舞台終了
IMG_2969.jpg 

舞台「友情」
終了しました

色んなことがあったけど
素晴らしい作品に携われたこと
光栄に思っています

関東近圏とは言え
遠くまで、わざわざ観劇に来てくださった方々
心から、感謝です
どうしても、スケジュールが合わなくて
いらっしゃれず
でも、しっかりと応援してくださった方
ありがとうございました

そして
何年にも渡り、作品をご覧になっている、
脚本を書かれた布施博一先生と奥様が
わざわざ呼び止めてくださり
「お母さんが、本当に、とても良かったですよ!」
と、少し興奮気味に
お声をかけてくださったこと
身にしみるほど、嬉しかった・・・
その言葉に、深く感謝し
大切に大切に、胸にしまいます

白血病の娘を亡くし
舞台の度に、号泣して哀しむ母親役だったこともあり
また、慣れないカンパニーだったこともあり
ほんの少し、疲れました
ゆっくり、カラダとココロを休ませますね

ありがとうございました!

(写真は、ニヒルに決めた夫役の、石橋保さんと)

舞台 | 16:05 | comments(2) | trackbacks(0)

大人の役者に、囲まれて
 IMG_2860.jpg

IMG_2857.jpg

舞台「友情」
いよいよ、明日、明後日の残り2日
土浦と千葉での公演のみ

関東各地
色々な所へ、車を運転して通った
時には、事故渋滞に巻き込まれたり
間違った方向に高速を走ってしまい
慌てて高速降りて、道に迷ったり
色んなことがあった
その度に、一人で、冷や汗かきながら
でも
何とか、間に合って、劇場入り
だから、関東近辺の高速事情を
以前より、かなり精通するようになったよ
まあ、言わば
ちょっと、大人になった感じかな
( イマサラ? )

唯一、茨城県水戸のホールは、かなり遠かったので
JRの特急を利用して
みんなで、楽しくワイワイ乗って行った
でも、おっちょこちょいの私
チケットが行方不明になり、大慌て
そんな時に、池上季実子さんが
私の体やら、バッグをスルスルと触って
「 ほ〜ら!」
と、手品のように、見つけてくださって、大笑い
ちょっと、楽しかったな

下の写真は
中日打ち上げの模様
男優陣の4人
あら、酔っ払っていらっしゃる!
石橋保さん、おりも政夫さん、不破万作さん、あご勇さん
みなさん、いつも大人の方たち
優しく見守ってくださる男優陣
初めて参加の私が、少し戸惑ったりしていると
さりげなく、声かけて、気遣ってくださる
いいな、大人の男性!

おりも政夫さんなんて
私が、中学生の時
鈴鹿サーキットまで
フォーリーブスのコンサートを見にいき
「キャ〜〜〜! マ〜〜〜坊〜〜〜!!!」
なんて、手を振り、嬌声を上げた方よ
雰囲気は、あの時の、落ち着いた感じと一緒

石橋保さんは
2年前の舞台、ミステリーナイトでご一緒したけど
その時より、もっともっと助けられた
そりゃ、夫婦役だから当然と言えるけれど
夫役が、包容力のある石橋さんで、本当に良かった

不破さんは
私が気づかない芝居のポイントを指摘してくださったり
あご勇さんは
「 オフ・ブロードウェイでも芝居やったんですね
すごいな〜!」
と、声かけてくださったり
この男優陣の4人は
人としての成熟が、素敵な方だったな
いつも、ありがとうございました!

さあ、後2日
色々なことがあって
ちょっと、めげたりもしたけれど
こうやって、大人の役者に囲まれて
年齢は、とうの昔に、十分大人過ぎているはずの私だけど
もう一つ上の
大人の役者、大人の女性になって行こうっと

がんばろう!

IMG_2778.jpg
左から石橋保さん、おりも政夫さん、不破万作さん、あご勇さん

IMG_2775.jpg
左から、釈由美子さん、松方弘樹さん、演出の田中林輔先生
池上季実子さん、森野美咲さん、尾島知佳さん

舞台 | 14:49 | comments(1) | trackbacks(0)

生きてて、良かった
IMG_2805.jpg 

ホラ、kazukoさん
まるで、しゃんと歩いているみたいでしょ?

母kazukoさんにも
舞台「友情」を観劇してもらった
施設の方や、私の友人の皆さんが
kazukoさんのために
一生懸命、お心遣いしてくださって
無事、観劇終了!

会場のスタッフの皆さんも
本当に優しくて・・・
ちょっぴり残念だったのは
客席までスロープがなくて階段だったこと
車椅子は
上下移動の機械に乗っての移動
まだまだ、車椅子のための劇場が少ないね
でも、いいの
動く機械だけでも設置してくださっているからね
ただ、機械担当の、70歳前後のおじさまが
ちょいと横暴で、優しくなかった
お年寄りの気持ちがおわかりのはずなのにね
せっかくホールの皆さんが
いい方ばかりなのに
ハードより、ソフトなのに
・・・すごく残念・・・

それで、かなり、みんな
寂しい気持ちになっていたのだけれど
階段上がった所で待っていたのが
生徒役の、若い役者達の笑顔
kazukoさん、すっかりご機嫌になって
坊主頭を触らせてもらい
「 あら〜、あなたは、女の子なの?
まあ〜、こんな頭にされて・・・」
と、愛おしそうに、何度も撫でていた

こうやって、毎回
生徒役のみんなは
お客様のお見送りをしている
この丁寧なお見送りも
私は、舞台の一部だと思うの
「 観に来て、良かったわ〜」
そう皆様が思って、劇場を後にしてくださる

kazukoさん、夜電話すると、
1オクターブ高い声で、私に言った
「 生きてて、良かった〜、幸せ!」

良かった〜〜〜!

IMG_2806.jpg

舞台 | 12:36 | comments(3) | trackbacks(0)

舞台の、神様
IMG_2633.jpg

IMG_2639.jpg

IMG_2657.jpg

舞台「友情」

今までに
大田区、神奈川、大宮、越谷、横須賀での公演が、終了
明日からは
東松山、中野、北区、茨城、府中、柏、土浦、千葉
での公演が、控えています

お客様の中には
近い所での公演スケジュールが合わず
わざわざ遠い都市のホールまで、雨の中を
観劇に来てくださった方もいらっしゃって
本当に、頭が下がります
ありがとうございます!

さて、楽屋の話
一人部屋の時もありますが
ほとんどは、3人が同じ部屋
釈由美子さんと、森野美咲さんと、私
そして、この日は
池上季実子さんもご一緒で、4人一緒!
大人の女性、勢揃いの楽屋です
そして
楽しい、ガールズトーク!
サッカーの話題も出来るのが嬉しい
みんな、スポーツ大好き!
もちろん
それ以外に、コイバナもあるけれど
それは
もちろん
ヒ〜ミ〜ツ〜!

最後に、毎回、楽屋にご挨拶に来てくれる、
子供達役の皆様の写真を・・・
彼らは、舞台で重要な役柄を担うだけでなく
裏方の仕事もしています
小道具の出し入れ管理
そして、私達の衣装のメンテナンスまで
東京近郊とはいえ
朝早くから電車に乗り
劇場入りをして、準備をする
終演後は、後片付けと、次公演の準備

ちょっと、私自身の遠い昔、
東京キッドブラザース時代を思い出します
フジテレビに入社する前の、劇団時代
柴田恭兵さんや、三浦浩一さんの、お世話しながら
舞台に出ていた頃のこと
未来が見えなくて
なんだか、無性に辛いけど、がむしゃらで・・
でも
あの時の、若くて蒼い頑張りは
やっぱり、私の核になっている気がします
だから
がんばってね
舞台の神様が「必ず」見ているからね!

さあ、明日も、がんばろう!

IMG_2654.jpg

IMG_2632.jpg

舞台 | 11:29 | comments(1) | trackbacks(0)

無事、舞台稽古、初日、終了
IMG_2435 (1).jpg

スクリーンショット 2015-08-22 9.28.58.png

舞台「友情」
なんとか、舞台稽古
そして
初日本番を終えました
私の友人や、知人も
たくさん来ていただいて
どんなに、どんなに、励みになったことか・・・
ありがとうございます!

これからも
関東近辺での上演があります
どうぞ、お時間の都合がつく方は
お足を運んでくださいませ

Webでは完売でも、お電話では受付可能とのこと
0570-666-114(8:00〜18:00)

お待ちしています

IMG_2421.jpg
カツラを付けた、主役で娘役の田中裕美さん

IMG_2428 (1).jpg

舞台 | 23:50 | comments(1) | trackbacks(0)

娘たち二人と、劇場入り!
IMG_2386.jpg 

いよいよ明日は
舞台「友情」の劇場に入り
舞台稽古、ゲネプロが行われます

上の写真は
一昨年の撮影、そして、昨年公開された映画
「いつかの、玄関たちと、」で
私の娘役を演じた、NMB48の藤江れいなちゃん
今回は、白血病担当の女医、澤田医師の役で
数日、出演します
21歳の実年齢より、ずっと年上の役に挑戦
重要な役柄だから、れいなちゃん、必死です
(藤江れいなちゃんの出演は、9/12、14、20、21)

そして
下の写真は、今回の舞台の、私の娘役
主役の白血病の少女を演じる、田中裕美さん
裕美さんは、14歳の役柄ながら
実は、28歳の大人の女性
でも、素直な人柄と、真っ直ぐな視線は
14歳の純粋さを持ち合わせています

二人の娘は
実際の年齢とは違う、大切な役柄に挑戦
そして私も
唯一、新しいメンバーとして
大人のチームに参戦して、奮闘中です

二人の娘と一緒に、がんばりますね!

IMG_2393.jpg
坊主頭に剃った直後の、田中裕美ちゃん
次は、いい写真、載せるね

舞台 | 23:11 | comments(2) | trackbacks(0)

記者発表! そして 断髪式!
IMG_2381.jpg

P1080560 (1).jpg

IMG_2375.jpg

今週金曜日、21日からの舞台「友情」の
記者発表が行われました!

実は、数日前から稽古が始まっているのですが
もう毎日がヘロヘロ
家へ帰ると、子犬セリーナの相手もして
ブログをアップすることすら出来ず・・・
ごめんなさい
何しろ、白血病の母親の役柄
肉体と同時に
演技に集中すると
ココロも、どっと疲労してしまいます

記者の皆様の前で
断髪式も行われました!

いやいや
私じゃないよ
私は、断髪しない、坊主にならない!
断髪のハサミを入れる方!

白血病で、頭髪が抜けた友人のために
クラスメート達も、みんなで、坊主頭になる
そんな、友情のストーリー
生徒役の皆は、全員、リアルに、坊主頭になりました
私も、断髪式は初めてで
長い髪の毛に、ハサミを入れるのは
かなり勇気が必要、ドキドキでした
昨年に続いての主演、松方弘樹さんは
さすが、慣れていらっしゃるのですが
私は、明らかに、不安気な表情・・・

記者発表の後の稽古
夫役の、石橋保さんと抱き合うシーンでは
両端に、お饅頭なようなものが・・・
そう、生徒役の坊主頭!
ちょっと、かわいらしいでしょ?

関東各地で上演される公演
もし、HPからでは満席でも
お電話なら、チケットがとれるそうです
最後に、日程を、載せておきますね

P1080579.jpg

IMG_2388.jpg

脚本 布施博一
総合演出 田中林輔
演出 安部晴治

出演
松方弘樹
釈由美子、池上季実子、不破万作、山村美智
石橋保、おりも政夫、あご勇、森野美咲、川口ひろし
Wキャスト 仁藤萌乃・宮崎美穂
日替わりゲスト 藤江れいな 阿部佑二


電話受付は、0570-666-114(8:00〜18:00)

アメリカのニュース番組「CNN」で報道されるや
瞬く間に全米を涙でつつんだ感動の物語
1999年の初演から16年
その日本版として誕生し
約547回の公演で
日本中を感動のうずに巻き込んだ舞台

くわしくは、公式ホームページでご確認ください

舞台 | 09:49 | comments(3) | trackbacks(0)

ワンコにお乳 セリフ 再びワンコにお乳
 

IMG_2064.jpg

なんだか
子犬育てのブログと化していますが
私、今月、舞台に出演します!
皆様が、忘れているかもしれないので
再度、お知らせしますね

「 友情〜秋桜のバラード 」という舞台
もう16年も続いている舞台です
台本が、届きました

私は、白血病に侵される主人公の母を演じます

台本を読みました

さすが、布施博一先生の台本です
所謂、難病モノのお涙だけの舞台ではなく
奥深く社会も描き
子供達の、生き生きとした会話も魅力的
素敵な作品です

でも
大人キャストの稽古期間は短い
今のところ、舞台稽古も入れて
9日も、あるかないか
それもそのはず、他のキャストの方は
皆さん、昨年も出演されています
ひえ〜〜〜!
初参加の私は、少し、焦ります

だから、今、必死に
カレンちゃんのお乳を絞りながら
セリーナちゃんに、おっぱいをあげながら
セリフを覚えています

下に、チケットの購入サイトを
再度、ご紹介しています
もし良かったら
ぜひ、応援にいらしてくださいね
お待ちしています!
セリーナちゃんも、言っています!

IMG_2067 (1).jpg



**************

脚本 布施博一
総合演出 田中林輔
演出 安部晴治

出演
松方弘樹
釈由美子、池上季実子、不破万作、山村美智
石橋保、おりも政夫、あご勇、森野美咲、川口ひろし
Wキャスト 仁藤萌乃・宮崎美穂
日替わりゲスト 藤江れいな 阿部佑二


アメリカのニュース番組「CNN」で報道されるや
瞬く間に全米を涙でつつんだ感動の物語
人を思いやる気持ち、命の尊さ、
そして真実の「友情」とは何か?
1999年の初演から16年
その日本版として誕生し
約547回の公演で
日本中を感動のうずに巻き込んだ舞台が
今年もいよいよ開幕いたします
病におかされ
死に直面したクラスメイトのために
自分たちに何ができるのか?
みずみずしくも、不器用で純粋な
中学生の目から見た「命の尊さ」
そして心から「ともだち」と呼び合える真の意味とは?
衝撃的・感動的なストーリーの幕あけです

くわしくは、公式ホームページでご確認ください

舞台 | 13:47 | comments(2) | trackbacks(0)

舞台「友情〜秋桜のバラード」チケット先行発売
スクリーンショット 2015-06-29 11.17.50 (1).jpg 

夏に出演する舞台のチケットの発売が、開始されました!


アメリカのニュース番組「CNN」で報道され
瞬く間に全米を涙でつつみ
1999年の初演から16年も続いている感動の舞台です

8/21〜9/21
約一ヶ月に渡り、関東全13都市で上演いたします

下記の劇場名をクリックすると
チケット購入サイトに移行します

プレミア席8000円、SS席が3000円
どうぞ、お早目に、お買い求めください

お待ちしています!

*******************************

脚本 布施博一
総合演出 田中林輔
演出 安部晴治

出演
松方弘樹
釈由美子、池上季実子、不破万作、山村美智
石橋保、おりも政夫、あご勇、森野美咲、川口ひろし
Wキャスト 仁藤萌乃・宮崎美穂
日替わりゲスト 藤江れいな 阿部佑二


アメリカのニュース番組「CNN」で報道されるや
瞬く間に全米を涙でつつんだ感動の物語
人を思いやる気持ち、命の尊さ、
そして真実の「友情」とは何か?
1999年の初演から16年
その日本版として誕生し
約547回の公演で
日本中を感動のうずに巻き込んだ舞台が
今年もいよいよ開幕いたします
病におかされ
死に直面したクラスメイトのために
自分たちに何ができるのか?
みずみずしくも、不器用で純粋な
中学生の目から見た「命の尊さ」
そして心から「ともだち」と呼び合える真の意味とは?
衝撃的・感動的なストーリーの幕あけです

くわしくは、公式ホームページでご確認ください

舞台 | 11:53 | comments(5) | trackbacks(0)

「ふうなで」ストーリー、写真でご報告、打上げ
P1060180.jpg

3/9に埼玉越生で、たった2回だけの公演
「ふうなで」〜おおくすさんからの手紙〜
遅くなりましたが、写真でご報告しますね。
上の写真は、公演後、新井越生町長との記念撮影
みんな、ホッとして、和気藹々

ストーリーは・・・
ある夫婦(菊池均也、川俣しのぶ)の家の、リビング
今日も競馬の話を、一人まくしたてる子供っぽい夫
ありがとうと、感謝の言葉もない夫に、うんざりする妻
その女に、「おおくすさん」から、葉書が届く
おおくすさんは、自分宛の手紙を、預かっていると言う
女は、おおくすさんを探し求めて、森の中へ
ようやく見つけた、おおくすさん宅
そこには、夫と瓜二つの男が
見ず知らずの女性、女2(山村美智)と生活している
大げさに、仲良い夫婦の所作
リビングは、自分の家のリビングと同じ
戸惑う女
しかも、この世界は、少し古臭くて、奇妙にも見える
そして、二人は、人々の心が乱れると言う、
「逢魔時」(おうまがどき)にも、怯えている
女は、自分の理想だった生活をしている二人に
自分の不満を、ぶつけ始める
女が、子供の頃憧れていた職業、スチュワーデス
その仕事をしている女2に向かっては
あなたは、きらびやかな世界にいるけど
自分には、未来なんてないのだと嘆いて突っかかる
逢魔時が去って、しばらくした頃、
突然、女は、誰かに頬を撫でられる
それは、頬を撫でるだけの妖怪「ふうなで」だ
「ふうなで」は、女に
何かを思い出させようとしているのか
女は、益々混乱し、暴れる
ようやく、落ち着き、男も去ってしまった後
今度は、女2が、女に、銃を向け、突き詰める
女は、自分自身の不平不満に翻弄されていたのだ
二人の女は、次第に、心通わせ、
女2が、たぐり寄せるようにして
女に、子供の頃に書いた手紙を、思い出させる
遠い昔、優しい郵便配達のおじさんに促され
おおくすの大木の窪みに、そっと隠し入れた手紙
未来の自分への、手紙
二人で、確かめるように、手紙の内容を思い出す
そう
女2は、女が小さい頃、
なりたかった未来の女性だったのだ
女2は、女の分身
おおくすの木の下で
女2は、女に向かって告げる
「 私はあなたが、これからどんな女性になるのか
とても、いっぱい、たくさん、楽しみです 」

ふと気づくと、元の家のリビングに戻っている女
夫も、今までと同じように、存在している
でも、昨日までの女とは、変わるはず

スクリーンショット 2014-03-21 12.33.14.jpg

スクリーンショット 2014-03-22 14.07.11.jpg

P1060131.jpg

P1060190.jpg

P1060192.jpg

P1060188.jpg

P1060198.jpg

P1060141.jpg

P1060148.jpg

P1060209.jpg 

P1060213.jpg

P1060168.jpg

スクリーンショット 2014-03-22 14.18.30.jpg

スクリーンショット 2014-03-22 14.12.07.jpg

そして
ようやく、東京での打上げがありました
素晴らしい脚本を書いた吉増裕士さんも参加出来ました
ストーリーは、見終われば
普遍的な、生きる希望をもたらしてくれるものですが
そこに至るまでの、入り組んだ表現や構成は
芝居として、不条理のごとく奥深い、歯ごたえのある脚本
演出の大堀こういちさんも、素晴らしい演出
作品を、大仰なコメディで始めて、自然な芝居へと移らせ
ファンタジーのある作品に仕上げました
共演の川俣しのぶさん、菊池均也さんも、実に大人の役者で
お互いに、言葉通り、切磋琢磨出来た関係で、心地良く、
また、川俣さんは、制作の河野和恵さんと共に
プロデュースと言う大役も、見事こなしました

別れるのが、淋しい

いつか、この芝居が、もう一度、演じられる日が来るのを
「とても、いっぱい、たくさん、楽しみです」

お疲れさまでした!

IMG_4308.jpg
左下より、時計回りで
大堀さん、吉増さん、河野さん、私、菊池さん、川俣さん

舞台 | 11:20 | comments(1) | trackbacks(0)