絵の力 脳の不思議

 

この頃の母、kazukoさん

めっきり無口になり

認知症も進んでいて

会いに行くたび

ちょっと悲しい気持ちになってしまう

 

施設のラウンジで

毎日のように、ケアの皆さんが

絵が得意なkazukoさんの為に

色鉛筆を出して

絵を描かせようとしてくれている

でも

kazukoさんは、まるで乳児のように

少し描き殴るだけで

すぐに眠ってしまったり

トイレに行きたいと訴えたり

絵には程遠い

その姿を見る度に、寂しくなってね

大好きな絵さえ

描かなくなってしまったんだ・・・と

胸が、いつもザワザワしていた

 

訪れたこの日

いつものようにkazukoさん

色鉛筆で、プリント用紙の裏に

何かを描いていた

前に置かれたお正月のお飾りらしい

kazukoさんの隣に

カレン、セリーナのカートを置き

私も、目の前に座って見学

kazukoさん

「 かわいい、かわいい 」と

カレン、セリーナの頭を撫でる

しばらくした頃

スイッチが入ったように

色鉛筆を次から次へと出して

描きかけていた絵に

色を加え出した

その筆圧は、しっかりしている

顔の表情が、どんどん真剣に変わった

あ〜

昔のkazukoさんの顔

ママの顔

 

やっぱり途中で

眠くなってしまって

完成はしなかったたけれど

寄せ集めの色鉛筆で描いた絵は

kazukoさんの力強いタッチ

 

その後

帰る私を見送る時には

「 車の運転、気をつけなさい!」

と、いつも昔声かけたように

大きな声で、笑顔で見送ってくれた

昔の、ちょっと口うるさいkazukoさん

戻って来た、kazukoさん

 

この「 絵の力 」

一時的なものなのかもしれないけど

その威力にびっくりした

そして何よりも、嬉しくなったよ

人の脳味噌って、不思議だ

 

今度はね、ママ

もっと描きやすいクレヨンのセットと

スケッチブック

持って行くからね

もっと、違う絵を描いてね

もちろん、カレンちゃん、セリーナちゃんも

隣で、しっかり鎮座して、応援してもらうから

 

 

 

母 Kazukoさん | 13:54 | comments(2) | -

人生のキーウーマン 洋子

 

朝、北海道の友人から電話があった

泣きじゃくっていて、言葉が聞き取れない

「洋子が・・・洋子が、亡くなった」

「・・・うそ〜!」

 

洋子は、大学時代の友人

国立市のあちらこちらに

下宿していた8人の仲間の一人だった

8人で、美しい街国立を闊歩し

ふざけて歌歌ったり踊ったり

誰かの下宿に押しかけ

誰かが作ったカレーを死ぬほど食べて

朝まで真剣に語りあったり

そんな、仲間

全ての自分を出せる間柄

 

だから、大人になってからも

LINEでは「国立グループ」と名づけ

近況を報告し合っていた

北は札幌、南は鹿児島

全国に、皆散らばっているけれど

繋がっている

Facebookとかあるけれど

私自身は

あの場では、本音を語れない

弱みも見せにくい

でも、LINEの国立グループでは

弱い自分を曝け出すことが出来た

 

洋子が気管支系の病気だとは知っていた

でも、そんなに酷いとは知らなかった

彼女は、弱みを見せていなかったんだ

気丈な洋子は、最後まで気丈だった

 

生きていく上で、色んなキーポイント

ターニングポイントがあるけれど

私にとって、洋子は

間違いなくキーマン、キーウーマンだった

 

大学卒業して半年後のある日

私は、まだ国立のアパートにいた

その日から海老名市での

ウグイス嬢のアルバイトが10日間あり

その準備で忙しくしていた

大学4年生の時に入った劇団

東京キッドブラザーズは

母との1年期限の約束があったから

すでに退団していた

不安だらけの毎日

その日朝、電話で尋ねたフジテレビは

アナウンサーの募集をしていた

でも、締め切りは翌日の消印までで

手元に証明写真がなかった私は

すぐに諦めていた

当時、証明写真は

ネガを出して受け取るのに

丸1日は必要だったから

 

四畳半の下宿の部屋に

ふらりと入って来たのが

国立ファミリーの一人、洋子だった

卒業後、すでに皆は

実家に戻っていたから

国立にいるのは

3人ぐらいしかいなかった

洋子は、数学科の大学院生だったのだ

忙しくボストンバッグに

荷物を入れる私を見下ろすように

洋子はベッドに座って

いかに数学の問題が解けないか

気晴らしが必要なんだと

つらつら話していた

私も

今朝電話したフジテレビのことを

何気なく話した

「 あ!」

洋子が言った

「 私が応募書類、出してあげる 」

ネガを写真屋に出して

明日、写真を受け取って

出してくれると言う

「 いいよ、そりゃ面倒だし悪いよ

それに、受かるわけないもん 」

「 いや、私に出させて

気晴らしになるから、問題解けるかも 」

その行動が、

なぜ問題解けることになるのか

さっぱり私にはわからなかったけれど

私は、洋子の目の前で

躊躇しながら履歴書を書いた

そして

ネガと一緒に、洋子に託した

アパートを出て、別れる時

「 じゃあね! よろしくね〜!」

なんて、軽く洋子に声かけたものの

全然、期待なんかしていなかった

 

そして

真面目な洋子は

その足で写真屋に行き、ネガを出し

翌日、写真を受け取り

履歴書に、ノリをつけて貼り付けて

封筒に丁寧に入れ

ポストに投函してくれたのだ

その後

私は、フジテレビに入社した

 

やがて、退社はしたけれど

アナウンサーを経験したことが

全ての根幹となった

 

あの日、洋子が

4畳半の下宿にやってこなければ

今の私の人生はなかった

確実に、なかった

 

洋子に関しては

いっぱいいっぱい思い出があるけれど

それは、国立ファミリーの皆で会って

話そう

そうすれば、天国で笑ったり

そりゃ違うと言ってムキになったり

するだろう

 

でも、私はここでしっかりと

言っておかなくてはいけない

本当に感謝です

ありがとうね

洋子

ありがとう

Friends | 12:09 | comments(0) | -

2020 にんまりまあるく

 

2020年

新年、あけましておめでとうございます!

 

毎年恒例の「おめでとうの歌」

愛犬のカレンとセリーナと

一緒に歌っています

本当は、もっとウォ〜〜〜と

雄叫びを上げてくれるはずなのですが

ちょいと、ノリノリとはいきませんでした

でも

ちょっとだけクスッとしてくださって

ちょっとでも、元気になってもらえたら

幸い!

 

2020年!

何だか、ワクワクしますね〜!

東京オリンピックの年!

因みに、チケット

私は、サッカー3位決定戦しか

当選しませんでした

これって、微妙なところです

日本代表には

3位決定戦には出てもらいたくない

どんなことあっても、決勝進出!!

しかし

私は3位決定戦しか観戦出来ない

ね、微妙でしょ?

 

2020

にい、まる、にい、まる

この響きも、柔らかくて素敵

にんまり、まあるい

でしょ?

どうぞ、2020

この響きのように

「にんまり、まあるい」年になりますように

災害のない年となりますように

みんなが、幸せな年となりますように

 

個人的なことだけれど

昨年の半分は、大変な年でした

試練の年

でもね

人には、必ず試練の時があるもの

だからね

この過去の半年を受け止めて

2020年は

にんまり、まあるく

優しく素敵な年になるよう

踏ん張りますね

幸せは

神様から頂くものでもなく

人からでもなく

運でもなく

偶然でもなく

ただただ

自分の心で

引き寄せるものだから

でしょ?

 

2020

にいまるにいまる

にんまりまあるく

よろしくお願いいたします!

カレンとセリーナ | 00:00 | comments(0) | -

時代劇 情報解禁

 

きゃ〜〜〜

私ったら

ここ1ヶ月以上

ブログ、アップしてなかった!

母のことやら、家族が入院していたりして

ちょいと大変な日常に追われてしまったよ

こんなに、書けなかったこと、初めて!

すまん!

 

何はともあれ

出演番組の情報が解禁になったので

お伝えします

抱腹絶倒!新感覚ドラマ!

「大江戸スチームパンク」

2020/1/18(土)テレビ大阪で放送

その後、

TSUTAYAプレミアムにて特別配信されます

私は主人公、萩原利久君演じる佑太の

お母さんがわりの、祖母お月役

物語は、江戸と似ているようで違う町

「大江戸」を舞台に繰り広げられる

SFコメディ時代劇!

 

なんせ、ひと月の間に5回も

撮影場所の日光に泊まりがけで通ったのだから

色んなことがあったよ

電車が止まってしまって(3回も!)

キャリーバッグ引っ張りながら右往左往とか

陽が落ちて、撮影延期で急遽宿泊だとか

雨が降っているから、撮影休止で延泊とか

慌てること、いっぱい

でも、紅葉真っ盛りの日光で

仕事をさせてもらえるのは

ありがたかった

また、それこそ

33年ぶり位に

六角精児さんと会えたのも嬉しかったね

フジテレビを辞めて、初めての舞台

「きらら浮代伝」でご一緒した

あの頃、私も若かったけど

六角さんは、もっと若くて

その若さからギラギラしていて無我夢中

でもね

久しぶりにお会いした六角さんは

大らかで、大人で、自然体で

素敵な中年男性になってたよ

そんな風に

撮影現場に行くと

色んなハプニングや

色んな出会いがあって

人生豊かになるようで、嬉しくなる

 

配信というのは

私達の年代にとってみると

ちょっと馴染みがないのだけれど

孫役の萩原君のような若い年代の人達は

テレビはほとんど見なくて、配信だそう

ふ〜ん

どんどん、世の中進んでるんだね

 

さ、追いつくためにも

皆様

TSUTAYA配信、ちょっとご覧くださいね

 

 

 

 

収録・撮影 | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0)

待つって、楽しいんだよ

 

以前お伝えしたように

時代劇の撮影のために

日光のロケに、何度か通っている

この日は、ワンシーンの為に

日帰りで、やって来た

現場は押していて、待ち続けたけれど

ようやく、私の出番!

着物も着て、カツラも付け

いざ出陣!

 

しか〜し・・・

 

日の入りが早いこの季節

お昼のシーンが、難しくなった

すでに、夕闇が迫っている

本日は、撮れないことに!!!

翌日に延期されたワンシーン!

があ〜〜〜ん!

 

でも、撮影とは、こんなもの

しゃーない

コンビニで下着や化粧品を買って

次の日に備えよう!

しゃーない

 

さて、次の日は、秋晴れ

私の出番まで時間がある

そうだ!

紅葉の美しい鬼怒川周辺

見に行ってみようか・・・

 

役者はね

「 待つこと 」が仕事と言われる

でも

「 待つことを、楽しめる 」

と言うのが一番大事

と、私は思うの

せっかく頂いた時間だもの

散策して来ようじゃない

ホテルから25分くらい歩けば

鬼怒楯岩大吊橋とやらに行けるらしい

急いで用意をし

行きは、駅までのシャトルバスを利用し

帰りは、歩いて帰ろう

 

「 鬼怒楯岩大吊橋 」

紅葉のピークからは

ほんの少し過ぎていたけれど

本当に立派な吊橋

吊橋だから、揺れる

足下を流れる鬼怒川は、遥か下

足が震えそう

心の中では、

キャッキャと言いながら

一人、写真を撮影をし

はしゃぐ私

足を延ばして展望台への長い階段も登った

ハアハア、ゼエゼエ

息が切れる

苦しいけど、嬉しくて仕方ない

 

撮影の合間に

いろんな場所に行くのは

とても自由な気持ちになる

20年ほど前

「 夜を賭けて 」と言う映画で

韓国の田舎でロケをした時

ポカリと空いたオフの日

たった一人で

小旅行をしたっけ

ちょうど、誕生日に当たったその日

一人で、歩きながら歌った

「 ハピーバースデイ♫トゥ〜ミ〜♬」

川下りをし

ウナギが名産という地では

ウナギの豪華なコースを

大広間で、たった一人で頂いたっけ

あの頃、スマホもなかったのに

どうやって、歩き、バスに乗り

戻って来たのか

あの年の誕生日は、忘れられなくなった

 

鬼怒楯岩大吊橋からホテルへの帰り道

小さなおかず屋さんでメンチカツを買って

食べながら歩き帰った

メンチが、美味しくて、美味しくて

泣けて来た

実はね

ちょいと辛いことが7月からあって

人生の試練っていうのかな

まだまだ大変なんだけれどね

気が張っていたのかな

涙がボロボロ溢れた

あ〜、この時間は

神様からの、ご褒美なんだ!

 

ワンシーン

張り切って、撮影できたよ

後、3回

撮影には訪れなければいけないけど

こんなご褒美があるから

ロケって、楽しいんだよ

 

 

 

画面下に見えるのは、伸ばした私の足

 

展望台からの景色

 

撮影終わり、駅で待つ私の影

収録・撮影 | 15:55 | comments(6) | trackbacks(0)

22歳に戻る夜

 

フジテレビの同期会があった

その名も、豪伍会

なぜなら、昭和55年入社だったから

思えば、39年前よ!

なんと、大昔!

 

同期は21人だったけれど

この日は、半数以上が集った

同期の一人が

地方のテレビ局の社長になったことを祝う会

それに便乗して

たまたま、この日誕生日に当たった私の

バースデイも、お祝いしてもらった

 

同期の中には

今年、突然亡くなった人もいる

希望の制作部に行けないことがわかり

早々とフジテレビを退社して

医学部に入り直したK君は

お医者様になった

いつも同期の体を気遣って世話してくれたのに

働きすぎで呆気なく逝ってしまったK君

でもね

K君は、ドラマの医療監修などで

最後までテレビマンだったし

今でも、私達の大事な同期だよ

皆で、何度も何度も献杯した

 

黒岩神奈川県知事も

忙しい中、顔を見せてくれた

今回の台風

心底誠実な対応をしていた黒岩君

行き違いがあり、一部批判もされたけれど

黒岩君の姿勢に

「 オレ、神奈川県民になりた〜い!」と

声が上がるほど、いい知事さんだよ

 

最後の方に、お酒も入っているせいか

二人の男子(60過ぎた男子?)の

小競り合いが始まった

真剣に皆に向けて熱弁する男子に

何度もチャチャを入れていた男子

とうとう話していた男子は

突然ブチ切れて、声を荒げた

「 お前の顔なんか見たくない!出てけ〜」

びっくりする程大きな声が、お店に響いた

一瞬、シーンとなった

「 そんなこと言っちゃいけないよ!」

仲裁に入るのは、また別の男子

ふふふ

何だか、私、嬉しくなっちゃって

きゃっはっはと笑ってしまったよ

だって、こんなに大人になって

爆発するような喧嘩なんてないもの

同期という、心許した相手だから出来る

まるで青年の時のように

あの時

22歳前後で入社したあの頃のままに

感情を剥き出しにできたんだね

チャチャを入れた方の彼は

入社当時と変わらず皮肉屋さんだし

間に入って場を収める人も

あの頃と、おんなじような調整役

フフフ

本当に、微笑ましくて、嬉しくて

ふふふふふ

 

なんだかね

最高に素敵な誕生日の夜になったよ

Friends | 12:12 | comments(2) | trackbacks(0)

新感覚時代劇の、おばあちゃん

 

この色っぽい襟足は、誰のもの?

・・・

って

誰が見たって

私の襟足って、わかるわいな!

それに

色っぽいなんてこと、ないわいな!

コラ!

 

時代劇で

主人公の、心の拠り所の

おばあちゃん役を演じます

この日は、衣装合わせ

なかなか素敵なお着物じゃあ、ござんせんか!

 

この時代劇

ただの時代劇ではござりませぬ

抱腹絶倒!

新感覚時代劇!

あ〜、色々お話したいけれど

情報公開は、まだまだ先

 

11月には撮影が始まるので

撮影の様子など

お伝えできるところは

アップしてまいりますね

へい、がってんだい!

 

収録・撮影 | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0)

小ちゃいラグビー 大きな台風

 

台風19号の被害に遭ってらっしゃる方へ

深く深くお見舞い申し上げます

 

私の郷里、三重県伊勢市の

水に溢れた映像は、心痛みました

なんとか、全国の

辛い思いをなさっている方にとって

少しでも、安らかな日が戻りますように

希望の光が届きますように・・・

 

そんな中

ラグビー日本代表が

ベスト8に進んだことは

多くの人が

勇気づけられることに

でも

勝って高揚しているはずの選手が

トンプソン選手が

被災された方を思いはかり

勝ったラグビーのことを

次のように、コメントしました

「 ラグビーは、小ちゃいこと 」

本当は

彼らにとって、ラグビーは小さくない

最大級に大きなこと

彼らも、何百日もの苦しい合宿を

耐え抜き、努力に努力を重ね

あらゆるものを犠牲にし

勝利を迎え、決勝トーナメントに

進んだんだもの

でも

被災されたことのことを思うからこそ

「 ラグビーは、小ちゃいこと 」

 

この言葉で

どれほどの人の心が救われたことだろう

トンプソン選手が、そう言った途端

思わず、私

「 ありがとう 」って呟いていた

勝ってくれて、ありがとう

小ちゃいって言ってくれて、ありがとう

この言葉で

今の日本での

ラグビーの存在は

一層大きくなったと思う

 

サッカーファンだから

ラグビーにあまり馴染めなかった私も

夢中にさせてくれるね

 

今夜の、サッカー日本代表W杯2次予選も

もちろん応援するけれど

日曜日のラグビー南ア戦

大きな声で、必死に応援するさ

サッカー | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0)

掲載情報 週刊現代「私の地図」

掲載情報です!

 

本日(10/7)発売

講談社 週刊現代の定例企画

あの場所へ帰りたい「私の地図」

インタビューのページ

 

幼い頃から現在へを網羅した

ロングインタビューの掲載です

 

週刊現代を

どうぞ、ご覧ください!

 

収録・撮影 | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0)

生き抜くってさ

IMG_7093 (1).jpg

 

IMG_7095.jpg

 

母kazukoさんは、8月の末に

95歳の誕生日を迎えた

 

今年の初めには

寝たきりになり

言葉も話せず

そのままかと思われた

しかし

何度も言うけれど

奇跡的に回復して来ている

 

この日は

リハビリの時間に居合わせた

平行棒を行ったり来たりのリハビリ

途中で、愛犬のカレンやセリーナが

目の前を横切ると

こちらは、ハラハラするが

そんな事お構いなし

kazukoさんは

歩きながら、嬉しそうに手を出して

頭を撫でようとする

カレンとセリーナが見ているから

kazukoさん、張り切ったのかもしれない

休みながらだけど

平行棒を行ったり来たり

何と、8回も往復したのだ

 

kazukoさんを見ていると

生きる、生き抜く姿が

切々と伝わってくる

でも

生き抜くと言うのは

誰にでも出来る事ではないんだよ

果たして、私に出来るんだろうか

生き抜くってさ

大変だ

でも生きなきゃ

生き抜かなきゃ

だろ?

 

IMG_7102 (1).jpg

母 Kazukoさん | 13:16 | comments(0) | trackbacks(0)