<< チェ 28歳の革命 39歳別れの手紙 | main | 飛行機の中の おくりびと >>
事実は 映画によって もっと奇になる
changeling
(C)2008UniversalStudios.ALLRIGHTSRESERVED.

クリント・イーストウッド監督の「チェンジリング」を見た

何より凄いのは、実話であること
実話を、一級のドラマとして監督が伝えたこと
主演のアンジェリーナ・ジョリーが、比類ない母性の強さを見せたこと

「こんな馬鹿げたことあっていいのか」と、観客は憤る
でも、これは、事実
クリント・イーストウッド監督が、この事実を丁寧に描いた
その上、合間に、映画人である優しさを挟む
アカデミー賞に「或る日の出来事」が決まるエピソード
主役の母親を見守って来た職場の上司が、賞を楽しむパーティに誘い
母親に断られると、優しく引き下がる目が、温かい
腐敗した嵐のような事実の中での、ほっとする目
こんなところが、イーストウッド監督っていいなと思う

アンジェリーナ・ジョリーといえば、成田空港で、
夫のブラッド・ピッドと、子供達を引き連れた姿を思い出すね
その上での、子を思う母親の狂わんばかりの姿と、強靭な演技だ

作品も監督も俳優も、ある意味、色んな「事実」が入り交じっている
秀作!

in the audience 客席にて | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0)

Comment:
Add a comment:









Trackback: