<< 東京タワー朗読ライヴ 卒業 | main | 車から お花見 >>
最終回 卒業証書の 交換
IMG_2460.jpg 

ねえ
上の写真、スゴくないですか?
まるで、ビル全体に映像が映し出されているような・・・
実は、この写真
友人の節子さんが、東京タワー大展望台から撮影したもの
アーティスト上野真史さんの歌う姿が
窓ガラスに反映しています
素敵な写真!

東京タワー朗読ライヴ、第一部の音楽ライヴ
予定していたアーティスト柚楽弥衣さんの体調が悪くなり
当日のお昼
観客として来てくださる予定だった真史さんに
急遽ピンチヒッターの出演をお願いしたのです
昨年11月にも出演していただいた真史さんの深い歌声は
最終回にふさわしく
心に染み渡るライヴとなりました

さて
本編の朗読について

ゲストの山崎大輝君は、前日の4時間のリハーサルと
夜の真剣自主トレで、立派に「卒業」の主人公ベンジャミン
ダスティンホフマンの役を、初々しいながらも
立派に演じてくれました

もう一つの作品「卒業証書」(大島真寿美作)
ストーリーは
主人公の女の子が、中学校の卒業式の帰り道
同級生のスター男子学生と偶然出会います
流れで、彼とボヤキを吐露し合い、励まし合い
結局、それぞれの卒業証書を交換することになります
何か辛いことがあったら、お互いにSOSを出そう
自分の卒業証書を返してもらうと言って、会えばいい
それまで、卒業証書を交換しておこう、と、約束します
その後、二人は別れ、大学にも行き
色んなことがあるのですが
SOSは、まだ使っていません
きっと、彼も頑張っているだろうと励みに思いながら
主人公は、手元に彼の卒業証書を、まだしっかり持っている
そんな話です

この小説を見つけた時
若いけれど、人生にも通じる、さりげなく深い話だと
朗読する作品候補に入れました
そこへ、出演者の田中広子さんからの電話
「michiさん、いい話を見つけたんですけど・・・」
偶然にも、選んだばかりの「卒業証書」でした
「卒業」をモチーフに探してはいたけれど
同じ作品を選ぶとは、二人とも驚きました

田中広子さんは
後半の11月から、朗読ライヴに参加してくれているのですが
作品選びをはじめ、色々と支えてくれました
読みにも、お嬢ちゃんを持つ母の優しさが滲んで
本当に、優しさに満ちあふれた朗読です

そして、ピアニストの宮城純子さん
今回は「サイモン&ガーファンクル」の曲を
アレンジをして、各所に入れてくださいました
今までの、全ての私の朗読に関わり
作品選びから、音楽選び、アーティストのブッキング
何もかも、支えてくださいました
東京タワーの朗読ライブは、宮城さんがいなかったら
このように、進まなかったと思います

そんなこんなで、最終回
私は、観客の皆様に伝えました
今、私達と、卒業証書を交換しませんか
東京タワーライヴは、今夜で終わりだけれど
今後、画面などで、私達が出ていたら
辛いことがあっても
あ〜、がんばっているんだな、と思っていただきたい
私達も、皆様に元気を持っていただけるよう
がんばってまいりますね、と。

卒業証書の交換

最後にはなりましたが
こういう機会をくださった、東京タワーの皆様
また、手前味噌にはなってしまうけれど
事務所のイトーカンパニーの社長、スタッフのみんな
ありがとうございました
お疲れさまでした!

IMG_2478.jpg

東京タワー朗読会 | 12:18 | comments(0) | trackbacks(0)

Comment:
Add a comment:









Trackback: