<< エッセイ わが街わが友 9 銀座 | main | 錦秋 の 日本 >>
エッセイ  わが街わが友 (最終回) ニューヨーク
2003年の10月、私は、夫の赴任でNYに移り住んだ。
仕事は、日本と往復でするが、NYでは、駐在員の妻。

ダンスを習い、美術館にも行き、オペラやミュージカルも観る。
正に、芸術三昧の毎日。
生まれて初めて、油絵も始めた。
意外にも先生に「グレイト!」と賞賛され、展示会に出してみたら絵も売れて驚いた。
次々と絵画がリビングの壁を埋めていく。
ある日、並んだ絵を見ながら、ハタと気がついた。
「 私がNYで残すものは、コレだったのかな・・ 」

女優として、残すものは、他にあるはず。
あの作品、私が脚本を書き、上演した二人芝居。
私とわたしとあなたと私
 
その日から、友人達と英訳をし、プロダクションに持ち込む、長い闘いが始まった。
日本から多くの作品がNYに来て、凱旋していく。
でも大半は、NYに住む日本人の為のもので、アメリカ人は、まず観ない。
大人の為の芝居「私とわたしとあなたと私」は、必ずニューヨーカーの心も掴むはず。
脚本を読んだプロデューサーは大きく頷き、公演への道を引き受けてくれた。

私とわたしとあなたと私」は、「I and Me & You and I」と名前を代え、
まずは、「リーディング」と呼ばれる朗読会を、2006年の4月に行なった。
本読みをし、その反応如何で、本番への道が開ける。
作品は無事、ステージへの切符を手に入れることができた。

演出は、アメリカ人。
相手役はオーディションを勝ち抜いた女優。
I and Me & You and I」は、今、NYの舞台にデビューした。
しかも、オフ・ブロードウェイの劇場。
夢の、オフ・ブロードウェイ!
 
思い起こせば、大学時代「教師」の内定を断り、「劇団」に入り、
フジテレビ「アナウンサー」の寄り道はしたけれど、
このオフ・ブロードウェイの舞台に立つ為に、私は今まで、歩んできたのかな・・・。

人生というのは、本当に、「一本」に繋がっている。

**************************************
( 東京新聞 2007 11/29 掲載 )

エッセイ | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0)

Comment:
2007/12/08 1:15 PM, 桜咲 wrote:
一本につながった道を感じることが出来たなんて 本当に幸せな事だと思います。 人生で それを感じる瞬間があれば生まれてきた意味もあると。 充実感も達成感も すべてミチコさんの努力の結果ですね。 改めておめでとうございます。 私も幸せな気持ちにさせてくれるブログでした。
Add a comment:









Trackback: