<< 雨ふったり、晴れたり、くもったり | main | トニー賞発表 「Radio City Music Hall」 の空 >>
ジェシカ・・・その後
病院から退院してきた愛犬ジェシカ、ぐったりと、まるで魂が抜けたよう
どんな大好きな食べ物にも、牛乳もプリンも、顔をそむけ、時には吐くことも
病院からは、そんな状態なら、危険だから、もう一度、入院させるよう言われる
でも、ダメ! ジェシカは、病院に入ることで、精神的打撃を受けるのだから・・
きっと、もっと、悪くなるに違いない・・・もう少しだけ、待って!
michi、必死で、ジェシカの体をマッサージし続けた
・・・オネガイ、オネガイ・・・

1時間後、鳥肉エキスで作った重湯を差し出すと・・クンクン、そっとジェシカ舐めた
や、やった・・・
そして、夜には、何時間も煮込んだお粥を、ほんのちょっぴりだけ、口に入れた
翌日には、すりおろしたリンゴを舐め、michiが作ったレバーペーストを食べた!
食べれば、いい! 食べさえすれば、生きていける!
今日も、まだまだ食欲は完全に戻っていないけれど、目に輝きが戻ってきた
さっき、大好きなおもちゃを見つけて、ジェシカ、くわえて、ポンと一回、投げた!
直後にバタっと疲れて、また眠りに入ったけれど、明日か明後日か1週間後か、
いや、1ヵ月後でもいい、おもちゃで遊べる日が、きっと来るからね!ジェシカちゃん!

ありがとう、ありがとう、ありがとう、
神様、仏様、皆様

愛犬 Jesicaの「NY物語」 | 23:29 | comments(1) | trackbacks(0)

Comment:
2006/06/12 10:50 AM, koarin wrote:
みっちゃん、ジェシカちゃん、頑張って!
ジェシカちゃんには、みっちゃんしかいないのだから・・
Add a comment:









Trackback: