<< ミュージカルの金字塔 ウエストサイドストーリー | main | ニューヨーク 最後の 夜 >>
踊りだす 劇場
boys & girls

リバイバルミュージカル「Guys and Dolls」を観た
一緒に見た友人は、宝塚の、大地真央さんと黒木瞳さんの主演版を
日本で観劇したと言っているから、それも、すごい

おなじみの曲が流れ、まあ、楽しめるのだが、
実は、私にとって、一番ウキウキしたのが、周りの観客
右隣のおばちゃんも、後ろの男性も、舞台と一緒に口ずさんでいるし、
もう少しで、立って踊りだしそうに、大きく体を揺らしている
時々、ダンシングしたおばちゃんの太い腕が、私にぶつかるのだが、
大きく笑って、「ごめんなさい!」と、振り向かれると
やっぱり笑って、「だいじょうぶよ!」と、答えてしまう
皆が楽しんでいるのを感じると、こちらも幸せな気持ちになるものね

私も、日本で、宝塚バージョンを見ておけば、
もっともっと、楽しかったかもしれないし、
隣のおばちゃんと一緒に、踊りだせたかもしれない・・・ザンネン!

新・NYのお話 | 23:51 | comments(2) | trackbacks(0)

Comment:
2009/03/24 8:39 AM,  wrote:
美智さん、『ガーズ&ドールズ』じゃないの?
2009/03/24 8:49 AM, michi wrote:
ひゃ! ホントだ
「Boys and Girls」だなんて、どこから出てきたのかしら
時差ボケの、朦朧とした中で書いていたからかな?
(と、言い訳です)
教えてくださって、ありがとう!
訂正いたしました!
Add a comment:









Trackback: