<< ココロのケーキ | main | カタミワケ その5 >>
平山あや そして 二人の 大原まゆ
mayu

映画「ココロの星」の主役は、21歳の乳がん患者、「大原まゆ」
アイドルでもあり、女優の平山あやちゃんが、等身大の「大原まゆ」を演じきっている
そして、「ココロの星」の原作者、本物の「大原まゆ」さんが、陰で作品を支える
実際、乳がんを克服したまゆさんは、体験した闘病生活を、リアルに再現しようと奮闘
その姿は、過酷な撮影現場にもかかわらず、毎日、元気一杯前向きで、素直に頭がさがる
michiも、原作の「おっぱいの詩」(講談社)を読んで、現場にのぞんだ

michiの役柄は、治療で禿げてしまった頭を派手な帽子で隠し、明るく振舞うが、
結局、このシーンの直後、亡くなったという設定だ
同じ、乳がんを患っても、当然のことながら、先は「生か死」という2本道に分かれる
michi、「ココロの星」の撮影、終了!

cancer

映画「ココロの星」 | 03:49 | comments(5) | trackbacks(0)

Comment:
2006/11/07 11:09 AM, クナイ キコ wrote:
同じ女性としては、軽く考えられない病ですものね。どんな人間にも、まさか自分が??って考えますものね・・・・もし、自分だったら??って考えてしまいます。
2006/11/11 3:23 PM, 腹ペコ肉饅 wrote:
友人が、乳がんと戦っている最中です。
本当に戦うって言葉がピッタリです。
映画の公開、楽しみにしています。
完治以外の結果が、怖ろしいですが・・・。
2007/05/09 5:49 PM, 丸山 健一 wrote:
今テレビやっていて、まゆさん出てます、ノニ知ってますか
ジュースです、ガンに対し改善が見えた人が数多くいます、是非試してみたは如何ですか。
2007/05/10 10:02 AM, 若婆 wrote:
昨日、テレビで大原さんをしりました。映画みたいです。
2008/02/14 2:11 PM, いろは wrote:
michiさん
やっとこさ。
わが町の映画館にも「Mayu」が来ました。
で、早速見に行ってきました。
母ちゃんが卵巣がんで・・・って、うちと一緒じゃん。他人事に思えませんでしたよ。
なかでもうれしかった?のが、
抗がん剤による脱毛をリアルに再現し、またさらしてくれたこと。ショックだけど、現実。この現実をなかなか映像にしてくれる人がいなかったように思います。
でも、また、必ず生えてきますからね。も、入れてほしかったなぁ。なんて。。(言ってたカナ?)
元気な髪が生えてきますよ。楽しみに待っててくださいな。。・・・ってね(^_-)-☆
Add a comment:









Trackback: