<< 80歳の、日劇ダンシングチーム | main | 8月31日は、極道の女! >>
集中治療室の、アイスキャンディー

IMG_2566.jpg

 

実は、この3週間

気が気ではなく

生きた心地がしなかった

なぜなら

私の友人・・・親友?・・・いや

しっくり来る言葉がない・・・

なんて言ったらいいんだろ

妹のような、姉のような、そんな存在の人

Mちゃんが倒れたからだ

 

彼女とは

30年以上前

私のマネージャーとして出会った

身の回りのことも、車の運転も

交渉ごとも、有能に捌いてくれていた

10年くらい経って

元々劇団員であった彼女は

女優の道に専念することになり

仕事上の関係は、なくなったけれど

密な関係は続いていた

他の人には言えないようなことも

お互い吐露するようになっていたし

私のことを、いつも無条件で応援してくれた

私の母kazukoさんのことも大切にしてくれ

車椅子のkazukoさんを連れて

色んな所に、食事に出かけた

Mちゃんは、食べることが大好き

いつも愛くるしく、ニコニコ

そんなMちゃんのこと

kazukoさんは、ずっと、大好きだった

 

そのMちゃんが、心不全で倒れた

救急車で運ばれ

緊急の大手術をした

その他何箇所も、

それこそ身体中の器官が弱っていて

糖尿も悪化していた

 

「 え?・・・糖尿?」

誰もが耳を疑った

そんな病気を持っていたなんて

誰も知らなかった

でも、納得した

正直な所、

Mちゃんは、普通の人の2倍ぐらいの体重がある

その上、沢山の美味しいものを食べているから

糖尿になってもおかしくなかった

私も、若い頃は

「 体のことを考えた方がいいよ 」なんて

口を酸っぱくして言っていたけれど

50歳をすぎた大人だからと

いつの間にか、何も言わないようになっていた

後悔した

 

糖尿病から、体全体の各機能が不全になり

心臓の管も、ほとんど塞がっていた

「 助かるのは、20%の確率です 」

お医者様から、そう告げられた

 

そんな・・・!!!

この世から、Mちゃんがいなくなるなんて

そんなことあってはならない

大事な大事なMちゃん

祈った

狂ったように、祈った

手術後のICUで

私はMちゃんの耳元で

「 Mちゃ〜ん、Mちゃ〜ん、大丈夫だよ〜 」

と、思いっきり大きな声で叫んだ

多分、ICU中に響いたから

看護師さん達は、驚いたと思う

もしかしたら、Mちゃんも

「 うるさいよ、みっちゃん!」

と思っていたかもしれない

それ位、大きな叫び声だった

 

kazukoさんにも、報告した

私の友人の名前は、ほとんど忘れているのに

Mちゃんのことは、しっかり覚えていて

かわいそうにかわいそうにと心配した

iPhoneのビデオに

「 Mちゃ〜ん、がんばって!」と

メッセージも送った

 

「 まだまだ山は超えていません 」と

お医者様は言っていたけれど

毎日毎日、ひとつずつ

身体中に繋がっていた管が、減っていった

そして、ようやく意識が戻った

でも喘ぐ声で、Mちゃんは言った

「 アイス・・・食べたい・・・」

口の中が、猛烈に乾燥し

高熱で、堪らなくなっていたのだろう

「 仕方がないよ、我慢しなきゃね 」

みんなで、答えた

でも・・・

 

次の日

私は凍った保冷剤を持って行った

口元に持って行ったら

Mちゃんがくわえてくれた

「 おい・・・しい・・・」

そして、看護師長さんにお願いしたら

なんと、師長さんが

特別なことを考えてくださった

口の中を洗浄する

先にスポンジが付いたスティックを

あらかじめ、水に浸して凍らす

まるで、アイスキャンディだ

柔軟に考えてくださる看護師長さん

心底、感謝した

その特別アイスキャンディで

口の中を拭いてもらうと

Mちゃんは、極上の笑顔に見える歪んだ表情で

「 ごちそうだ〜〜」

と、呻いた

 

そして3週間経った

 

Mちゃんは、まだまだ腕も上げられないし

首も自由に動かせないけれど

本物の氷も食べさせてもらえるし

ゼリーも、食事で出るようになった

この後は、リハビリの病院に移る

 

きっとこの後は

日に日に良くなるだろう

 

でもね、Mちゃん

私は、決めたよ

これから、私は、鬼になる

しっかりと糖尿の治療をし

Mちゃんの大好きな食事の制限をしなきゃ

だから、鬼になるよ

Mちゃんの周りはみんな、鬼だらけだ

みんなMちゃんのこと大好きだから

大好きだから、鬼だ

 

でも

生きてくれて、ありがとう

戻ってきてくれて、ありがとう

ありがとう

良くなったら

うんと美味しいもの

食べに行こう!

 

あ・・・

もしかしたら

私、鬼になりきれないかもしれないな

ダメな私だ

 

IMG_2978.jpg

Friends | 14:08 | comments(4) | trackbacks(0)

Comment:
2017/06/06 7:21 PM, ひろしまじゃけん wrote:
重い病気が重なってとても大変で気の毒ですね(>_<)
少しでも早く助かればいいです(∋_∈)
医師が考案したアイスキャンディで元気が出たのではないでしょうか(*^_^*)私もみっちゃんもみんな重い病気にならないように気を付けないといけませんね(><。)。。
2017/06/08 2:47 PM, 岩のたつや wrote:
大切な方がなにかあるって本当に苦しいですよね

僕も息子がガンとなり
いろいろと思うことがありました

みちさんがMさんを想うことは、かならず形になっていくと思います

本日巣鴨でみちさんかなと思ってブログをみて、コメントしなくてはいられないとおもってコメントしてしまいました
2017/06/15 2:43 PM, michi wrote:
ひろしまじゃけん様
ホント、この病院の皆様は、アイスキャンディを考えてくださったり、素晴らしい病院でした
2017/06/15 2:46 PM, michi wrote:
岩のたつや様
え?ご子息が、ガンに?
それはそれは、なんとお辛い・・・
でも、どうぞ良くなっていただけますよう、
心から、お祈りしています。
Add a comment:









Trackback: