<< 蝶々夫人とスズキ 再始動! | main | 2019年 新年のご挨拶 wt カレン&セリーナ >>
学んだ日々の「ある晴れた日に」

IMG_1988.jpg

 

年末は、色んなパーティが、あちらこちら

 

そんな中、数日前にはなるけれど

池田理代子さんの

ディナーパーティーを訪れた

 

南青山のレストランで

毎年、開催されているとのこと

理代子さんのパートナー村田孝高さん達

男性オペラ歌手3人による

エルビスプレスリー特集など

信じられないほどの素晴らしい声量で

レストランは、揺れるかのよう

 

圧巻は

やはり、池田理代子さんの歌

「ある晴れた日に」

もちろん私は

蝶々夫人とスズキ 」の稽古場で

幾度となく、この歌を聴いている

でも、本番の舞台では

理代子さんが歌っている間に

衣装の早替えもあり

残念ながら、歌を聴くことは出来ない

 

「 ある晴れた日に 」

オペラ「蝶々夫人」の中の

誰もが知っている名曲中の名曲

アメリカに帰ってしまった夫

ピンカートンを想い、歌う歌

 

「 ある晴れた日に

港に船が着くのよ

あの人の乗った白い船

やがて、人ごみの中から

あの人が丘を登ってくる

バタフライ、僕の可愛い妻よと

呼んでくださるわ

必ずそんな日が来るの

私の思いが現実になる日が

いつか、きっと、来る 」

 

その情感のこもった声の響きに

理代子さんの歌に

いつの間にか、涙が頬を伝って

自分でも驚いた

 

オペラ好きの方なら

誰でも知っている東敦子さんと言う

オペラの先生に

理代子さんは、この歌を、指導された

東敦子さんは、蝶々夫人では

日本で一番と言われたオペラ歌手だ

その東敦子さんの魂が乗り移り

理代子さんの歌を響かせているのだろう

でも、きっと

それにプラスして

47歳で音大に入り

若い人に混じって

毎日毎日、無我夢中に、必死に

「ある晴れた日に」を学んだ日々が

理代子さんの歌に

折り重なるように、入り込んでいる

きっと色んなことがあったに違いない

苦しいことも辛いことも悔しいことも

でも、嬉しいことも

そんな様々な感情が見えた気がした

だから

私、涙が出てしまったんだと思う

 

秋公演以上に

理代子さんの「ある晴れた日に」は

魅力的になるだろう

冬公演、2月の

蝶々夫人とスズキ

本当に、楽しみになって来た

 

IMG_2022.jpg

池田理代子さんを囲んでお客様達と

 

IMG_2025.jpg

男性オペラ歌の皆様と、飯田裕之さん、村田孝高さん、私、武田直之さん

蝶々夫人とスズキ | 04:59 | comments(2) | trackbacks(0)

Comment:
2019/01/20 10:19 PM, ひろしまじゃけん wrote:
見た目が素敵ですね(*^^*)
2019/01/24 5:23 PM, michi wrote:
お綺麗でしょ!
Add a comment:









Trackback: