<< 「今宵、月は瑠璃色の」DVD 完成! | main | 越生町に行くのが、楽しみ! >>
まどみちおさんからの プレゼント
 9784163822006.jpg

詩人、まどみちおさんが、亡くなられた

奇しくも、まどさんの亡くなられた2月の、最初に行われた、
朗読ライブ「 今宵、月は瑠璃色の 」では
まどみちおさんの作品集を、朗読させていただいた

何度も、このブログでご紹介しているから
おわかりだと思うけれど
1部は、オリジナル芝居「 瑠璃色の月 」
2部が、「 レ・ミゼラブル 」と「 まどみちお作品集 」だった

「 瑠璃色の月 」も「 レ・ミゼラブル 」も、涙で終わる
だから、その次には、ホッとした作品を持って来たかった
探した作品の中、まどさんの詩は、ピッタリだった
優しくて、かわいらしくて、ユーモアがあって・・・

でも、著作権がある
思いきって、文藝春秋社に、電話をした
担当の方が、ご本人と相談してお返事してくださるとのこと
すぐに次の日、返答があり
ご好意で、使わせていただけることになった
もちろん
ご高齢で、まどさんご自身のご承認ではないかもしれない
でも
ご家族が、まどさんのお気持ちを伝えてくださったのだと思う

実際の本番
「 レ・ミゼラブル 」では、感動的な最後
すすり泣き、涙を流してくださる方もいた
重厚な、「 レ・ミゼラブル 」の、大フィナーレ
出演者全員で頭を下げ、ふっと顔を上げた
その瞬間、徳永ゆうきクンが、明るい声で
「 まどみちお作品集 」と、タイトルを叫んだ

重苦しい空気を吹き飛ばすように
まどさんの、優しい詩が、次々と披露された
全部で、16作品

「 けしゴム 」
じぶんで じぶんを けしたのか
いまさっきまで あったのに

「 ケムシ 」
さんぱつは きらい

みんなで、子供のように楽しく動く演出で、読み上げた
だから、会場のあちらこちらからは、クスクスと笑い声
でも、次第に、宇宙観のある詩が広がり、静まっていった
最後は、まどさんの世界に、会場中が、魅了されていたのだ
客席も、そう、舞台上の私達でさえも

まどみちおさんのご好意で、朗読させていただいた詩は
多くの方の心に、しっかりたっぷり、沁み込んでいきました

あ〜
本当は、まどさんに、舞台を見ていただきたかった

まどさん
本当に、ありがとうございました
私達は、まどさんの作品の優しさで
どんなにか、救われたことでしょう

最後に読んだ詩は「月のひかり」
今頃、まどさんは、月の光になって
私達を、見守ってくださっているのでしょうか

***********

「 つきのひかり 」

つきの ひかりの なかで
つきの ひかりに さわれています
おふろあがりの
あたしの きれいな手が

うちゅうの
こんなに ちかい ところに 
さわるようにして

うちゅうの
あんなに とおい ところに さわる
みえない 大きな手に
あわせるようにして

つきの ひかりの なかで
つきの ひかりに さわれています
つきの ひかりに さわられながら 

18.jpg

マンダラ朗読ライブ | 10:33 | comments(1) | trackbacks(0)

Comment:
2014/03/03 11:56 AM, ひろしまじゃけん wrote:
まどみちおさんの作品はいいですねぇ(*^_^*)
感動ですo(^-^)o
あそこまで長生き出来て凄いです!
Add a comment:









Trackback: