<< サポーター通信リーデイングフォトギャラリー | main | 春だよ >>
Readingを 終えて
It's such a relief to have successfully carried out our Stage Reading.

Readingを終えて数日がたち、少し、ほっとしたmichi、体の疲れも、ようやく癒えた。
I and Me & You and I リーディングは、本番に向けて、多くの意味があったと思う。
ひとつは、この作品を、ビジュアルで確認できたこと・・・
東京の作品を観ていないスタッフ、サポーターにとっては、はっきりと目で確認できた。

そして、michi個人にとっての、大きな意味、発見は、山ほどあった。

ひとつめは・・・アメリカ人は、日本人より、良く笑い、良く泣いたこと。
ニューヨーク大学で脚本の授業を教えているアメリカ人は 「いやー!おもしろかったし、
泣いちゃったよー! でも、日本人は、みんな、笑わないから不思議だ! どうして?」
客席にいる日本人は、メインのサポーターだから、皆見るのも緊張していたから無理ない。
そうか!脚本さえ通じれば、アメリカ人にも感動は通じるんだ!それが第一の嬉しい発見。

ふたつめの大きな意味とは・・・とにかく、英語で、michiが全編を通せたこと。
実は、この作品は、セリフの多さとテンションの高さで、日本語でさえ通すのが困難。
初演で初めて通し、ぐったり稽古場の床に倒れてしまったことを思い出す(ドキュメント
実は密かに、観客の前で全編通せるのか、一番心配だった。でも、出来た、出来たよー!

そして、もうひとつ・・この作品は、もう、michiだけの作品ではなくなったということ。
I and Me & You and I は、すでに、スタッフと、そして、サポーター達のものになった。
そして同時に、日本での、2002年と、2003年の「私とわたしとあなたと私」を通して
関わった全ての、また多くの人達の作品なんだと、今更ながら改めて、michi、実感した。
初演を観た人なら、写真を見て気づくだろうけれど、michiの衣装は、初演と同じもの。
michi、クライマックスで涙したのは、もちろんAIの芝居に入っていったこともある。
しかし、それ以上に、日本での作品に関係した、多くの人達の顔が、フラッシュバックし、
その熱い思いが、もう、布が擦り切れてしまった衣装を通して、噴出したのかもしれない。
そしてNYでも同じように、多くの気持ちがI and Me & You and Iに込められ始めている。
おそらく、本番に向けて、一層限りない人の手と情熱と時間が、注入されていくのだろう
・・・ うん ・・・

「CONGRATULATIONS! おめでとう!」
と、沢山の人から、声をかけていただいた。
ありがとう! 嬉しい!・・・でもね・・・
「NOT YET !!」
まだまだ・・・まだまだ・・・まだまだなんだよ
この冬I and Me & You and Iが、どんなものになるのか、実はmichiにも想像できない
でも、michiも、ドキドキ、ほんの少しおののきながらも、楽しみにすることにします
こころから、ありがとう
そして、おつかれさまでした
ありがとう

I and Me 「リーディング」本番 | 22:19 | comments(4) | trackbacks(0)

Comment:
2006/04/18 10:38 AM, アップル wrote:
ワーイ! やっとmichiさんの登場ですね!!
NYでの挑戦を決心してからリーディングまで、、特に最大の難関の脚本の翻訳作業等、常に大きな不安と戦いながらも前を向いて努力してきたmichiさんとサポーターの皆さん。脚本でアメリカ人を感動させる実感が得られたことは大きな成果、本公演に向けて確信が持てたってことですね。
まだまだこれから、、でもやっぱり、ここまで頑張ってきた皆さんに、おめでとう!!!

2006/04/18 3:08 PM, 純 wrote:
こんぐらっちれーしょおん♪一歩進んだMichiちゃま
すごいなぁ。私は現在 仕事とまってます。ビコーズ 移籍中だからです。
2006/04/18 10:06 PM, Shinobu wrote:
本当にほんとうにホントにおめでとう!まだまだこれからなのに、ブログ読んでるだけで感動して(涙)(*_*)今すぐにでもNYに飛んでいきたぁい。冬まで待てないよ〜。
2006/04/18 10:50 PM, kappa wrote:
みっちゃーん、すごいよー。
あのですね。英語であれだけ覚えて通すっていうのはですね、それだけで本当にすごいんだから。それで熱演するんだから。私恥ずかしながら昔英語の教材のビデオに出演したことがある(汗)んですが、本当に辛かったっ。(すんません、そんなことと比較して。でも想像しただけでぶっ倒れる)。
いったん大河ドラマで日本でぶいぶい言わせてから、またこちらに戻ってきてくださいっ。待ってます。
Add a comment:









Trackback: