<< 新感覚時代劇の、おばあちゃん | main | 待つって、楽しいんだよ >>
22歳に戻る夜

 

フジテレビの同期会があった

その名も、豪伍会

なぜなら、昭和55年入社だったから

思えば、39年前よ!

なんと、大昔!

 

同期は21人だったけれど

この日は、半数以上が集った

同期の一人が

地方のテレビ局の社長になったことを祝う会

それに便乗して

たまたま、この日誕生日に当たった私の

バースデイも、お祝いしてもらった

 

同期の中には

今年、突然亡くなった人もいる

希望の制作部に行けないことがわかり

早々とフジテレビを退社して

医学部に入り直したK君は

お医者様になった

いつも同期の体を気遣って世話してくれたのに

働きすぎで呆気なく逝ってしまったK君

でもね

K君は、ドラマの医療監修などで

最後までテレビマンだったし

今でも、私達の大事な同期だよ

皆で、何度も何度も献杯した

 

黒岩神奈川県知事も

忙しい中、顔を見せてくれた

今回の台風

心底誠実な対応をしていた黒岩君

行き違いがあり、一部批判もされたけれど

黒岩君の姿勢に

「 オレ、神奈川県民になりた〜い!」と

声が上がるほど、いい知事さんだよ

 

最後の方に、お酒も入っているせいか

二人の男子(60過ぎた男子?)の

小競り合いが始まった

真剣に皆に向けて熱弁する男子に

何度もチャチャを入れていた男子

とうとう話していた男子は

突然ブチ切れて、声を荒げた

「 お前の顔なんか見たくない!出てけ〜」

びっくりする程大きな声が、お店に響いた

一瞬、シーンとなった

「 そんなこと言っちゃいけないよ!」

仲裁に入るのは、また別の男子

ふふふ

何だか、私、嬉しくなっちゃって

きゃっはっはと笑ってしまったよ

だって、こんなに大人になって

爆発するような喧嘩なんてないもの

同期という、心許した相手だから出来る

まるで青年の時のように

あの時

22歳前後で入社したあの頃のままに

感情を剥き出しにできたんだね

チャチャを入れた方の彼は

入社当時と変わらず皮肉屋さんだし

間に入って場を収める人も

あの頃と、おんなじような調整役

フフフ

本当に、微笑ましくて、嬉しくて

ふふふふふ

 

なんだかね

最高に素敵な誕生日の夜になったよ

Friends | 12:12 | comments(2) | trackbacks(0)

Comment:
2019/11/06 5:29 PM, 匿名希望 wrote:
フジテレビの黄金期を支えた方々ですね
2019/11/09 3:51 PM, michi wrote:
そう言って頂けて、皆、誇らしく思うかと。
ありがとうございます!
Add a comment:









Trackback: