蝶々夫人とスズキ 舞台写真

IMG_2038 2 (1).jpg

 

 

IMG_2395.jpgIMG_2397.jpg

沢山の方に越しいただきました。心から感謝です!

 

IMG_2434.jpg

 

IMG_2491.jpg

 

IMG_2456.jpg

 

IMG_2081.jpg

 

「蝶々夫人とスズキ」

舞台公演が終わって

流石にどっと疲れたのか

風邪をひいて寝込んでしまっていた

ようやく、治って来たので

舞台写真を掲載しますね

 

とにかく

この冬の緊張感と言ったら

とんでもなかったなぁ

芝居への緊張はもちろんあるけれど

何よりも

神経質なほどの体調管理

これが、果てしなく大変

風邪を引くなんてあってはならないし

インフルエンザになんかなった日には

舞台は公演できない

ハシカなんてものも流行りだしたし

 

実は、私

11月公演の前には

肺気胸なんてものにもなったりして

数日は、絶対安静が必要だった

もう、二度と

肺気胸になんて、なってなんかいられないよ

だから大好きなダンスのクラスも行かない

ワンコのお散歩でも走らない

激しいことは、舞台稽古以外は

絶対しなかった、この冬

 

しかも、私の場合

一人での芝居で

半端なく膨大なセリフの量だから

(誰だ〜!こんなにセリフ書いたの!!)

代役なんて、立てられるわけもなく

どんなことあっても

病気になってはいけない

死んだって、病気になっちゃいけない!

あ、ダメだった、死んだら、ダメよ

とにかく

毎日、うがいと手洗いの連続で

いつの間にか

手はカサカサになっていた

 

だからかな

舞台が終わり

映画撮影が終わったら

体が緩んだのか、気が緩んだのか

途端に風邪がスルスル入り込んできた

参ったね〜

だから、寝た

そして、寝た

寝て、寝て、寝まくった

いくらでも、寝られた

そしたら、ようやく

生き返って来たよ、私

 

やっぱり

よっぽど疲れていたんだね

何と言っても

春公演、秋公演、冬公演と

ほとんど1年を

「蝶々夫人とスズキ」に

賭けて来たんだ、私

あっという間だった

幸せな1年だったねぇ

 

舞台をご覧になった色んな方から

温かいメールやお手紙が

今だに、届く

 

改めて、深く感謝です

 

舞台の様子、少しだけでも

ご覧くださいね

演じている私には

見ることができなかった照明や映像

素晴らしいよ

全てのスタッフにも、感謝です

アリガト・・・

 

IMG_2571 (1).jpg

 

IMG_2226 (1).jpg

 

IMG_2230 (1).jpg

 

IMG_4025.jpg

 

IMG_2202.jpg

 

IMG_2236 (1).jpg

 

IMG_2306 (1).jpg

 

IMG_4117.jpg

蝶々夫人とスズキ | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0)

蝶々夫人からの、手紙

IMG_2229 (1).jpg

 

「蝶々夫人とスズキ」

無事、2日間を終えました

見終わった観客の皆様のお見送りに立ったら

お一人お一人が、強く手を握り

感想を、言ってくださって

舞台への熱いお気持ちが伝わり

本当に、嬉しい二日間でした

 

そして、一夜明けた今日

池田理代子さんから頂いたメールは・・・

嬉しくてたまらない言葉で

私の胸を打ちました

抜粋して、ご紹介しますね

 

**************

大変な二日間、お疲れ様でした!

そして有難うございました。

美智さんが目指していらした

「演劇でもオペラでもない、全く新しい」舞台

大成功だったのではないかと思います

或る意味、とてもセンセーショナルで

ちゃんとした歌い手をお使いになって

芸術祭参加もありじゃないかと

思えるような舞台でした

ご一緒させていただき

本当に、感謝しています

 

**************

 

まあ、なんてことを 

もう、私、泣いてしまっちゃったじゃない

共演してくださった池田理代子さんから

しっかりとした批評の目をお持ちの理代子さんから

こんなにも、温かいメールを頂いて・・・

 

こちらの方こそ、感謝、感謝です

理代子さんは

人生も、魂も、歌に込めてくださった

理代子さんに、蝶々夫人を演じていただいて

本当に、本当に、良かった

ありがとうございました!

 

また、日を改めて

皆様には、舞台のこと

写真など、ご紹介してまいりますね

 

今日は、もう、休憩

 

IMG_4118.jpg

蝶々夫人とスズキ | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0)

ベルばらが、あんみつ姫

IMG_0426.jpg

 

いよいよ明日、舞台が開く

蝶々夫人とスズキ

 

大絶賛稽古中の稽古場

池田理代子さんが

宝塚のインターチェンジで

限定販売されている

ベルサイユのばらのお菓子とサイダーの

差し入れをしてくださった

キャ!

ベルばらの作者から

お宝のベルばらグッズのプレゼントよ!

稽古場の女子

色めき立つ

 

理代子さん、蝶々夫人の歌も、絶好調!

11月の秋公演より

う〜んとバージョンアップして

尚一層、蝶々夫人になってらっしゃる

「 世界一最高齢の蝶々夫人よ!」

と、理代子さん、自虐気味に仰る

「 じゃあ、理代子さん

ギネスに登録しましょうか?」

なんて、私も軽口叩いて、大笑い!

でも、演出の土井さんは、真剣な顔で

「 マジ、ヤバイっす! キュート!

池田さん、キュートで、びっくりです!」

蝶々夫人は、15〜18歳の年齢設定だけど

実際、理代子さんのお姿が

そう見えてくるから、不思議!

 

今度は、仕上げてもらった髪を指差して

「 この髪型、あんみつ姫みたいね〜」

と、理代子さん、囁かれた

あら、ヘアメイク、お気に召さないのかしら

心配してお顔を覗き込んだら

理代子さん、すぐにニッコリとされた

「 私ね、こんな素敵な髪型を作ってもらったの

本当に、久しぶり!

何十年ぶりくらい!」

理代子さん、今まで、あまり髪の毛を

人に触られるのがお好きではなかった

そりゃ、そうでしょ

人並み外れた美意識をお持ちだもの

いい加減な髪型には、耐えられないはず

でも、今回のメイクさん

澤入礼江さんの仕事ぶりを

しっかりと、評価してくださった

ああ、良かった!

礼ちゃん、良かったね!

 

さあ

池田理代子さんの蝶々夫人も絶好調!

明日からの公演

出演する私でさえ、楽しみ!

(って、ホントは、ドキドキだけどさ)

 

IMG_0462.jpg

 

***************************

蝶々夫人とスズキ
2/16(土) 開場17:30 開演18:00
2/17(日) 開場13:30 開演14:00
ドイツ文化会館OAGホール(青山一丁目駅より6分)
¥4800(自由席)
チケットお申し込み 問い合わせ
TEL 03-3498-3001  FAX 03-5485-7272
Webページからのお申し込みは

公式HP「蝶々夫人とスズキ」から

蝶々夫人とスズキ | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0)

蝶々夫人とスズキ パワーすごいよ

スクリーンショット 2019-02-10 19.30.40 (1).jpg

 

IMG_2695.jpg

 

IMG_2628.jpg

私の右隣は舞台監督の山梨榮利子さん、右端の後ろ姿は演出土井宏晃さん

 

蝶々夫人とスズキ」に関して

先日お知らせした

AERAの記事が

ヤフーネットニュースでも

お読みいただけます

 

「ベルばら」池田理代子にオペラ再演を決断させた

山村美智の言葉

 

さて、舞台の稽古、毎日毎日、真っ最中!

と、言いたいところだが

皆が集まれるのは、そんなには多くない

週に一度くらいが、やっと

池田理代子さんに至っては、特に

熱海にご在住でいらっしゃるから

本番直前まで、お稽古参加はされない

だから

それまでに、私達で舞台を、しっかりと固める

 

演出やら、セットやら、ダンスやら

沢山のスタッフのアイディアが

次から次へと、飛び出してくる

その度に、驚き感動する私

 

だから私は

少ない稽古日以外は

毎日、お家で、自主トレさ

でも

稽古しても稽古しても

足りない

まだまだ、足りない

ただ

セリフを言う度に

一人一人の顔を思い浮かべると

力になるんだ

パワ〜〜〜!

 

うん・・・

いい舞台になるよ

 

***************************

蝶々夫人とスズキ
2/16(土) 開場17:30 開演18:00
2/17(日) 開場13:30 開演14:00
ドイツ文化会館OAGホール(青山一丁目駅より6分)
¥4800(定員250名)
チケットお申し込み 問い合わせ
TEL 03-3498-3001  FAX 03-5485-7272
Webページからのお申し込みは

公式HP「蝶々夫人とスズキ」から

 

IMG_2621.jpg

新国立劇場の舞台の合間に、稽古に参加してくれる小埜寺美樹さん

 

IMG_2634.jpg

何もかも、そう、全てを支えてくれている、制作の佐藤しのぶさん

蝶々夫人とスズキ | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0)

雑誌AERA 「蝶々夫人とスズキ」

IMG_2304.jpg

 

現在発売中の雑誌アエラ

蝶々夫人とスズキ」の稽古中に

取材していただいた記事が掲載されています

 

ああ、もう来週になっちゃったよ

蝶々夫人とスズキ

 

***************************

蝶々夫人とスズキ
2/16(土) 開場17:30 開演18:00
2/17(日) 開場13:30 開演14:00
ドイツ文化会館OAGホール(青山一丁目駅より6分)
¥4800(定員250名)
チケットお申し込み 問い合わせ
TEL 03-3498-3001  FAX 03-5485-7272
Webページからのお申し込みは

公式HP「蝶々夫人とスズキ」から

 

IMG_2638 (1).jpg

蝶々夫人とスズキ | 00:19 | comments(2) | trackbacks(0)

ダンスとピアノが導く、新世界!

IMG_2492 2 (1).jpg

 

蝶々夫人とスズキ

来月2月の冬公演と

昨年の、春公演と秋公演との違いは

レストランから

ホールへの進出!

だからこそ

そのホールの広さを生かす試みに

多く挑戦している

 

まず

ピアノ演奏

ピアニストの小埜寺美樹さんの

グランドピアノの演奏を多くの場面に入れ

観客の皆様に酔いしれていただくことにした

昨年までの2公演は、場所柄、電子ピアノ

新国立劇場の専属ピアニストと言う

偉大な肩書きがあるにも関わらず

電子ピアノに対して微かにも文句も言わず

良い作品創りのためにだけ

ひたすら頑張ってくれていた美樹さん

どうぞ、今回は存分に

その素晴らしい美樹さんの演奏の本領を

発揮してくださいね!

 

そして

モダンダンス!

 

舞台の要所要所で

3人のダンサーが

舞台の隅々まで踊り

新しい「蝶々夫人とスズキ」を

生み出してくれる

 

この日の稽古

初めて

振り付けの平多実千子先生と

若いダンサー達が、参加してくださった

平多実千子先生は

平多正於舞踊研究所の代表で

日本のモダンダンス界を

牽引していらっしゃるお一人だ

平多先生がニッコリと微笑んで

ご挨拶をされた

大先生でいらっしゃるにも関わらず

優しいオーラに包まれる稽古場

でも、しかし

振付されたダンスを披露した時

ピーンと張り詰めた空気に変わった

 

何と、素晴らしい振付だろう

蝶々夫人の華やかさと切なさと

不穏な未来と悲しさと

色んなものが、折り重なった重厚な振付

若いダンサー達も

賞に入選している人達ばかりで

ダンスの技術も、素晴らしい

すごいよ!

平多実千子先生のダンスは

蝶々夫人とスズキ」に

新しい世界観、宇宙観をもたらしてくれる

うわ〜、とっても、楽しみ!

出演している私の方が

益々楽しみになって来た!!!

 

・・・いや・・・

おいおい!

楽しみにしている場合じゃないでしょ!

お稽古、頑張んなきゃ!

 

皆様、是非是非、お見逃しなく!

 

***************************

蝶々夫人とスズキ
2/16(土) 開場17:30 開演18:00
2/17(日) 開場13:30 開演14:00
ドイツ文化会館OAGホール(青山一丁目駅より6分)
¥4800(定員250名)
チケットお申し込み 問い合わせ
TEL 03-3498-3001  FAX 03-5485-7272
Webページからのお申し込みは

公式HP「蝶々夫人とスズキ」から
 

P1100547.jpg

バリトン歌手村田孝高さん、蝶々夫人の池田理代子さん、私

 

P1100537.jpg

 

IMG_2495 (2).jpg

ヘアメイク澤入礼江さんと

 

IMG_2503.jpg

後列私の隣から、

演出土井宏晃さん、ピアノ小埜寺美樹さん、舞台監督山梨榮利子さん

一番右が、ダンス振付の、平多実千子先生

前列ダンサー、左から平田彩乃さん、市川温子さん、榎田弘未さん

蝶々夫人とスズキ | 12:42 | comments(0) | trackbacks(0)

徳永ゆうき君、応援の歌!

IMG_2286.jpg

 

mandara_361.jpg

5年前の徳永ゆうき君、まだ、10代

 

「蝶々夫人とスズキ」

2/16と2/17に、公演が迫った

 

この日は、11月公演以来の初稽古

池田理代子さんも、

風邪は引いていらしたみたいだけど

すっかり治ってお元気な様子

良かった〜!

 

稽古場は

私の事務所のイトーカンパニーのビル

稽古が終わり、事務所フロアに寄ったら

なんと、歌手の徳永ゆうき君がいた

「わ〜、久しぶり〜〜!」

「ひゃ〜〜、ほんま、お久しぶりです!」

もう5年前になってしまうのだけれど

私達、朗読ライブで共演したのよ!

2014の一連のブログ「今宵月は瑠璃色の」

ゆうき君には

レミゼラブルの朗読に合わせて

「夢破れて」や「ON MY OWN」も

歌ってもらった

それはそれは素晴らしい歌!

演歌歌手でデビューしたばかりだったけれど

ミュージカルのその歌を

頑張って勉強して、自分のものにし

心のこもった歌になっていた

 

そして最近

徳永ゆうき君が話題になった番組がある

演歌の方達がポップスを歌う番組で

ゆうき君が、米津玄師の「Lemon」に

挑戦したのだ

私も、ゆうき君が出演するから

嬉しくて、番組を覗いた

そして

徳永ゆうき君の「Lemon」

最高だった!

なんて言ったら良いのかな・・・

胸をふるわす

どこかが、ツーンと来るような

それはそれは、素敵だったの

だからね

申し訳ないけど

年末の紅白で

本家本元の米津玄師さんの歌を聴いても

もちろん、素晴らしかったんだけど

物足りなくなってしまった私

米津さん、ごめん!

 

で、ゆうき君が

自分のツイッター用に

私の舞台の宣伝をする動画を撮ってくれました

「ON MY OWN」の触りを少し

歌ってくれています

どうぞ、ご覧ください!

 

徳永ゆうき君は

きっと

もっともっと大きくなるんだろうな

だって、こんなに素敵な声を持っていて

でも、いつもちゃんと謙虚で温かくて

どうぞ、皆様

徳永ゆうき君のこと、応援してくださいね

あ、

私の舞台「蝶々夫人とスズキ」も!

 

 

蝶々夫人とスズキ | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0)

学んだ日々の「ある晴れた日に」

IMG_1988.jpg

 

年末は、色んなパーティが、あちらこちら

 

そんな中、数日前にはなるけれど

池田理代子さんの

ディナーパーティーを訪れた

 

南青山のレストランで

毎年、開催されているとのこと

理代子さんのパートナー村田孝高さん達

男性オペラ歌手3人による

エルビスプレスリー特集など

信じられないほどの素晴らしい声量で

レストランは、揺れるかのよう

 

圧巻は

やはり、池田理代子さんの歌

「ある晴れた日に」

もちろん私は

蝶々夫人とスズキ 」の稽古場で

幾度となく、この歌を聴いている

でも、本番の舞台では

理代子さんが歌っている間に

衣装の早替えもあり

残念ながら、歌を聴くことは出来ない

 

「 ある晴れた日に 」

オペラ「蝶々夫人」の中の

誰もが知っている名曲中の名曲

アメリカに帰ってしまった夫

ピンカートンを想い、歌う歌

 

「 ある晴れた日に

港に船が着くのよ

あの人の乗った白い船

やがて、人ごみの中から

あの人が丘を登ってくる

バタフライ、僕の可愛い妻よと

呼んでくださるわ

必ずそんな日が来るの

私の思いが現実になる日が

いつか、きっと、来る 」

 

その情感のこもった声の響きに

理代子さんの歌に

いつの間にか、涙が頬を伝って

自分でも驚いた

 

オペラ好きの方なら

誰でも知っている東敦子さんと言う

オペラの先生に

理代子さんは、この歌を、指導された

東敦子さんは、蝶々夫人では

日本で一番と言われたオペラ歌手だ

その東敦子さんの魂が乗り移り

理代子さんの歌を響かせているのだろう

でも、きっと

それにプラスして

47歳で音大に入り

若い人に混じって

毎日毎日、無我夢中に、必死に

「ある晴れた日に」を学んだ日々が

理代子さんの歌に

折り重なるように、入り込んでいる

きっと色んなことがあったに違いない

苦しいことも辛いことも悔しいことも

でも、嬉しいことも

そんな様々な感情が見えた気がした

だから

私、涙が出てしまったんだと思う

 

秋公演以上に

理代子さんの「ある晴れた日に」は

魅力的になるだろう

冬公演、2月の

蝶々夫人とスズキ

本当に、楽しみになって来た

 

IMG_2022.jpg

池田理代子さんを囲んでお客様達と

 

IMG_2025.jpg

男性オペラ歌の皆様と、飯田裕之さん、村田孝高さん、私、武田直之さん

蝶々夫人とスズキ | 04:59 | comments(2) | trackbacks(0)

蝶々夫人とスズキ 再始動!

181214-蝶々夫人とスズキ-表-版下b (1).jpg

 

 

春4月、秋11月に

小さな場所で

限られたお客様への公演を終えた

「蝶々夫人とスズキ」

いよいよ

来年2月には、ホールへの出陣となる

 

出演者は、秋公演と同じ

蝶々夫人に、池田理代子さん

シャープレスは、村田孝高さん

ピアノ演奏を、小埜寺美樹さん

芝居は、私、山村美智

 

演出は、春公演の土井宏晃さんが担当

そして、舞台製作として

強力な助っ人が登場した

山梨榮利子さん

(アクトレス視覚提案仕掛人集団)

 

山梨さんは

コスチュームデザイナーでもあり

イベントプロデューサーでもあり

照明プランナーでもあり

空間プロデューサーでもあり

舞台はもちろん

全ての空間に関することを請け負う

アーティスト!

 

ほら、見て!

山梨さんが、ちょこっと書いた衣装プラン

そのまんまで、素晴らしいデザインでしょ!

 

実は、山梨さんは、私にとっては

ジョリちゃん!

数年前から

魅力ある人柄で、友人になって

そのニックネーム、ジョリちゃんと

呼んでいた

一時期、刈り上げにしていた時があって

その髪型が、ニックネームになったらしい

でも、そのジョリちゃんと

今回、仕事を一緒にするようになって

正確で、迅速で、創造性に溢れた行動に

びっくり驚いている私!

ジョリちゃんなんて、呼べなくなった

アーティストの山梨さん!

ホント

友人だけでは、もったいない人だったよ

 

新しいスタッフで

再始動の「蝶々夫人とスズキ」

春と秋より、大幅に広いホールでの公演

全く違う、新たな世界が生まれます!

 

どうぞ、お見逃しなく!

 

IMG_1499.jpg

山梨さんが描いたデザイン画 蝶々夫人とシャープレス

 

IMG_1077.jpg

観客数250席の、OAGホール

 

IMG_1961.jpg

私の隣から、アクトレスの会社の日根田真美さん、加賀美宏実さん

演出、土井宏晃さん、ジョリちゃん、いや、山梨榮利子さん

制作の佐藤しのぶさんが、撮影してくれた

 

****************

 

蝶々夫人とスズキ

 

2019年

2月16日(土)17:30開場 18:00開演

2月17日(日)13:30開場 14:00開演

 

ドイツ文化会館 OAGホール

地下鉄青山一丁目より、徒歩6分

 

チケットのお申込み、お問い合わせは

公式ホームページ「蝶々夫人とスズキ」

 

お問い合わせは 03-3498-3001

 

2019021617-蝶々夫人とスズキ-裏-決定.jpg

蝶々夫人とスズキ | 11:59 | comments(1) | trackbacks(0)

あまりにも、あまりにも、サプライズ!

IMG_2855.jpg

 

YAMA_0047.jpg

 

YAMA_0021.jpg

 

YAMA_0019.jpg

 

「蝶々夫人とスズキ」

六本木での2日間の公演が終わった

大入り満員以上の客席!

お客様には、お席を詰めてもらいながらの

公演となった

 

愛らしい蝶々夫人そのままの池田理代子さん

領事役の誠実なお人柄と

素晴らしいバリトンの歌声の村田孝高さん

お二人のオペラに支えられて

芝居担当の私は

女中のスズキ、蝶々夫人、領事、ピンカートン

何役も演じることが出来た

 

2日目の大団円

お客様のすすり泣きが聞こえる

ああ、良かった

満足してくださったんだ

そして

カーテンコール!

みんなで、お辞儀をした

ああ、ありがとう、感謝、感謝です!

 

でも、ここで急に手順が狂った

 

どう言うわけか

前に立っていたはずの

ピアニストの小埜寺美樹さんが

後ろのピアノに下がり、座った

慌てた!

違うよ、美樹さん

このまま、みんなで、お辞儀するのよ

間違えてるよ!

大慌ての私・・・

 

その途端

美樹さんが、演奏を始めた

 

タララーラ、ラーラ〜♫

へ?

何?

 

♫HAPPY BIRTHDAY TO YOU〜

 

村田さんが歌い出した

へ?  何?

あっ

私?

私だ!

私の誕生日、11月5日

え?

う、嘘!

そんな!


そして、最後の締めくくりを

村田さんと、ソプラノの理代子さんが

それはそれはもう、素晴らしいハーモニーで

歌い上げた

 

♫HAPPY BIRTHDAY Dear Michi san〜〜〜

♫HAPPY BIRTHDAY To You〜〜〜〜〜

 

こんなことって、ある?

人生最高のプレゼント!

最高のピアニストの演奏で

最高のオペラ歌手のお二人に

しかも、お一人のオペラ歌手は

ベルばらよ、ベルばら!

あまりにも贅沢な、贅沢すぎる!

どうしよう

申し訳なさで消え入りそうになるし

でも

嬉しさで、飛び上がりそうにもなった

 

深く感謝・・・

 

「 蝶々夫人とスズキ 」

いよいよ2月には、ホールでの公演となる

この作品を観ない人生と

そうでない人生は変わるかもしれない

と、言ってくださった方がいた

 

どうぞ、2月の公演、お待ちしていますね

 

報知新聞のウェブサイト

記事を載せていただいたので

どうぞ、ご覧ください

 

全てのキャスト

全てのスタッフ

全てのレストランスタッフ

全ての、お足を運んでくださったお客様

来られなかったけれど応援してくださった皆様

 

ありがとうございました

 

*********************

「蝶々夫人とスズキ」冬公演

2/16(土)   17:30開場  18:00開演

2/17(日)   13:30開場  14:00開演

ドイツ文化会館 OAGホール

お問い合わせ 03-3498-3001

netkeiri@fabnet.co.jp

 

YAMA_0038.jpg

 

スクリーンショット 2018-11-06 15.40.00.jpg

蝶々夫人とスズキ | 16:24 | comments(2) | trackbacks(0)