<< 「美ST」7月号掲載 フォトグラファーの予習 | main | 集中治療室の、アイスキャンディー >>
80歳の、日劇ダンシングチーム

IMG_2617.jpg

 

 

上の写真

隣で

ジャズダンスの名倉加代子先生が

微笑みながら、そっと支えていらっしゃる

紫色のバラの花束を抱え

涙ぐんでいらっしゃる方

この日が、お誕生日の高橋久代さん

なんと、80歳!

 

1年半前の秋、それこそ15年ぶりに

ジャズダンスのクラスに復帰したブログを

覚えていらっしゃるかしら?

15/10/3「名倉加代子スタジオへ復活の道」

15/10/25「名倉加代子スタジオへ、本当に復活した」

そう

一昨年の10月から、

やめることなく、何とか、レッスンは続けている

もちろん仕事で

1ヶ月も中断する時もあるけれど

少々のことでは

無理しても、這うようにして通う私

続けられているのよ、あの日から

(と、ちょっとドヤ顔の私)

 

そして、この日は

クラスで、一番年配の、高橋久代さんが

80歳を迎えられ

名倉先生も含めて

みんなで、お祝いしたのだ

 

私が30代でクラスに通いだした頃

すでに60歳近かった高橋さんは

見事に、華麗に踊っていらした

実は、高橋さん

元「日劇ダンシングチーム」の一員

「若松久代」さんと言う芸名で活躍されていた

ご存知?

日劇ダンシングチーム?

さすがに、私も拝見したことはないけれど

伝説の、昭和のエンターテインメント

最高峰のダンスチームだ

高橋さんは

プロとしての、若松久代の時代から、

現在の、趣味のクラスでも

ずっと、ずっと、ずっと、踊っていらっしゃった

(でも、決して、ドヤ顔はなさらない)

驕らず、いつまでも少女のようで

みんなに愛されて

日劇時代は

ガリガリで目だけが大きくて

「めざし」と呼ばれていた高橋さん

かわいらしい姿が、今でも彷彿と浮かぶ

 

みんな、高橋さんを目指している

踊り続けると言うのは

体力の保持は言わずもがなだけど

感性も、円熟も、

そして、何よりもメンタルの強さが、必要なのだ

みんな、80歳まで、踊れるだろうかと

不安に思いながら

でも、がんばろう!と決意する

 

高橋さんは、名倉加代子先生と一緒に

繰り返して、次の言葉を、言った

「ムリ・・しない、ラク・・しない、あきらめない!」

「無理しない、楽しない、諦めない!」

この言葉、優しさ溢れる名言だけど、

「楽しない」って所が、ちょっと厳しい

でも、ラクしないからこそ、喜びも大きくなる

 

うん

がんばろうっと!

無理しない、楽しない、あきらめない

80歳を超えても・・・

ダンス | 10:55 | comments(1) | trackbacks(0)

Comment:
2017/06/01 12:28 PM, ひろしまじゃけん wrote:
80歳ですかぁ(*_*)
全然その歳に見えなくてとても若く見えてキレイですね(^_^)vとても驚きですw(☆o◎)w
ダンスを続けてるから美を保てるんでしょうねo(^-^)o
羨ましいです!
Add a comment:









Trackback: