<< 大笑いの、衣装合わせ | main | 自主トレの、共演者たち >>
軟禁されてたら、いつの間にやら、春!

 

そう

大げさでも何でもなく

軟禁状態

 

我が愛犬、カレンちゃん

2月2日に前十字靭帯断裂の手術をした後は

カレンは、外に出られず

サークルの中で、動かないよう見張られて

正に、軟禁状態

 

しかし

再手術の可能性も、と言われていたが

レントゲン検査の結果

何とか、無事

再手術はしなくてもいいですよ、との診断が!

ああ〜、良かった!

あの、悪夢のような手術直後の夜を

もう一度過ごすことは、免れたんだ!

最初からやり直しにならなくて

ホント、泣きそうなくらい、嬉しいよ

ほ〜〜〜っ・・・!

一生懸命、昼夜を問わず

毎日、動かさないよう、側で見守り

食事も気をつけ、カルシウムとコラーゲンも

摂らせたからかしら

やった〜!

 

でも、しかし

まだ2週間は、安静が必要とのこと

ただ、筋肉が落ちないように

10分以内の

「静かな」お散歩ならしてもいいですよ

とのこと

え? ええ???

「静かな」・・・お散歩?

それは、無理無理無理!

 

セリーナが産まれてから

それまで大人しく優等生だったカレンは

見知らぬ強面なワンコに出会うと

娘を守るためかワンワンと興奮するようになり

全面ヘルメットの強盗でもしそうなバイクには

弾丸を撃つかのように、吠える

この3月8日で、6歳になったカレンは

お年寄りの犬ではない

まだまだ若くて元気なんだもの

ご機嫌良い日には

セリーナと、プロレスだってしそうな勢いよ!

「静かに」歩くなんて、出来るわけな〜い!

 

もちろん

私一人で、カレンとセリーナのお散歩は無理

 

それなのに、家族が出張になってしまい

4日間も、一人で世話をすることになってしまった

元気一杯のセリーナは、お散歩なしでは

欲求不満になってしまう

ワンコ友達に

お散歩に連れ出してもらうようお願いした

そして、その間の、わずかな時間

ほんの少しだけ

外の空気を吸うために

カートで、カレンを外へ連れ出す

でも一瞬、近所だから、空気だけ

外の様子なんて、わからない

 

そう

軟禁状態なのは

カレンだけでない

私も、そう

ずっと、ずっと、ずっと、家の中

(仕事の時は、夫に交代頼むから大袈裟か?

いや、やっぱり、ほとんど家の中よ、私)

 

ようやく出張から戻った夫と

でも、久しぶりに

青山墓地へ散歩に出た

いつの間にやら

梅が満開に

あらら、いつの間にやら、春!

なんて、可愛らしい!

なんて、美しい!

春なのよ!

春よ、春〜〜〜!

 

 

しかしながら

まだ、この軟禁状態

後、2週間は必要

でも、今まで、1ヶ月以上も頑張ったんだもの

あと、「たったの」2週間

2週間だけ、軟禁状態

2週間だけの、我慢

そう

その頃は、桜だね

桜が、街に咲き始めるはず

 

カレンちゃん

セリーナちゃん

何だか、こんなに大変になるなんて

わたしゃ、夢にも思ってもなかったけど

後、少しだよ

さ!

がんばろ!

 

待ってろよ、春!

 

 

カレンとセリーナ | 14:14 | comments(3) | trackbacks(0)

Comment:
2018/03/13 3:20 PM, 朱ちゃん wrote:
本当にご苦労様&#9825;

ワンちゃん達こんなに大事にしてもらって
幸せですね!
2018/03/14 5:17 PM, michi wrote:
ホント、ワンコは幸せ。
でも、きっと私の方が幸せもらってるんでしょうね。
2018/03/20 5:09 AM, ひろしまじゃけん wrote:
カレンちゃんは再手術をしなくてよかったから安心しましたねo(^-^)o
早く完全に治ることを祈ってますm(__)m
暖かくなってきて梅の花が満開だから本当に春ですねo(^-^)o桜が満開になったらお花見するのは絶対良いですね(^_^)v
Add a comment:









Trackback: