpg

 

IMG_5452.jpg

 

サッカー | 20:51 | comments(2) | trackbacks(0)

勝たせてあげたかったな、クロアチア

 

 

 

1ヶ月以上に渡り繰り広げられた

サッカーロシアW杯

終わった

これで

フラフラになっていた寝不足の毎日も

終わり

4年後のカタールW杯に向けて

新たな、始まり

 

決勝戦は

フランスとクロアチア

小さな国、クロアチアには

勝たせてあげたかった

 

13年ほど前

クロアチアのドブロクニクに行ったことがある

アドリア海の真珠と呼ばれ

息をのむほど美しい港町

「魔女の宅急便」のモデルにもなった街

内戦で荒れたであろう国なのに

驚くほど美しく、のどかで

街で会う全ての人が

(猫ちゃんでさえ)

品格があった

 

サッカーのクロアチア代表も、そう

色んな苦難を知りながらも

凛とした佇まいで

でも、必死に走り、粘り強く諦めない

そんなクロアチアのチームに

少し日本代表も似ていて

応援したのかもしれない

でも、日本代表の技術は

クロアチアには、まだ及ばないけれど

 

日本代表は、ベスト16で終わった

でも次に繋がったね

良かった

 

それに・・・

まあ、これは、

私の勝手な思いで

変な考え方だったら申し訳ないけど

もし次のステップに行っていたら

西日本豪雨災害の時期にぶつかっただろうから

日本中が、歓喜なんてとんでもない

日本代表の応援どころではなかった

もしかしたら

神様が、日本人全体は

今、何を感じなければいけないか

何をしなければいけないのか

示してくださったのかもしれない

 

4年後は

今回被害に遭われた方達も

4年前のW杯の時期は、真底大変だったね

でも、今回のカタールW杯は

最後まで楽しもうよ

と、言ってもらえるよう

日本中で、支えなくてはいけないね

 

だから、4年後の日本は

もっともっと勝たせてあげたいんだ

 

 

 

サッカー | 15:55 | comments(1) | trackbacks(0)

今日は、輝かしいスタートの日だよ

 

ロシアW杯、日本の試合がある日

近所をお散歩するワンコのマルちゃんは

いつも、日本代表のユニフォームを着せられる

そうすれば

日本が負けないからと言っていた

 

私の縁起担ぎは、このTシャツ

3年前のアジアカップ

開催地オーストラリアで買い求めたTシャツ

日本が負けるわけないじゃない、と思っていたのに

UAEに負けて、敗退

それからずっと

縁起が悪い気がして、着られなかった

でも

思い切って

今回のW杯の予選リーグの日

そっと、手を通してみた

アジアの頂点ではなく

世界の頂点になるために

挑戦するかのような、強い気持ちだった

コロンビア戦との初戦、着てみたら、勝った

セネガル戦、着てみたら、引き分けだった

ポーランド戦、着てみたら、負けたけど

決勝トーナメントに進出した

 

こうやって

日本全国のみんなが

何らかの、験担ぎをして、その日を迎えた

日本全国のみんなが

眠い目をこすり、観戦した

日本全国のみんなが

日本の2点先制に大声をあげ、狂喜乱舞し

夢を見た

 

アディショナルタイムに失点

試合終了

 

悔しい

でも

清々しい

Tシャツを着たことも後悔しない

 

こんなに安心できる日本チーム

強豪と対等に戦った日本チームを

逞しい日本チームを

しばらく見ていなかったと思う

ある意味

こんなに統率感のとれたチームは

初めて見た

 

「何の差か」

と、聞かれたら

歴史の差

日本サッカーと、世界のサッカーの歴史

でも、そろそろ

その差も、縮み出しているよ、きっと

 

さあ!

ここからがスタート

4年後に向けて、スタート

4年前に比べたら

うんと素晴らしいスタートを切った

4年後のカタールW杯に向けて

こんなに輝かしいスタートはない

と、私は思う

 

サッカーファンで良かった

ワクワクが止まらなかった

ありがとうだよ

幸せな時間

眠い朝

サッカー | 08:07 | comments(4) | trackbacks(0)

これがサッカー、これが勝負、これが大人

 

最終戦

ポーランドには負けたけど

決勝トーナメント進出!

 

マンションのロビーに置かれた七夕飾り

W杯が始まり、短冊に願いを書いた私

「 ロシアサッカーW杯

日本代表、決勝トーナメント進出!!!」

よし!

願いが叶った!

 

でも

「 ポーランドに勝ちますように!」

と言う短冊も

ぶら下げておけば良かったのかな・・・

 

でもさ

これがサッカー

これが勝負

こんなことも経験して

日本のサッカー文化も成熟し

サッカー大国になっていくのよ

きっと

 

何よりも

また応援できる

次の試合も楽しめるよ

良かった!

次の試合は、思いっきり戦ってくれ!

 

決勝トーナメント進出

おめでとう!

 

ちょっと、日本中が

サッカーの大人になった気分

 

サッカー | 01:06 | comments(1) | trackbacks(0)

陽が昇って来た、日本代表!

泣けたよ、鳥肌たったよ!

コロンビア戦に勝った

 

先制した時は

4年前の

負けたコートジボアール戦と同じと案じ

相手チームより数的有利になった時は

4年前の

引き分けてしまったギリシャ戦だと心配し

アディショナルタイムが5分もあった時は

最後の最後に入れられるんじゃないかと

身体中が力入り、痛くなった

 

4年前のあの日

はるばる応援に行った

あの

遠い遠いブラジルの、クイアバで流した涙

リベンジしてくれたよ!

 

陽が昇り始めた

サッカー | 23:17 | comments(3) | trackbacks(0)

今年は、夜明け前かな

 

いよいよ

ロシアW杯

6月、7月は、W杯月間

日本にとっては、6月19日から28日まで

(もっと長くなるかも? だといいね〜)

 

もういい

応援するしかない

 

腹くくりました、私!

日本サッカーを支えるのは、私達!

 

眠い目を擦りながら

真夜中のスイス戦を観ながら

「何で、私、サッカー応援しているのかな」

と、思ってしまった私

でも、気づいたの

いいのいいの

この後は、上がるしかないんだもの

今年のロシアW杯は、スタートに過ぎない

新生サッカーのスタート

いや

スタートの直前

まだ暗い、夜明け前

ロシアの後は

カタールW杯もある

その次も

その次も

 

とにかく

私が、生きている間に

「あ〜、サッカーファンで良かったねえ〜」

「あの時、サッカーファンを辞めなくてよかったね〜」

と、思える日を迎えるためにも

その日のために

応援することにした

うん

全力で

 

19日の初戦

テレビの前で、思いっきり、拳振り上げ

大声で、チャント歌うぞ!

バボ、ニッポン!

が、ん、ば、れ

 

サッカー | 12:58 | comments(1) | trackbacks(0)