ようやく、ようやく、走れるよ!

手術の日、チラチラ、雪が降っていたね

 

とても不安そうなカレンちゃんだったね

 

本日

カレンちゃん

「完治」との診察結果が出ました

ジャンプも、走ることも

もういいよ、走っていいよと

お許しが出たのです!

 

長かった〜!

雪がちらつく2月2日

前十字靭帯断裂で、後ろ両足の手術

その4日後には退院

それから、ずっと見守り

術後1週間

私達は、リビングのソファで仮眠をとり

ようやくベッドで寝るようになっても

そばから離れず

家の中に、ずっといた私

でも舞台の稽古の時だけ

夫に見守りを頼み

外出が出来た

 

雪の街だったのに

いつの間にか、ピンク色の梅が咲き

あっという間に、満開の桜で染められ

ふと気づくと

若葉と花水木の春になり

初夏の香りさえ運んで

季節は、猛烈な勢いで進んでしまった

でも、長かった〜

 

お医者様の許可が出て

リビングのソファの周りを囲っていたサークルを

全部取り除いた

ジャンプをしてはいけないから

私達が座る高いソファを

サークルで閉じていた

だから、私達は大きくサークル跨いで

ソファに座らなければいけなかったから

股関節、痛くなっちゃったよ

 

早速、原っぱに連れて行き

走らせてみた

カレンちゃん、ワンワンワンと嬉しそう

今まで

一緒に遊べなかったセリーナも

嬉しくてたまらない

 

これからは

セリーナとのプロレスもOKだよ

お待たせしたね

 

ようやく我が家にも

遅い春が

到着したよ!

 

セリーナと一緒に、走ってみた

 

嬉しい!

カレンとセリーナ | 15:37 | comments(1) | trackbacks(0)

軟禁されてたら、いつの間にやら、春!

 

そう

大げさでも何でもなく

軟禁状態

 

我が愛犬、カレンちゃん

2月2日に前十字靭帯断裂の手術をした後は

カレンは、外に出られず

サークルの中で、動かないよう見張られて

正に、軟禁状態

 

しかし

再手術の可能性も、と言われていたが

レントゲン検査の結果

何とか、無事

再手術はしなくてもいいですよ、との診断が!

ああ〜、良かった!

あの、悪夢のような手術直後の夜を

もう一度過ごすことは、免れたんだ!

最初からやり直しにならなくて

ホント、泣きそうなくらい、嬉しいよ

ほ〜〜〜っ・・・!

一生懸命、昼夜を問わず

毎日、動かさないよう、側で見守り

食事も気をつけ、カルシウムとコラーゲンも

摂らせたからかしら

やった〜!

 

でも、しかし

まだ2週間は、安静が必要とのこと

ただ、筋肉が落ちないように

10分以内の

「静かな」お散歩ならしてもいいですよ

とのこと

え? ええ???

「静かな」・・・お散歩?

それは、無理無理無理!

 

セリーナが産まれてから

それまで大人しく優等生だったカレンは

見知らぬ強面なワンコに出会うと

娘を守るためかワンワンと興奮するようになり

全面ヘルメットの強盗でもしそうなバイクには

弾丸を撃つかのように、吠える

この3月8日で、6歳になったカレンは

お年寄りの犬ではない

まだまだ若くて元気なんだもの

ご機嫌良い日には

セリーナと、プロレスだってしそうな勢いよ!

「静かに」歩くなんて、出来るわけな〜い!

 

もちろん

私一人で、カレンとセリーナのお散歩は無理

 

それなのに、家族が出張になってしまい

4日間も、一人で世話をすることになってしまった

元気一杯のセリーナは、お散歩なしでは

欲求不満になってしまう

ワンコ友達に

お散歩に連れ出してもらうようお願いした

そして、その間の、わずかな時間

ほんの少しだけ

外の空気を吸うために

カートで、カレンを外へ連れ出す

でも一瞬、近所だから、空気だけ

外の様子なんて、わからない

 

そう

軟禁状態なのは

カレンだけでない

私も、そう

ずっと、ずっと、ずっと、家の中

(仕事の時は、夫に交代頼むから大袈裟か?

いや、やっぱり、ほとんど家の中よ、私)

 

ようやく出張から戻った夫と

でも、久しぶりに

青山墓地へ散歩に出た

いつの間にやら

梅が満開に

あらら、いつの間にやら、春!

なんて、可愛らしい!

なんて、美しい!

春なのよ!

春よ、春〜〜〜!

 

 

しかしながら

まだ、この軟禁状態

後、2週間は必要

でも、今まで、1ヶ月以上も頑張ったんだもの

あと、「たったの」2週間

2週間だけ、軟禁状態

2週間だけの、我慢

そう

その頃は、桜だね

桜が、街に咲き始めるはず

 

カレンちゃん

セリーナちゃん

何だか、こんなに大変になるなんて

わたしゃ、夢にも思ってもなかったけど

後、少しだよ

さ!

がんばろ!

 

待ってろよ、春!

 

 

カレンとセリーナ | 14:14 | comments(3) | trackbacks(0)

カレンちゃんの介護は、ありがたいよ

 

 

カレンちゃん

後ろ両足、前十字靭帯断裂の大手術

無事、成功!

4日間入院し、ようやく退院となった日

私は、思いっきりカレンを抱きしめ

セリーナは、大喜び

カレンの身体中の匂いを

確かめるように、何度も何度も嗅いだ

 

でも

家に戻ってきたカレンちゃん

いつものカレンちゃんとは

人(?)が変わったよう

お利口さんのカレンではない

傷口を舐めないための、エリザベスカラーは

大暴れして、受け付けず

お風呂場に敷いているペットシートでは

おトイレを、しなくなってしまった

16時間も、トイレをしないので

夫と二人で

カレンをカートに乗せて

公園まで行き、用を済まさせる

 

仕方ないね

よっぽど辛かったのだろう

痛かったのだろう

病院の狭いケージは嫌だったのだろう

だって、カレンちゃん

意味がわからないもの

「 何で、何で、

アタチ、こんな目に合わなきゃいけないの?」

そう言っているかのように

怒りの目で、私を見る

 

言葉が通じないというのは、情けない

エリザベスカラーだって

「 傷口を舐めると

炎症を起こしてしまうから、厳禁よ!」

って、説明できたら

頭に付けて、舐めるのを予防する必要はない

プラスティックのエリザベスカラーは

硬すぎて嫌なのだろうと

柔らかなエリザベスカラーを探して

お花のように可愛らしく付けてみた

しかし

カレンちゃんは、お鼻が長い

工夫して、後ろ足に届いてしまい

舐めてしまうこともある

 

もう一度

「 お願いだから!いい子だから!」と

プラスティックのエリザベスカラーをつけ直した

大暴れの、大パニック

押さえ込まれて

カレンちゃん、やがて、諦めた

でも、私を見る目は、やっぱり、恨めしそう

 

カレンちゃんを見守るために

リビングのソファで

私達も寝ることにしたけれど

カレンの様子が気になり、心配で

寝不足の毎日

頭は、フラフラ状態

1日のうち、何度もカートに乗せ

時には、冷える夜中にも

公園へ連れて行く

カレンは、その時だけは

エリザベスカラーを取ってもらうから

カートの中で、ちょっとお姫様気分

ただ

やっぱり、大人は、ちょっと、大変よ

 

でもね

日々

少しずつ、目に光が出てきたカレンちゃん

これから、良くなって行くんだ

足の傷は治って、走り回れる

そんな未来があるのは

本当に、ありがたい

幸せだよ

 

前の愛犬

ジェシカの晩年は

利尿剤を使っていたから

住んでいたNYのアパートの48階から

1時間とか2時間おきに

地上に降りて、トイレをさせていたっけ

あの時

ジェシカちゃんに

出来るだけのことしてあげたかった

でもね

近い将来、天国に召されるであろう悲壮感は

心の隅にあったかもしれない

48階に上がるエレベーターの中で

ジェシカの頭を撫でながら

何度も、ワンワンと私、泣いてたもの

でも、カレンちゃんは

これから、良くなるしかない

だから

私達、フラフラになっても、平気

寝不足でも

外に出られなくても、平気

 

一方

いつもカレンと一緒に

走り回っていたお転婆娘のセリーナ

別々のお散歩をして

運動はさせているけれど

いつもより、わがままを言わない

カレンのそばに来たいのに

グッと我慢をしている

たまたま、カレンの寝ているサークルに入った時は

「 だめでしょ! 外に出て!」

と言うと、慌ててサークルの外に出て

カレンちゃんの様子を、そっと見ている

セリーナちゃん

あなたが、こんなにお利口さんだったなんて

知らなかったよ

 

カレンちゃん

来週には、抜糸をしてもらうから

エリザベスカラーともお別れよ

セリーナちゃん

そしたら、少しずつ少しずつ

カレンちゃんは、良くなるからね

何ヶ月か先には

きっと一緒にまた走って、取っ組み合いもできるから

もう少し

待っててね

 

 

 

 

 

カレンとセリーナ | 13:20 | comments(2) | trackbacks(0)

前十字靭帯断裂

 

 

大雪の降った東京だったね!

 

何年かに、いっぺんあるかないかの大雪!

我が家の愛犬、カレンとセリーナは、狂喜乱舞だよ!

何十センチも積もった雪を

ズボッズボッと

でも軽やかに、ピョンピョンと

まるで、ウサギが高く飛び跳ねるかのように

雪を体じゅうに絡み付けながら、遊びまくる!

 

きっと、久しぶりに雪が積もった地域では

雪まみれになって遊び、疲れ果てた子供達と、

ワンコだらけだったはず

ヘトヘトに喜ぶ、その子達の姿に

呆れながらも、

なんだか、幸せな気持ちで胸が満杯になった、

お父さんとお母さんが、

全国に、沢山いるはず

 

でも、カレンちゃん

雪遊びの後、

時々、痛がっていた後ろ足の状態が良くなさそう

「 お遊びが過ぎましたね、カレンちゃん!」

実は、3ヶ月くらい前から、時々痛がっていたけど

念のため、お医者様に連れて行った

「 前十字靭帯断裂です 」

え〜〜〜!

よく、サッカー選手が痛める前十字靭帯

今回、お相撲で優勝した栃ノ心もそうだった

カレンちゃん

3ヶ月前から、断裂していたなんて!

ごめん、ごめんね!

もっと早くに

お医者様に連れて行ってあげれば良かった・・・

 

でも、この病気の特徴は

見た目、良くなったりすることもあり

診断が遅れることになるらしい

とにかく、手術が必要

その上

悪い後ろの右足以外

左足も悪くなりかけているとのこと

右足の手術が終わった後

やがて、左足もすることになるだろう、と

そんな!

病院に入院して、痛い思いして手術して、退院して

動けなくて、やっと動けるようになったら

また片方の足の手術だなんて

可哀想だよ!

可哀想すぎる!

「 先生、両足いっぺんに手術できないんですか?」

思い切って、聞いた

先生は、即座に

「 僕の犬だったら、両足、いっぺんにします!」

 

カレンちゃん

前十字靭帯断裂の手術

後ろ足、両足

来週、執刀していただくことになった

 

どうぞ、カレンちゃん、頑張って

そして

カレンちゃんがいない間

生まれ落ちたたその瞬間から、

いっ時たりとも離れたことのない、

娘のセリーナも

寂しいけど、ガンバロ!

 

神様

カレンの手術が

どうぞ、無事、成功しますように!

 

カレンちゃん、頑張って

 

セリーナちゃんも、がんばろ!

カレンとセリーナ | 15:42 | comments(2) | trackbacks(0)

11月5日 天高く 秋晴れ

 

 

ですねえ

 

外苑の銀杏並木も

近所の公園のイチョウも

色づいてきました

例年より早い!

いつも、美しい黄葉になるのは

12月に入ってからだったのに

今年は、寒い日が続いたからなのかな

 

カレンとセリーナを連れて

ドギーアイランドとか言う

ワンコの広大な遊び場に行って来ました

 

セリーナの喜びようと言ったら

黒いラブラドールとか

ビーグル犬とか

カレンと色合いが似たシェルティとか

色んなワンコと走り競争し

池には、バシャバシャと入ったり

飛び上がり、跳ね回り

 

一方

カレンは

沢山のワンコに驚いて

セリーナが走り回るのを横目で見ながら

固まってしまったように

ただ、ワンワンと吠えるだけ

心を、閉ざしてしまいました

 

うん

うんうん

ちょっと

わかるよ、その気持ち

カレンちゃんを見ていると

幼い頃の自分に、少し似ている

 

幼い頃の私なんて、もう遠い遠い大昔

 

てな訳で

本日は、私の誕生日!

プレゼントは

カレンとセリーナの嬉しそうな顔

ま、カレンちゃんは、ちょっと不服でしょうけど

 

 

 

 

カレンとセリーナ | 13:26 | comments(3) | trackbacks(0)

セリーナの誕生日 ニホンカモシカ

生まれて2週間目のセリーナ

 

IMG_3444.jpg

生まれて、2年目のセリーナ

 

IMG_7602.jpg

晩御飯のチキンを取り分けてもらうのを、じっと待つ2匹のお嬢様

 

IMG_3649.jpg

バシャバシャ水遊びは、大好き!

 

IMG_3776.jpg

高原を駆け回るカレンとセリーナ

 

愛犬セリーナが、2歳の誕生日を迎えた

 

2年前の夏

我が家で産まれたセリーナ

お母さんのカレンは

死産の男の子の後

もがき、血まみれになりながら、

セリーナを産み落とした

カレンも、赤ちゃんセリーナも

手伝う私たちも

苦しくて、ボロボロになった

一つの命がこの世に生まれることの重さを

あらためて、骨の髄まで感じた夏

2015年7月のブログをご覧ください)

 

その誕生日のお祝いで

てか

大人もワンコも

東京の酷暑から逃れるために

ほんの少しだけど、軽井沢に出かけた

 

友人達の別荘でバーベキューをしたり

滝のある山をトレッキングしたり

カレンもセリーナも

まるで、クルクルコロコロ、踊るかのように

喜んで、ピョンピョン、走り回った

本当に

人というのは

誰かを喜ばせるために

幸せにするために

生きているのだな、と思う

そんな幸せを感じさせてくれる

カレンとセリーナに、感謝だ

 

「あぁ〜、幸せぇ〜〜〜」

丘の上にある友人の別荘のベランダで

幸せを満喫していたら

突然

目の前に動物が現れた

ワァ!

日本カモシカか!

じっとこちらを見ている

何か、ご用?

どうしたの?

何かを、訴えるかのような目

歩き出したら

あ・・・後ろ足がない!

3本の足で、歩いている

 

すぐにどこかに行ってしまったけれど

じっとこちらを見る目を

忘れることができなかった

あの子は、いつ頃生まれたんだろう

お母さんは、いるのかな

子供はいるのかな

 

友人がNPO法人に問い合わせてくれた

イノシシ駆除のワナにかかり

脱出した時に、後脚を失ったのではないか

でも

どうすることも出来ないだろうとのこと

 

生きるというのは

本当に、苦しく辛いこと

でも、いっぱい幸せもある

あのニホンカモシカも

足は失ったのかもしれないけれど

きっと楽しいこと、嬉しいこと

いっぱいあるよね

そう、自分に言い聞かせた

 

どうぞ軽井沢の方

車を走らせる時

ニホンカモシカが出てくるかもしれないから

少しだけ、気をつけて、運転してくださいね

彼?彼女?のこと

私達は見守るしかできないけれど

一生懸命生きていてくれると思うと

みんな、幸せな気持ちになるはずだから

 

IMG_7731.jpg

 

3本足で、頑張って歩くニホンカモシカ

カレンとセリーナ | 13:31 | comments(2) | trackbacks(0)

エネルギー満タンのワンコ達!

IMG_2053.jpg

 

IMG_1976.jpg

 

linecamera_shareimage.jpg

 

そろそろ桜も散り始める季節

 

春になったせいなのか

お散歩で、色んな子犬に出会う

ボーダーコリーの、クマちゃんとか

ラブラドールの、スミレちゃんとか

どんな子犬に会っても

食べちゃいたいくらい、かわいい〜

エネルギー満杯パンパンの体から

何かが、じわ〜と伝わって来る

 

母kazukoさんの施設でも、お花見

カレンとセリーナも、特別参加させていただく

一人のおばあちゃまが、おっしゃった

「 わ〜、生きる力、いただくわ〜

ありがたいね〜 」

いやいや、ありがたいのは、こちらです

いつも、皆様が優しく接してくださって

カレンもセリーナも

皆様の老人ホームが、大好き

でも

ホントだね

kazukoさんも

カレンとセリーナから

生きる力、もらってるんだろうな

 

ワンコとか、ニャンコってさ

人間が生きるエネルギーの素?

なのかもしれないね

 

小さな頃の、カレンとセリーナの写真を

取り出してみた

きゃぁ〜、やっぱ、超かわいい〜!

え?

いやいや、今だって可愛いよ

はい、カレンちゃん、セリーナちゃん!

 

IMG_2051 (1).jpg

 

IMG_0470.jpg

カレンちゃん

 

P1080537.jpg

セリーナちゃん

カレンとセリーナ | 14:16 | comments(3) | trackbacks(0)

青山の、ポニー


な、な、なんと!
青山公園に、大きな犬が現れた!
と、思ったら
いや、犬じゃない!
馬、ウマ、ポニーよ!

「どこからいらしたんですか?」
ドキドキしながら伺ったら
「南青山◯丁目です」って!
20歳のポニーちゃん
青山で、20年も飼ってらしたのか・・・
長い長い20年
きっと
色んなことがおありだったんだろうな
とてつもない「家族の歴史」なんだろうな

カレン、セリーナも興味津々!
特にセリーナちゃん
ポニーから離れなくて、困ったよ!
「また、今度会えばいいから、帰ろ」
セリーナのリードを
強く引っ張って帰って来たけど
またいつか、会える日があるんだろうか・・・



カレンとセリーナ | 12:45 | comments(3) | trackbacks(0)

カレン、セリーナと共にMCSM!初笑い!

あけましておめでとうございます!

 

お祝いの動画をお届けします!

12月初めに自撮りしたので

ちょっと、今ではもう

見飽きている方もいらっしゃるかもしれませんが

ちょっと覗いて、笑っていただけたら

最高に、嬉しい!

 

今年も、守りに入らず

精力的に前に進む決意です

 

どうぞ、よろしくお願いいたします!

 

カレンとセリーナ | 02:09 | comments(6) | trackbacks(0)

黒と白 ねこなで声と、極道の女

P1090250.jpg

 

P1090257.jpg

 

P1090204.jpg

 

舞台の稽古に入る前

カレンとセリーナを連れて、避暑地を訪れた

 

写真に撮ると、カレンは明るいグレー

セリーナは真っ黒に見えて

正に、「黒と白」

露出が違うから、撮影は、結構、難しい

 

お食事の時には

カレンは、大人しく待っているけれど

セリーナは、「頂戴!」とテーブルに手をかける

やれやれ、ヤンチャ娘のセリーナ!

 

水に濡れること、カレンは不得意だけど

浅い用水だったから

思いっきり、走り回って、クタクタになるまで遊んだ

水大好き、エネルギー無尽蔵のセリーナは

もちろん、言うまでもない

 

それにしても、下の動画

私の、カレンセリーナへの猫なで声

打って変わって、叱る時は、舌を巻いて「こら!」

公園では、犬友の皆さんに、いつも驚かれるけど

ま、この動画は、たいしたことはないかも

いつもは、もっとドスきいた、極道の女風だもの

 

カレンちゃん、セリーナちゃん

舞台が終わったら

また、どこか、遊びに行こうね

それまで、ちょっと我慢して、待っててね〜

(・・・と、猫なで声で、言ってみた)

 

P1090198.jpg

 

P1090202.jpg

 

P1090205.jpg

 

 

カレンとセリーナ | 15:40 | comments(3) | trackbacks(0)