<< マンハッタンの お足元 | main | 子供も 大人も  チムチムチェリー >>
半年目の セントラルパーク
central park3/31

セントラルパークに、行った
前に公園の中に入ったのは、去年の9月だったから、半年も入っていなかった
いや、何度も、足を踏み入れようとして、出来なかったんだ
でも、このまま、行かなかったら、一生、行けない気がして、
3月中に、行くぞと決意していたから、思い切って、公園の入り口に、足を入れた

どの土の上にも、草の陰にも、裏道も、愛犬ジェシカの匂いが残っている
やっぱり ・・・ スイッチが入ったように ・・・ 滂沱の涙だ
真夏の汗のように、大量に、次から次へと噴き出すんだな ・・ 困ったことにサ

木々の芽は、膨らんではいるものの、まだ、芽吹いていなかった
気温は、10℃位だから、肌寒いけれど、必死に歩いていたら、汗ばんできたよ
反対に、ナミダは、次第に流れなくなって、やがて、止まった ・・・ よぉし!

これからは、毎週セントラルパークに出かけよう!
春の訪れを、ちゃんと、この目で、からだで、感じなくちゃ・・・
きっと、そんな逞しいmichiの後ろを、
ジェシカもビギンも、ひょこひょこ、追いかけてくれるだろうからサ

愛犬 Jesicaの「思い出」 | 23:43 | comments(3) | trackbacks(0)

Comment:
2007/04/01 3:49 PM, santabarbara wrote:
ビギンちゃんとジェシカちゃんの想い出に涙があふれても、、、それ以上に微笑みが溢れ出てくる日が、いつかきっとくると思います。ふたりのわんちゃんは、いつもみちさんの隣にいると思います^^
2007/04/01 10:14 PM, はむはむ wrote:
michiさん、こんにちは。
はむはむです(って分かるかな〜)。
初めてコメントさせていただきます。

72丁目のあたりは花が咲き始め、冬枯れの景色に
色を添えていました。
michiさんの心にも少しずつ春が訪れますように。


2007/04/03 4:20 AM, Sora wrote:
michiさん、思い出に面と向き合って流す涙はとても美しく力強いものだと思います。きっとジェシカちゃんとビギンちゃんもきれいな毛並みをなびかせて、michiさんを追いかけていることでしょう。例え姿は見えなくても、温かい風の中とかに2人の存在を感じるのかもしれません。
Add a comment:









Trackback: