本番、帽子落としちゃった!

 

 

無事、ジャズダンスの研究発表会が終わった

 

たった2日間の本番

たった2曲

あっという間だった

でもね

それまでの道のりは

とてつもなく、長い気がしたよ

 

私自身、プライベートで親友が倒れたり

母の緊急手術などがあったから

長く感じたのかな

 

また、プロの舞台ではないから

その練習量が、半端なく多かった

何度も何度も何度も、反復練習

2ヶ月半、みっちりと

恐らく、プロだったら

1週間位あれば

振付も練習もして舞台にあげる内容だろう

その上

みんな、年を重ねているから

色んな個性がぶつかり合う

でも、そのぶつかりを

すぐに軌道修正できる能力も持ち合わせ

一筋縄ではいかないけれど

人生を経て、魅力ある人になった人達の

濃密な、色んな人生が詰まったダンス

 

でもね

本番になったら、色んなことが起こるんだ

私も含めて3人の人は、帽子を落とした

あひゃ〜!

しっかりゴムで留めていたのに

どういうわけか

ポ〜ンと落ちちゃった!

他にも

客席が盛り上がって拍手が起きてしまい

きっかけの音が聞こえなくて

みんな、バラバラになったり・・・

でも、そんなことを

笑い飛ばす術も、全員が持っている

なんて素敵な人たち

 

そして

観に来てくださった方々は

口を揃えたかのように

一様に

「 元気をもらいました!」

と、言ってくださった

元気になるなんて

この賛辞は、最高のもの

だって

人って

人を元気にしたり

幸せにしたりするために

生きているようなものだもの

 

私自身

色んなことを学ばせてもらった

 

次の発表会は、2年後か・・・

うん

もっと頑張れるよう

日々、努力していかないとさ

と、心底思ったよ

 

控え室で、ちょっと澄ましてみた、大人の女達

ダンス | 13:16 | comments(3) | trackbacks(0)

大人達の、ジャズダンス

区民会館を借りての、お稽古!

 

 

出演できないかと、思った

 

何と言っても

本番直前の追い込み

大きなホールを借りての練習にも

参加出来ないのだから

出演を辞退するべきなのか

 

母が緊急入院になり手術となった瞬間

24日25日の本番

名倉スタジオのジャズダンスの発表会を

諦めるしかないかと思った

 

でも

同じクラスの友人が、声かけてくれた

「 私達のクラスは、家族の事情が優先!

だから、お母様に付き添ってあげて

でも

本番前に復活できたら

その間の変更点など、まとめておくからね。

こんな時こそ、頼って!」

ラインに書かれたこの文字を読んで

私は、病院の廊下で、泣いていた

 

名倉加代子スタジオのシニアクラスは

若い10代のお嬢さんも参加したりするけれど

メインは、40代から最高齢は80歳までのクラス

でも

シニア向けの、お遊戯クラスでは、決してなく

激しいダンシングを強いられるクラスだ

でも

上手でも、たとえ下手であっても

ストレスなく、レッスンを受けられるクラス

 

そう言えば、こんなこともあったっけ

 

あるレッスンの日

ストレッチの最中に

誰かの携帯電話が、けたたましく鳴り響いた

一瞬、静かなクラスに緊張が走る

誰の携帯?

レッスンの最中だと言うのに

電源切っておかなかったの?

ピーンと張った空気を破るように

名倉先生が、明るく声を掛けられた

「 出てくださいよ 」

へ? 電話に出ていいの?

「 このクラスは

色んなことを抱えている方が多いでしょ?

皆さんは

携帯に出ていいってことにしましょう!」

着信音は、もう鳴り止んでいたので

誰も、携帯を取らなかったけれど

みんながみんな、ほっとした

確かに、介護の家族を抱えている人も多い

そんなメンバーのこと

名倉先生は、考えてくださる

だから、みんな

一層、優しくなれるクラスなんだと思う

 

母kazukoさんの驚異的な回復で

9日間で退院出来

私は、発表会目前で、練習に復帰した

立ち位置や、出番のタイミングで

いっぱい、色んな方に迷惑かけたのに

みなさん、一人一人が

「 お母様、良かったね!

戻ってこられて、良かったね!」

と、声を掛けてくださった

 

大人のクラスメート達

ありがとう!

本番では

がんばって

のびのびと踊ります

ダンス | 11:17 | comments(2) | trackbacks(0)

始まりは、SHOCK

IMG_3337.jpg

 

 

そう!

始まりは「SHOCK」

1991年の少年隊のミュージカル

 

毎日満席で

出演者の私でさえ、チケットとれず

舞台の上では

ダンスも芝居もキレキレの少年隊と

キラキラの照明も、大掛かりなセットも

まさに

エンターテインメントの最高峰の舞台だった

時代も、まさに、バブル

きらびやかな舞台だった

 

芝居だけではなく

少年隊とダンサーに混じって

ダンスまでしなければいけなかった私

なかなか振り付けが覚えられず

危機感を持った私

思い切って

「SHOCK」の振付を担当していらした、

名倉加代子先生のスタジオのドアを叩いた

 

クラスはシニアクラス

30代だった私だけど

名倉先生に、直接教えていただける

シニアクラスに入った

そして、

2年に1度の発表会にも、二回出演した

 

でも、その後

自分の舞台などで、レッスンに通えなくなり

15年ぶりに復活したことは

このブログでもご紹介したっけ

15/10/25「名倉加代子スタジオへ本当に復活した!」

 

そしていよいよ

復活して、初めての発表会

沢山の生徒さんが出る中で

たった2曲のダンスに出演する

群舞だから、皆で合わせるのが大変!

他の皆さんと自主トレで振付を合わせるけれど

この真夏の暑さと、レッスンの激しさで

汗は噴き出て

頭からシャワーを浴びたような姿

もうベトベトの、ボロボロ!

 

何気なく

稽古に着ていった「SHOCK」のTシャツ

1991年の夏

実は、この少年隊の舞台を

毎日のように、何十回も

見てくださった方が、生徒の中に数人いらして

「あ〜、懐かしい!」と

声を掛けてくださった

「Tシャツの写真、撮っていいですか?」

キャ! 

汗まみれの酷い姿だけど

Tシャツが主役だから

ま、いっか・・・

 

あの頃、少年隊の舞台に、毎日夢中になった方と

あの頃、舞台の上で、毎日必死だった私

今度、同じ舞台で

同じ振付を、ぴったり合わせて、踊る

なんだか、感慨深い

私達

ホントのシニアクラスになっちゃったね

フフフ

 

もしよろしかったら

8月24日と25日

名倉スタジオの発表会

覗いてみてくださいね

 

IMG_3274.jpg

 

IMG_3275.jpg

ダンス | 15:23 | comments(1) | trackbacks(0)

80歳の、日劇ダンシングチーム

IMG_2617.jpg

 

 

上の写真

隣で

ジャズダンスの名倉加代子先生が

微笑みながら、そっと支えていらっしゃる

紫色のバラの花束を抱え

涙ぐんでいらっしゃる方

この日が、お誕生日の高橋久代さん

なんと、80歳!

 

1年半前の秋、それこそ15年ぶりに

ジャズダンスのクラスに復帰したブログを

覚えていらっしゃるかしら?

15/10/3「名倉加代子スタジオへ復活の道」

15/10/25「名倉加代子スタジオへ、本当に復活した」

そう

一昨年の10月から、

やめることなく、何とか、レッスンは続けている

もちろん仕事で

1ヶ月も中断する時もあるけれど

少々のことでは

無理しても、這うようにして通う私

続けられているのよ、あの日から

(と、ちょっとドヤ顔の私)

 

そして、この日は

クラスで、一番年配の、高橋久代さんが

80歳を迎えられ

名倉先生も含めて

みんなで、お祝いしたのだ

 

私が30代でクラスに通いだした頃

すでに60歳近かった高橋さんは

見事に、華麗に踊っていらした

実は、高橋さん

元「日劇ダンシングチーム」の一員

「若松久代」さんと言う芸名で活躍されていた

ご存知?

日劇ダンシングチーム?

さすがに、私も拝見したことはないけれど

伝説の、昭和のエンターテインメント

最高峰のダンスチームだ

高橋さんは

プロとしての、若松久代の時代から、

現在の、趣味のクラスでも

ずっと、ずっと、ずっと、踊っていらっしゃった

(でも、決して、ドヤ顔はなさらない)

驕らず、いつまでも少女のようで

みんなに愛されて

日劇時代は

ガリガリで目だけが大きくて

「めざし」と呼ばれていた高橋さん

かわいらしい姿が、今でも彷彿と浮かぶ

 

みんな、高橋さんを目指している

踊り続けると言うのは

体力の保持は言わずもがなだけど

感性も、円熟も、

そして、何よりもメンタルの強さが、必要なのだ

みんな、80歳まで、踊れるだろうかと

不安に思いながら

でも、がんばろう!と決意する

 

高橋さんは、名倉加代子先生と一緒に

繰り返して、次の言葉を、言った

「ムリ・・しない、ラク・・しない、あきらめない!」

「無理しない、楽しない、諦めない!」

この言葉、優しさ溢れる名言だけど、

「楽しない」って所が、ちょっと厳しい

でも、ラクしないからこそ、喜びも大きくなる

 

うん

がんばろうっと!

無理しない、楽しない、あきらめない

80歳を超えても・・・

ダンス | 10:55 | comments(1) | trackbacks(0)

名倉加代子スタジオへ、本当に復活した!
IMG_3536.jpg 

IMG_3571.jpg
名倉先生と、恵子さんに囲まれて、大笑いの私

前々回のブログの続き
10/3のブログ「名倉加代子スタジオへ復活の道」
名倉加代子先生の、ジャズダンスのクラスに
復活すると言う話の続き・・・

・・・って言うか・・・

書きながら、本当に、私、復活したんだっけ?
1回行っただけで、このまま続かなかったらどうしよう
と、不安になり
とにかく、一旦、保留にしたという訳

続いた!
仕事で、1回はお休みしたけれど
3回、名倉先生のシニアクラスに通うことが出来た

まずは、一番最初の日のこと
13年ぶりに、訪れるスタジオ
高い、心のハードル
ドキドキドキドキ
スタジオへの階段を降りて行った
入り口近くには、知らない方ばかり
受付担当の方に聞かれた
「 メンバーですか?」
「 えっと・・・まあ・・・ずっと昔ですけど 」
メンバー料金を支払った

恐る恐る、中を覗いてみると
ニコニコと、私を見てくれている人がいた
「 もう一度、一緒にジャズダンス、やろうよ!」
と、誘ってくれたダンス仲間だった、恵子さん
「 良く、来たね!!!
名倉先生には、みっちゃん復活するって伝えたよ!」

彼女の向こう側では、名倉先生が、
どなたかと、お話ししてる
そっと歩み寄り、後ろから声を掛けた
「 先生・・・あの・・・」
振り向いた先生が、大きな声で叫んだ
「 わ〜、久しぶり〜!! 良く来ましたね〜!」
嬉しそうに、先生が、抱きしめてくださった

それまで
先生に抱きしめてもらうまで
久しぶりのレッスン参加に緊張してしまい
ガチガチになった体だったけど
瞬く間に、ふんにゃりしてしまったかのよう

改めて、スタジオ中を、見回してみたら
何人か見知ったお顔があった
「 あれれ? もしかして、山村さん?」
「 わ〜、久しぶり! 元気でした〜?」
「 いつも、がんばってるな〜って、見てたのよ〜」
なんだか、涙が出そうになるくらい、嬉しかった

ほとんどの皆さんは、私より年上の方達
20年以上前、
「FLEXIBLE」と言う発表会を、ご一緒した方
思い出が、次々と蘇った
でも、皆さん、本当に変わらない
一番年上のTさんなんて、78歳になられると言うのに
50代にしか見えない
他の方達も、全く変わらない
やっぱり、ダンスを続けるというのは
すごいことなのだと、実感した

ニューヨーク時代も
ジャズダンスの教室に、行ったことはある
でも、結局、ハシゴばかりして
同じ所で、長続きはしなかった
自分でも不思議だったけれど・・今、わかった
名倉先生の振り付けを知ってしまったら
他のダンスでは、物足りなくなったんだと思う
たとえシニアクラスでも
本当に、ハードなストレッチや基礎練習があり
その日、振り付けして、踊るコンビネーションも
ワクワクするほど、素晴らしいダンシングなのだ
名倉先生ご自身も、年を重ねられて
一層、指導の言葉には、哲学が含められ
器の大きい優しさでいっぱいで
ダンスの奥深さも増しているように思えた

この日は
名倉先生の、10月29日のお誕生日を前に
シニアクラスで、お祝いをした
先生、75歳になられる
「 いやね〜、四捨五入したら、80なんて!」
ダメダメ、切り下げなきゃ、先生!
20歳、切り下げても、OKよ!

名倉先生や
シニアクラスの先輩たちを見ていると
年を重ねることは、美しいことなのだと
本当に、実感できる

私も
2年後の発表会「FLEXIBLE」には出られるよう
頑張って、クラスに通いますね
見ててくださいね、名倉先生!

IMG_3558.jpg

IMG_3543.jpg
名倉先生の横には、最高齢のTさん

ダンス | 13:47 | comments(3) | trackbacks(0)

名倉加代子スタジオへ、復活の道
IMG_3125 (1).jpg

このダンスシューズ
あんまり使い込まれていないでしょ?
でも、ちゃんと靴紐は
履きやすいように、ゴムひもに換えているし
シューズの裏には、Michiと名前も書いている
前のシューズが、ボロボロになったから
買い換えた、ジャスダンスのシューズ

でも、ちょうど、買い換えた2003年の頃
二人芝居の制作と稽古本番で忙しくなり、
直後には、ニューヨークに行くことになったから
もう、13年近く、日本では、履いていない

私が、初めてジャズダンスに通いだしたのは
1991年の終わり
その年の秋に
少年隊のミュージカルに出演したのがきっかけだった

私以外の出演者は
少年隊とダンサーと、デビュー前のTOKIOだったから
幼い頃、バレエをかじったとは言え
彼等が踊る卓越したダンスに付いていくのは
そりゃ、もう、大変だった!
もちろん、私は、芝居での参加だったけど、
ダンスも、少年隊と一緒に踊るシーンが、何か所もあって
死に物狂い!
振り付けが、なかなか覚えられない
一人、公園で自主練したりするけれど、ダメ
少年隊の3人はもちろん、
まだ、本当の少年だったTOKIOのメンバーが
代わる代わる、スタジオの隅で教えてくれたりとか
びっしょり汗だくになって、ダンスを覚えた

やっぱり、まずいっしょ・・・これじゃ

舞台が終わり、私は意を決した
よし!
ダンスを習おう!
少年隊のミュージカルで
振付担当でいらした名倉加代子先生のスタジオに
通うことにしたのだ

当時、名倉先生が、直接指導されていたのは
プロクラスと、シニアクラス
もちろんプロクラスなんて、入れるわけない
でも、シニアじゃないし私、と思いながらも
まだ30代だった私は
恐る恐るシニアクラスに通いだした

シニアクラスは
もちろん中高年の方も多くいらっしゃったが
若い20代のダンサーさんも習っていて
意外に、楽しく通えることが出来た

何よりも、名倉先生の教え方が大らかで、優しい
もちろんプロ級の生徒には、厳しく教えられるけど
生まれて初めて、ダンスを習いに来た年配の女性が
金縛りのようになって、足を出していると
「 大丈夫、大丈夫、
最初は、ただ動かせれば、それで、いいんですよ 」
そして、相手がプロだろうと素人だろうと
全ての生徒に、平等に
踊る心意気も、教えてくださる
「 浜辺に横たわる人魚の気持ちで 」とか
「 大きな虹を抱えるように、手を大きく 」とか
時々、ふと皆に向かって、呟いたりもする
「 皆さんは、いいですね
出来ないことがあって。
出来るように頑張って踊るのは、素敵なことだもの
楽しいですよ
私は、出来ないことが少なくなってしまったから
ちょっと、つまらないわね
フフフ!」
何とも、楽しい穏やかな、レッスン風景なのだ

このシニアクラスを受講していたから
体も、メンタルも整えられた
ダンスを観る目も養われた
「ステッピングアウト」と言う、
タップダンスのミュージカルに出演した時も
前田美波里さんや、元宝塚の出演者の中で
恐れ多くも、楽しくダンシング出来たのだと思う

みんな、みんな、名倉加代子先生のおかげ

そして、今
13年ぶりに
名倉スタジオの、シニアクラスに
復帰しようと、目論んだのだ

今日のブログは、少し長くなったので
この続きは、あらためて

つづく

556aff56.jpg
名倉加代子先生

ダンス | 10:31 | comments(1) | trackbacks(0)