<< バレエの祭典 Youth America Grand Prix 2006 | main | 取材 そして パソコンショップ >>
災難michi  サポーター通信by kamo
one after another...after another...and after another...

4月24日。切羽詰まった声でmichiからの留守電。
kamo、びびる。

どうやらmichiのパソコンが壊れたらしい。
だからマンハッタン内でどっかに持ち込めるところはないか、というのである。
いくつかmichiも自分で探して、電話していたらしい。

kamoは某電話会社に勤めているので、誰かできる人が居ればいいんだけど
kamoがあごで使える人はすでに任期を終えて日本に帰ってしまっている。
やむなくmichi、五番街の日本人がやっているパソコンやさんに。

出かける前のmichiからの留守電。
kamo、再び、びびる。

パソコンの中でカラカラ、音がして。開けてみたらなんかとれてるっていうんだもん。

どうにかこうにかパソコンは修理やさんへ。
店で販売しているズラーと並んだパソコンから流れるビデオは、
な、なんと、懐かしの「オレたちひょうきん族」
う?・・見たことのある顔・・?・・ギャ〜、michiが出ている!

逃亡者のように、こそこそ店を出るmichi。

**-**-**-**-* カラスかぁ〜で夜が明けて *-**-**-**-**

25日9時半。kamo、バスで熟睡して出社したため、まだ寝ぼけ眼。
michiからの電話。
kamo、朝から、びびる。

いつもと様子が違う。声が違う。「どしたんですかっ?」
修理しているパソコンの代わりに使おうと思ったパソコンが、動かない。

う・ご・か・な・い。

CDROM、使えない。メールできない。ブログを書こうと思ってもインターネットできない。
kamo、急遽ピンチヒッターでサポーター通信を書く。

書き始めて、5分。まだ、パソコンが修理やさんに行く前くらいの顛末を書いている。
michiからの電話。
kamo、相変わらず、びびる。

「な、直った・・みたい・・な感じ・・」
「・・・・・・」

・・・・終わりよければってぇ〜じゃございませんか。
厄落とし、厄落とし。いいことあるよ、これから。
ね、みっちゃん。

サポーターのNY物語 | 22:49 | comments(5) | trackbacks(0)

Comment:
2006/04/26 6:09 AM, michi wrote:
KAMOちゃん、ご迷惑おかけしました!
どうぞ、もう、びびらなくていいから・・・
ゆっくり、お仕事、励んでね
2006/04/26 8:07 AM, アップル wrote:
ヒャッ、ヒャッ、ヒャッ!
『ひょうきん族』のビデオに出くわしちゃいましたか、。
なっつかしぃ〜なぁ〜。
ひょうきん歌のベストテーン!!
2006/04/26 1:47 PM, koarin wrote:
今日本に一時帰国している私はDVD買っちゃおうかな?と迷っているが・・・あ、そういえばkappaちゃん持ってたかな〜?
2006/04/26 10:20 PM, michi wrote:
すみません、michiです・・・私事で恐縮なのですが・・・・
私の「オレたちひょうきん族」のDVD、どなたかにお貸ししたのですが、
最後に誰に貸したのか覚えていなくて、手元にありません
お心当たりの方は、すみません、お返しいただけないでしょうか・・・
遠い昔ですが、私にとっては、ある意味「大切な作品」ですので。
2006/04/26 10:45 PM, kappa wrote:
私が持っているひょーきんのビデオは、「さよならひょーきん族」みたいなダイジェスト版だったっ。みっちゃんがいないっ。どなたか持っている人、私も見たいですぅ〜〜〜。
Add a comment:









Trackback: