<< 2019年 新年のご挨拶 wt カレン&セリーナ | main | 徳永ゆうき君、応援の歌! >>
94歳、今年最初の挑戦

IMG_2161.jpg

 

お正月の二日

母kazukoさんと、おせち料理を頂いた

kazukoさん、完食した

でも、食後

お腹が痛いと

私の手をお腹の上に導いた

お通じが溜まっているのかな?

でも

いつもと違うお腹の腫れにも思えた

施設のナースの方に

いつもより、様子を診てくださいね

と、お願いをし

今年のkazukoさんの健康を願いながら

施設を後にした

 

1月4日

お腹の激痛で

kazukoさん、緊急入院と連絡!

主治医と話するのに案内されたのは

内科ではなく、・・・婦人科?

 

卵巣が腫れて悪性腫瘍かもしれない

捻れも予想される

若い人なら

今すぐに手術をします

でも、94歳

果たして、手術に耐えられるかどうか・・・

先生、それは、無理

ペースメーカーだって入れているし

手術なんて、無理でしょ?

先生!

確かにそうです

出来るだけ、手術は、回避したい

2、3日、点滴で様子を見ましょう

 

でも

3日経っても激痛は治まらず

痛みを取るには

手術しか、方法がなくなった

 

どうしよう・・・どうしよう

kazukoさんに説明した

「ママ、卵巣が腫れてるの」

「まあ、腫れてるの?」

「手術で卵巣取らないと、痛みが取れないの」

「あら、まあ」

「私もね、ニューヨークで卵巣手術したけど

腹腔鏡で、日帰りだったのよ」

「え〜! 日帰り?

アメリカは、酷いわね〜

美智子ちゃん、可愛そうだったわね〜

辛かったわね〜」

「ママは、お腹切らないといけないの」

「日帰り?」

「日帰りじゃないよ」

「良かった」

「手術してもいい?」

「まあ・・・仕方ないわね」

 

手術室に向かう直前に

kazukoさんの写真を撮った

「ママ、笑って!」

kazukoさん、笑ってくれた

 

そして

2時間後

手術、無事成功

悪性の腫瘍ではなかったけれど

卵巣が大きく腫れ

捻れていた

この捻れが、激痛の原因だった

 

これからの術後

想像以上に大変になるだろうけど

ひとまず、安心した

94歳のkazukoさん

その生命力には感服した

 

2月中旬に控えている舞台

蝶々夫人とスズキ」の

直前の手術でなくて良かった

こんな時にも

kazukoさんは

ちゃんと、タイミングを見てくれるんだ

 

神様、ありがとう

今年も

神様に、お礼をすることが

いっぱいあるんだろう

でも

どうぞ、神様

今年も、kazukoさんのこと

見守ってくださいね

 

IMG_2221.jpg

手術室に向かう直前に、パチリ

 

IMG_2225.jpg

母 Kazukoさん | 11:13 | comments(2) | trackbacks(0)

Comment:
2019/01/09 4:30 PM, 朱ちゃん wrote:
kazukoさん大変でしたね!!

94歳で摘出手術ってビックリしました
お元気になりますように
祈っています
頑張ってください☆
2019/01/16 6:11 PM, michi wrote:
朱ちゃん
実は、この後大変になり、危篤状態にもなりました。
お医者様も私達も覚悟し、でも奇跡的に回復!
また、改めて、様子を書きますね。
心配してくださって、ありがとう!
Add a comment:









Trackback: