<< ユニオンスクエアの 画家達 | main | 演出家 >>
映画 「 ヘアスプレー 」 の 大人達
hairspray2

話題の映画「 HAIRSPRAY ヘアスプレー 」を、55丁目のZiegfeldの大画面で見る
1998年にオリジナルの映画でヒット、2002年にはブロードウェイでミュージカルとなり
2003年には、トニー賞8部門獲得をして、いまだに、ブロードウェイで大ヒット中!
michiも、この舞台を、3年前に観た時、
なんとアメリカらしく明るく楽しいミュージカルだろう!と、元気さに目を見張った

そして、リメイクされた2007年版の映画は、
まずは、主役の新人オデブちゃんNIKKI BLONSKYが、はち切れんばかりにキュート
ちゃんと人種問題なども絡んで、この作品が映画、舞台、再映画化と続くのも納得
・・・ しかし、何とも、ウキウキ、ワクワク、楽しいんだ ・・・
何が、楽しいかっていうと、ジョン・トラボルタとクリストファー・ウォーケンの夫婦
太ったお母さんに特殊メイクしたジョンが、最後踊りだす時は、客席もウワーと沸く
どう考えたって、ジョン・トラボルタは、映画「サタデーナイトフィーバー」!!!
あの映画で一発屋のように消えてしまったジョンが「パルプフィクション」で復活し、
その後、色んな映画で、存在がぎゅーっと詰まったセクシーさを披露してきた
そのジョンが、お母さんだよ、お母さん!
「サタデーナイトフィーバー」が、太ったお母さんになって、踊るのよ!!!

一方、クリストファー・ウォーケンは ・・・ やっぱり、「ディア・ハンター」
クリストファーは、多くの映画に出続け、変わった役柄を選んで出演しているけれど、
michiにとっては、「ディア・ハンター」の、端正な、ニックの役でしかない
そんな夫婦役の二人が、過去の多くの作品を体に沁み込ませて、軽妙に踊るあたり、
俳優としての、重さだとか軽さだとか人生だとか、そんなものがフラッシュバックする
・・・ かなり、偏見に満ちた、斜めの見方かもしれないけれどね ・・・
他にも、ミッシェル・ファイファーとか、クィーン・ラティファとか豪華なキャスト!
大人達が、楽しんでしまっているから、観る方もハッピー!楽しんでしまう作品だよ

hairspray
Copyright NEWYORK TIMES

in the audience 客席にて | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0)

Comment:
Add a comment:









Trackback: