<< 紙吹雪の 千秋楽 | main | 断崖絶壁 3000mの聖地へ 登る >>
チーズと辛さ ブータンの食べ物
food

food

ブータンのお料理は、野菜が多いから、日本人の舌にもあう

ブータン特産のレッドパンダビールは、酵母のきいた銀河ビールのよう
でも、瓶の底にどんより酵母が溜っているから注意しなくてはいけない

食べ物は、
アスパラガス、じゃがいも、ぜんまい、かぼちゃなどの野菜
豚肉や牛肉、御飯、そば粉の練り物など
アジアなのに、お醤油はない
チーズ、塩、唐辛子、山椒で味付けられる

そして、何と言っても、ブータンの代表料理は「エマ・ダツィ」
とうがらしを、チーズで煮込んだもの
もう、それはそれは辛いのだけど、味わい深い
実は、私は辛いものが、大の苦手だったのだが、
このエマ・ダツィを試してから、開眼したようで
今、日本に戻って来てから、辛いものに、挑戦し続けている

日本人の舌に合うと言っても、やっぱり飽きて来るのは確か
単調な味と、毎日だと、チーズの臭いが鼻に突く
途中の自由時間、私はインド料理に行ったのだが、
別のグループは、高級ブータン料理と、庶民的ブータン料理と
違うお店に繰り出した
でも、後で聞いてみると、メニューは、どちらも同じだった
レパートリーとしては、少ないように見受けられる

今や世界中にあって、携帯することもなくなったお醤油だけど
ブータンに行く時は、必ず、持って行かれることをお勧めします!

food
左はチーズで煮込んだじゃがいも 右はエマ・ダツィ

food

food
そばがきのようなものに加えて、左下は、エマ・ダツィ

幸せの国 ブータン王国 | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0)

Comment:
Add a comment:









Trackback: