<< 宇宙戦争なの? 神の啓示なの? | main | 再開 >>
母kazukoさん、え? 新型コロナ!

 

コロナ騒ぎは、広がるばかり

95歳の母kazukoさんの老人ホームでも

面会が出来ず

頼み込んで、テレビ電話をお願いし

アプリのZOOMを使ってみた

でも

kazukoさんの反応は、イマイチ

動画を観ている感覚で

リアルタイムで話していることが

わかりにくい

何度かトライすればわかるかも、と

言っている矢先

kazukoさんの肩部分に出来た

帯状疱疹が酷くなり

施設の医師の指示で

急遽、大病院へ入院となった

 

入院のために

ようやく久しぶりに

病院で、kazukoさんと会った

「 美智子ちゃん、どうしたの?

しばらく会ってないけれど

からだ大丈夫?」

「 元気だよ!

ねえ、ママ、東京タワーよ、見て!」

病院の11階の窓には

驚くほどに大きく美しい東京タワーが見えた

kazukoさん、ふぉ〜と感心してる

車も人も少なくなった東京の空は

美しい

 

認知があるとは言え

物事を納得できないと

絶対受け入れることはしないkazukoさんに

今回の入院の説明をしなくてはいけない

ゆっくり説明しようと一緒に病室へ

しかし、病室の前で、突然面会謝絶

全ての面会者は、入ることは出来ません

え〜!

でもでも

まだ何も説明出来ていないのに!

kazukoさん一人、病室へ

 

ガックリしながら、待つことしばし

診察をした医師との面談となった

帯状疱疹はほとんど治りかけていること

「 だから、せっかく来て頂いたけど

病院は感染するリスクもありますからね

入院する必要はないですね 」

え? そうなの?

肩透かしを喰らった感じだけど

まあ・・・良かった

入院の説明も出来ていなかったからね

kazukoさん、今頃、不安になっているものね

退院か(入院もしていないけど)

良かった〜!


と、ここで

事態は、思わぬ方向へ進む

 

ただ、念のため

そう、ただ、念のため

血液検査をすることとなった

その結果、炎症反応が高い、と出た

続いて

今度は、CT検査となった

と、ここで

何と、肺炎の症状が見られたのだ!

 

「 肺炎なので、お母様は隔離されます 」

え? え〜〜〜!

隔離の個室に移され

点滴の処置が施され

限られた数の人が防護服で様子を見る

え? え〜〜〜!!

 

「 新型コロナの可能性があります 」

へ? え〜〜〜〜!!

そんな!

一体誰から移るの?

私は2週間も会っていないし、

施設で移ったとしたら、皆感染してる

え? もしkazukoさんがコロナだとしたら

私、さっきから

耳元で大きな声で話して

顔も触って、鼻もかんで

かなりの濃厚べったり接触者

だったら、私も感染?

そしたら

私の家には

今、病気を抱えている人がいて

どんなことあっても

絶対にコロナにはかかれないのに!

 

焦った私の姿を見て

慌てて若い女医さんが言った

「 あ、すみません

私の言い方が悪かったです

肺炎の方は

全てコロナの疑いがあるとの認識で

全て、3日間隔離される決まりなんです 」

PCR検査をすることが難しいため

丸3日間、隔離して

炎症反応が治るかどうか見るとのこと

いや、でも

kazukoさんは何もわかっていないのに

突然、私と引き離され

部屋に入ってくる人は防護服の人達

しかも、点滴を抜かないため

両手は、ミトンの手袋をされて

ベッドの中に、監禁状態

どんなにか不安で

パニックになることだろう

 

しかし、どんなに交渉しても

もちろん会うことは出来ない

せめて、3日間の様子だけでも

教えて欲しいとお願いしたが

こちらから問い合わせて伝えることは

プライバシーの保護で難しいとのこと

 

それからの3日間

生きた心地がしなかった

もしコロナだったら

もし、このまま帰らない人になったら

一生会わせてもらえなくなる

たとえ、コロナでなくても

ミトンを振り回して怒り

パニックになっているkazukoさんの姿が

何度も夢に出てきた

 

そして3日後

ドキドキしながら、医師との面談をした

「 炎症反応も、かなり治まりました

肺炎は、誤嚥性肺炎と考えられます

明日、退院しても、いいでしょう 」

全身の力が抜けた

 

4日後

退院するため

隔離されていたkazukoさんの部屋を訪れた

認知のあるkazukoさん

入院するたびに、どうしても認知は進む

今回の、尋常じゃない、監獄のような入院で

私のことが分からなくなっていないかしら

言葉を忘れていないかしら

 

「 あ、美智子ちゃん

これ!これ!これ取って〜〜!」

kazukoさん、両手をバンバンと

布団に叩きつけている

見ると、まだミトンが、両手に嵌められていた

怒りの表情だけど

ちゃんと私のことはわかってくれたよ

すぐに看護師さんを呼び

厳重に鍵がつけられたミトンを外してもらった

良かった、良かった!

今、世界中にウイルスが蔓延していること

だから、kazukoさんも、隔離されたことなど

耳元で、大きな声で、何度も説明した

「 戦争?」

前に説明した時も

kazukoさんが、そう言ったっけ

その時、私は否定したと思うけど

今回は否定できなかった

「 うん・・・それに似てる 」

いろんな話をして

ようやくkazukoさん、落ち着いて

退院とあいなった

 

でもね

施設に戻ると、また会えなくなった

もうこれはしょうがない

テレビ電話に慣れてもらうしかないかな

 

母 Kazukoさん | 14:29 | comments(2) | -

Comment:
2020/04/22 8:24 PM, ひろしまじゃけん wrote:
お母さんが病気が重なって本当にとても辛いですね(T_T)
大病院に入院になって大変だし施設で直接会えないのも辛いですね、コロナウイルスのせいで我慢なんか限界ですね(~_~メ)
2020/05/05 1:41 PM, 朱ちゃん wrote:
取り敢えず良かったですね
帯状疱疹は痛かったと思います。
誤嚥性肺炎も怖いですね
面会出来ず心配でしょうが
和子さんお大事に
早く元気になりますように
Add a comment: