<< 観光客は限られる ブータンへの道  | main | 舞台 キャラメルボックス >>
ブータンの キラキラ 子供達
kid

ブータン人のガイド、シェラブさんから、撮影の際の注意を受けた
「 もし皆さんが、子供達の写真をとっても、
チョコレートとか、鉛筆とか、飴とか、
絶対に、あげないでください
かわいいからと言って、何かをあげたら、
ブータンの子供達の未来は、なくなります 」

ブータンでは、大人も子供も、写真を撮影する時、
必ず笑ってくれる
そして、手を振ってくれる
怒ったり、何かを要求することは、しない

しかし、上の写真を撮影する時、
女の子が「 ギブ ミー マニー! 」と、お金を、ねだった
驚いて、「 そんなこと言っちゃダメ! 」と叱った
でも、その後、ギブミー ハット、ギブミー バッグと続けたから
英語の「 Give me〜 」の練習をしていたのだと知って、ほっとした

農村の、日本から見たら貧しい生活の子供達も
同じように、笑い、手を振る
ブータンには、不良の少年少女は、どこにもいないそうだ
何が貧しく、何が豊かなのか わからなくなる

kid
おじいちゃんの顔を、おもちゃのようにひっぱたり、キスしたり

kid
レストランで遊んでいた子供達
スパイダーマンの洋服を着て、ご機嫌な男の子

kid
織物店の片隅で、販売員の女性が子連れ出勤

kid
織物工場では、お母さんの織る手を見ながら、遊ぶ女の子

kid
写真を撮って!と、後を付けて来た学校帰りの子供達

kid
雨の中、学校近くの公園の軒下で、宿題を始めた女生徒二人

kid
山の畑で、大声で歌ったり、踊ったり、犬も、はしゃぎ走った

kid
お姉ちゃんが、弟を背負って、子守り

kid
お兄ちゃんが、弟の三輪車を押して、遊ばせる

幸せの国 ブータン王国 | 22:22 | comments(3) | trackbacks(0)

Comment:
2009/05/21 12:15 AM, ziggy's wrote:
都会ではお見かけしないような
大人も子供達も、なんとも澄み切った眼差し
表情を見てるだけで、心の中に、爽やかな風邪?
いや、新型インフルエンザじゃあ〜なくって、、、
爽やかな風が吹く感じがして、思わずニッコリ
しちゃったヨ。
いや、これは、ミチさんの写真の腕前がいいのか?!
いや、これは、ミチさんの眼差しが澄んでるからか?!
おっ〜と、持ち上げ過ぎ〜〜〜!?!?!
素敵な写真、ありがとう!!
2009/05/21 7:00 AM, Sora wrote:
おひさしぶりです、Michiさん。 ブータンに行かれたのですね。

観光がもたらす経済は国にとって大事でしょうが、それに頼らないが故に守られるものはもっと大事な気がしてしまいます。
“何が貧しく、何が豊かなのか わからなくなる”−とっても素敵な言葉でした。

なんだか、姿勢を正した気分になりました。Michiさん、ありがとう!
2009/05/24 5:54 PM,  wrote:
Ziggyさんも、 Soraさんも、
とてもポコポコ温かい眼差しを持っていらっしゃるから
色々、感じてくださるんだと思います
NYにお住まいだとブータンは遠いけど、
一度、行かれてはいかがですか?

Add a comment:









Trackback: