<< I and Me & You and I 劇評 | main | 残り、一日 >>
アメリカ人の 笑いのツボ
オフ・ブロードウェイの二人芝居「 I and Me & You and I
ようやく、サウンドもライトも、整ってきた、後半二日目 
本日の観客は、あちらも、こちらも、アメリカ人だらけの、満員御礼!
とにかく ・・・ ワハハ、キャハハ ・・・ 良く笑う!笑う!笑う!
・・・ へえ〜? こんな所でも、笑ってくれるなんて ・・・ 
大声で、周りに関係なく、大笑いするアメリカ人達

終演後、口コミで、何気なくやって来たと言うアメリカ人に、声をかけられた
「 キャー! 猛烈、ファニー! でも、うんとハートにも響いたわ! サンキュ! 」

多くのアメリカ人の中に、Vickyの姿もあった
ヴィッキーは、相手役ポタンのオーディションを手伝ってくれた友人の女優
昨年4月のリーディングの時も、また、今回のステージのため、
今年9月にも、オーディションを、新たに行なっているが、
ヴィッキーは、michiの代わりに、応募者の為に、洋子のセリフを演じた
( 2006/3のブログより 
だから、リーディングも、本番ステージのオーディションも受けていたEMIは、
一番最初に発したポタン役のセリフを、ヴィッキーと、演じたことになる
ヴィッキーは、michiの今までの長い歴史も知っていてくれる
でも、同時に、EMIの成長ぶり、その逞しさに、まるで、母親のように喜んだ

後、たった2日の公演
アメリカ人は、笑いのツボに入ったけれど、
ようやく舞台用語で言う「 初日が明けた 」この日、
michiは、淋しいツボに、シュルシュル、入り込みそうになっている
でも、後の2回、もっといいものにするために、やります

vicky

I and Me  直前から、本番! | 23:14 | comments(4) | trackbacks(0)

Comment:
2007/11/18 2:23 AM, Sarami wrote:
先週に引き続き、2回目の舞台を観ました!最初はストーリーを追うのに必至だったからか、2回目なのに、「ポタンってしずこっていうんだー」とか「こんなところに、こんな音楽あったっけ?」と、すごく新鮮。なんか随分色んなところが変わった気もするけど、気のせい?か、生き物だから、お芝居をしていくうちに、やっぱり変わっていくのかなー。
なんか周りのアメリカ人が、超ウケていたからか、私も笑いと涙のツボに入っちゃった。おふたりの演技とかハーモニーも、なんか観ていて違う気がする(エラソーですみません)し、なんか、あと2回なんてもったいない…。日本語バージョンが、観たくなってしまいました。
2007/11/18 3:44 AM, ziggy's wrote:
後半に入って、ノッテきたってヨウコ&ポタンそして、ポタン&ヨウコって感じだよッ!!やっぱ、日を追うごとに、各々のキャラクターが自分の中で
ドンドン『消化』され、そして、それが
ドンドン『昇華』されていくんだろうな〜
舞台って!!
それに、最初に観た時より、照明のタイミングやメリハリも合ってきたような気がするのは....もしかして同じなのかもしれないけど...でもやっぱ、なんか呼吸が合ってきたって気がするヨ。

でも、やっぱ、アメリカ人の観客の方って、反応が凄いよね。ワッハッハワッハッハとよく笑う、まあ時折、ここ、笑うとこ?ってな時もあるけど....日本人は、どうもワッハッハ、ギャッハッハという勇気(?)がないのか...押し殺すようにクック、クックって笑っちゃうから....あと2日、クックからハッハで笑いましょう〜〜〜!!99から88?!
後2回....でもこれが次へとつながる2回だから、さらにシュルシュル....明るい未来のツボに入ろうね〜〜!!がんばってね〜〜〜
2007/11/18 11:25 AM, パパゲーナ wrote:
よかった、よかった。ほっとして私のほうが涙が出そう。ニューヨーク時間で考えるとあと一回あるんですね。
楽しんでー。
ああ、観にいきたい。いきたーい。
2007/11/18 12:13 PM, みゅ〜♪ wrote:
娘と二人で観てきました。
お二人の熱演、娘も夢中で観ていましたよ。
アメリカ人にもわかる笑いのようですが、
日本人の私には、微妙なところもわかって、
きっと彼らよりちゃんと理解して笑っているぞ、
などと変なプライドが。。。(笑)

入れ替わってからのmichiさん、
最高でした!!!
しっかりトレーニングもされたのでしょうか?
体力的にも見事な動きでしたね。

後1回ありますが、一足先に
「お疲れ様でした。そしてありがとうございました」
Add a comment:









Trackback: