武藤よっち、内田ウッチー
 IMG_0891.jpg

IMG_0903.jpg

IMG_0923.jpg

私の周りには
慶應大学、慶應高校出身のオジさんが多い
慶應オジさんたちは、
慶應後輩の、FC東京、武藤嘉紀選手の活躍を
文句なく、目を細めて喜ぶ

武藤選手は、スピードと決定力があり
試合中、誰にも負けない必死な粘り強さを見せる
しかし
記者の前でのコメントは、俯瞰で物事を捉え
限りなく、謙虚
裏には、死に物狂いの努力が垣間見える
だから、いつのまにか、だんだん
私も、応援するようになった

元々ファンであった内田篤人選手
ポジションは違うけれど
俯瞰で捉えるところとか、努力家とか
地に足がついているとことか、どこか似ている
ただ、武藤君は、内田君を、うんと素直にした感じ

余談だけれど
今回、結婚を発表した内田選手
全国から、女性の悲鳴が聞こえたそう
私も、ちょっと悲鳴あげた一人か・・・フフフ
内田選手は
「 女性ファンが少なくなるからいい 」なんて
彼らしい、ちょっとひねた表現をしたらしい
これは
ビジュアルだけでのファンは、必要無いと言う意味かな
確かに、イケメンと言うことではなく
彼のサッカースタイルと
スポーツマンとしての魅力を
みんなにわかってもらえば、それでいいのだ
また、現在、膝の怪我で、離脱しているけれど
奥様が出来たから、きっと、早くに治るに違いない
うん・・・良かった、良かった!
こうなったら
自分の子供を抱いての
内田選手の試合入場を、出来るだけ早く、見た〜い!
切に願う
ウッチーファンのおばちゃん(私)です

で、話は、武藤選手に戻り・・・

昨日、FC東京の試合を見に
味の素スタジアムを、始めて訪れた
ドラマ「アイムホーム」のロケで
この間から、2度ほど味スタの前を通ったのだが、
その度に、行ってみたいと思っていたのだ

やっぱり、代表選と、Jリーグ戦は
だいぶ、雰囲気が違う
僕らの選手、私の選手が出ているのだと言う、
身内のようなサポーターの気持ちが
全てに溢れていた
なんだか、あったかい

相手は、柏レイソル
私は、FC東京の応援歌を見様見真似で歌ったりして
すっかり、FC東京サポーター
試合は、武藤選手のゴールもあり
2対1で、FC東京の勝利
やった〜!!!

試合後、武藤クンの
ドイツ、ブンデスリーガのマインツ移籍が発表された
わかってはいたけれど、こうやって発表するんだ
そう言えば、武藤クン
試合直前、サポーターの武藤応援歌に
手を叩いて答えた後
胸のFC東京エンブレムに、キスをしていたが
移籍発表を控えての行動だったのか

こりゃ〜、楽しみで楽しみで仕方ないゾ
内田篤人選手所属のシャルケと対戦する時
ウッチーこと内田選手と
ヨッチこと武藤選手は、ポジション的に
試合中、マッチアップする確率が多い
ファンにとっては、ハラハラドキドキだ

ウッチー〜〜〜〜!
ヨッチ〜〜〜〜!
ウッチー〜、ヨッチ〜!!
ウッチ、ヨッチウッチ〜!!!
ウッチだか、ヨッチだか、
わけわからなくなるだろうけど
今から、本当に、楽しみ!

そして、この二人が
ロシアワールドカップで
きっと日本代表を、上に導いてくれるはず
オバちゃんファンは
固く、信じています!

がんばれ! ヨッチ! ウッチー!

4826.jpg
武藤嘉紀選手(日本サッカー協会より)

4716.jpg
内田篤人選手(日本サッカー協会より)

サッカー | 14:13 | comments(3) | trackbacks(0)

3年間は、夢の中へ
IMG_2242.jpg

サッカー日本代表、ウズベキスタン戦
5−1と快勝!!!

ハリルホジッチ監督
5つのゴールのうち、どれが一番スペクタクルだった?
と、聞かれ
それぞれを、素晴らしかったと答えた後
柴崎選手が放ったループボールを
岡崎選手が、足を出さずに、柴崎のゴールとしたこと
あれが一番スペクタクルだ!
と、答えた

サッカーのこと、よくわからない方には
何のことだか、サッパリわからないと思うが
要するに
若い柴崎選手が、ゴールに向かって出したボールを
岡崎選手が
何とか、最後まで、敵に蹴られないようブロックし
自分が押し込めば、自分のゴールと出来るところを
柴崎選手の手柄、ゴールとした

このシーンは、岡崎の先輩としての男気が嬉しかったし
そのゴールが一番お気に入り!
と答えた、ハリルホジッチ監督の思いが、温かい
いいな、いいな

そして最後に、監督は
全ての選手スタッフで円陣を組んで大喜び!
こっちまで、ウキウキ、ワイワイ!

久しぶりに
そう、久しぶりに
うんと、うんと、久しぶりに
サッカーで、ワクワクできた

ロシアW杯までの3年間
どうやら
夢の中で、生きられそうだ

サッカー | 23:07 | comments(3) | trackbacks(0)

サッカーのおもてなし in 大分
IMG_9596_2.jpg

IMG_9594_2.jpg

P1070867.jpg

IMG_9605.jpg

IMG_9619_2.jpg

P1070879.jpg

無事、ハリルホジッチ監督の初戦、勝利!
大分にて、その試合を見届けた

監督は、試合の間中、
ピッチすれすれ、身振り手振りで、大声で指示を出す
「前へ前へ!早く!上がれ! もっと早く!」
とでも、言っているのだろう
度々、転がってきたボールを、その長い足で蹴って
相手選手に、渡す
今にも、自分が、選手として飛び出しそうな勢い!

試合前は、FIFA会長賞に輝かれた最高齢90歳
スポーツライターの賀川浩さんへの花束贈呈があったり
地元大学生の、素晴らしいチアリングがあったり
サッカーを含めての、湧き上がるようなイベントで
飛行機に乗って、行って良かったと思えたよ

ただ、大分はね、東京より、ずっと寒くて
桜も、ほとんど蕾のまま、見ることが出来なかった

でも
サッカー観戦のために大分を訪れたお蔭で
湯布院温泉や、別府温泉にも行けた
パワースポットの宇佐神社で、お参りもできた
しかも
町の人達もラジオもテレビも、サッカーを大歓迎していて
少し、お祭りのような感じ

いいないいな、サッカーっていいなって
きっと大分の人も
大分を訪れた人も思っただろうな

東京に戻って来たら、桜が見どころで美しくなっていた
ある意味
サッカーの満開は、3年後のロシアW杯かな〜・・・
ちょっと、まだ先だけど
すぐにやってくるよ、ハリルホジッチさん
それまで、どうぞ、しっかりがんばって!
あ、選手としてじゃないよ、監督としてだよ!
フフフ!

何はともあれ、初戦勝利、良かった良かった!
おめでとう!

IMG_9486_2.jpg

IMG_9559.jpg

IMG_9521_2.jpg

P1070835.jpg

IMG_9465_2.jpg

IMG_9488.jpg

IMG_9631.jpg

サッカー | 23:48 | comments(1) | trackbacks(0)

ハナ、ホジッチ? いやいや、ハリルホジッチ
E3838FE383AAE383ABE3839BE382B8E38383E38381E5B0B1E4BBBBE8A898E88085E4BC9AE8A68BE7AC91E9A194.jpg

新生サッカー日本代表の監督に
ヴァヒド・ハリルホジッチ氏が決まり
初陣のための、合宿が始まった

ファーストネームのヴァヒドも言い難いし、
ハリルホジッチも、耳馴染まない
来日直後のJリーグ観戦では
時差ぼけもあって眠そうな顔がTV画面に大写し
その上、鼻をほじくってしまったから
「 ハナ、ホジッチだ〜 」
なんて、揶揄もされている

でも、私、ハリルホジッチさん、好きだよ

来日時の空港では
スラリ長身に黒いサングラスで現れた
フランス語で書かれた手作り歓迎ポスターを掲げ
待ち構えていたサポーターを見つけると
スタスタ歩み寄って、握手を求め
まるで、親日家のハリウッドスターのよう!
それはそれは、素敵だった!

日本代表選手発表の記者会見では
下調べをしたであろう書類でいっぱいなのか
分厚くなった黒いビジネスバッグを抱えて臨んでいた
この人、がんばって準備してきたのねって感じ
発表も、まるでアップルの新製品発表のように
立ち上がり、身振り手振りでプレゼンした
ちょっと、カッコイイ!

今回選ばれなかった日本代表の遠藤選手について
自ら、敬意を払い、尊敬すると言及した
記者会見の質問は終わりと司会から止められても
現場で一番年配の記者を指し、何か質問は?と促した
徹夜で選手リストを作った日本人スタッフの仕事に感心し
「 私は日本に来て良かった 」と、讃えた

ハリルホジッチさん
人を敬う気持ちに、満ち溢れているのが垣間見える

代表合宿初日
自ら先頭に立ち、ランニングを始めた
でも、62歳だから、途中で遅れたけれど
でも、がんばって、走りきった
ちょっと、このオジさん、かわいい!

ボスニア・ヘルツェゴビナに生まれ
サッカー選手として栄光を手にしたものの
紛争にも巻き込まれ
フランスに移った後
リーグアンで、2度も得点王になっている
その後、監督として、数々のチームを立て直したが
昨年のブラジルW杯では
アルジェリアを決勝トーナメントに導き
優勝国ドイツと死闘の上、破れている
その試合をテレビで見たとき
日本も、これぐらい、必死になって戦い抜かなきゃ
そうしなきゃ
W杯で上になんか行きやしないや!
と、心底、羨ましく思ったものだ
そう
あのチームの、監督だ

日本を尊重し、日本人を敬いながら
真剣に、勝つための準備をしてくれる
そんな人なのだと、想像する
同時に、厳しい規律の人なのだそうだ
そりゃそうだ
あのボスニア・ヘルツェゴビナの紛争に巻き込まれ
銃弾まで受けている
サッカーも
戦争のように、死ぬまで戦ってくれるだろう
サッカーは
ある意味、「平和な戦争」なのかもしれない

これから、色んなことがあると思う
「 え〜〜! うっそ〜〜〜!」
と、思うような采配もあるかもしれない
でも、私、がんばって付いていこう
と、思う

日本人を敬う気持ち
日本のサッカーを立て直すために
死に物狂いになる気持ち
そのハリルホジッチさんの気持ちに
ハートを掴まれつつある私

ロシアW杯まで、あと、3年ちょっと
ハナ、ホジッチ・・・ではなく
ハリルホジッチさん
どうぞ、よろしくお願いいたします

初戦の大分での代表戦
しっかりと、応援いたします!

サッカー | 22:30 | comments(1) | trackbacks(0)

無駄になった? アジア杯チケット
IMG_8902.jpg

P1070696.jpg

IMG_8621.jpg

IMG_8636.jpg

本来は、準決勝の2試合まで観戦して
帰国する予定だった
でも、準決勝には、日本は出場しない、出来ない
だから、日本へ戻ってきた

無駄になったチケットだけが、手元に残った

ブラジルW杯の時は、コロンビア戦の敗戦を見届け
ボロボロに号泣しながら帰国した
でも、はるばるブラジルまで行ったのは
無駄だとは思っていない
まだまだ、日本サッカーは
必死になって、這い上がらなくてはいけないのだと
サポーターとしての、覚悟が出来た

さて、今回の、アジア杯敗戦
涙も出なかった
抜け殻のようになり
スタジアムから、疲れ果てた体で、電車に乗り
シドニーの、セントラル駅に着いた
ふと見上げたら、大きな時計が
次の日に変わっている
意味もないけど、何だか、無性に、腹が立ってきた

素人のオバちゃん(私)は、選手たちに叫びたい
「 あんたたち、毎日、シュート100回練習しなさい!」
素人のオバちゃんに、言われたくはないだろうけど
あなたたちは、こう言う人達に支えられている

わざわざ、オーストラリアまで
シドニーまでやってきたのを
無駄にしたくなかった

だから、帰るまで、いっぱいシドニーを観光した
世界遺産のオペラハウスも、飽きるほど見た
フェリーに乗り、風に吹かれて帽子を飛ばされそうになった
炎天下、動物園にも行った
カンガルーも、コアラも、ウォンバットも
ゴリラも、象も、虎も、カバも、アシカも見た
街の中心のビルにある、47階のレストランから
シドニー全体の眺望も、見ることが出来た
築地の次に大きいという、フィッシュマーケットで
ミルキーな、シドニー牡蠣も食べた
客が、自分でグリル出来るステーキ屋で
オージービーフを焼いて、ガツガツ食べた
みんな
おいしかったし、美しかったし、可愛かったし
気持ちよかったし、素晴らしかったし、楽しかった
これでもか、これでもかと
いっぱい、シドニーを経験した

でも、今、思い出すと
み〜んな
なんだか、ちょっと、苦い味がする

結局
サッカーの無駄だとか、後悔を解消できるのは
サッカーでしかないのだろう
・・・そうだ・・・
さ、日本代表は
次のステージに向かうぞ
いつか、あんなことがあったね、と笑えるように
それに
サッカーのお蔭で
オーストラリアに来られたんだもの
感謝しなくちゃいけないよ
よし、がんばろう!
この無駄な観戦チケットは
その日のために、とっておこう!

でもね
もう一度だけ
素人オバちゃんに、叫ばせて!

アンタら〜〜〜!!!
シュートの練習、全員、毎日100回やで〜〜!
わかっとんのか〜〜〜!
それ、せえへんかったら
オバちゃんが
みんなの頭
丸刈りの、坊主にしてしまうよ〜〜〜〜!!!
覚悟しときや〜〜〜〜〜!!!!!!!

???
すみません、興奮しすぎました

P1070776.jpg

P1070769.jpg

IMG_8545.jpg

IMG_8816.jpg

IMG_8557.jpg

P1070677.jpg

P1070660.jpg

P1070785.jpg

IMG_8446.jpg

サッカー | 11:38 | comments(1) | trackbacks(0)

オーストラリアから


日本が敗退したアジア杯
予定を繰り上げて、帰る手配をした
すでに
日本代表のいないオーストラリアに
残っているのも、ちと、辛い
また、ゆっくり、報告しますね

サッカー | 11:29 | comments(3) | trackbacks(0)

サッカーアジア杯の、オーストラリアへ

サッカー日本代表が
アジア杯決勝トーナメント進出を決めた

昨夜の、ヨルダン戦
現役慶應大学生の新星、武藤から
エース10番の香川にクロスボール
香川が、待望のゴールを決めた!
しばらくゴールから遠ざかり
クラブでも不振の香川選手
その香川に、これからの若い選手が蹴ったクロス
なんだか、泣けてくるほど、嬉しかった

これまでの3戦を通して
パスワークと、鋭い守備で勝ち進んできている日本代表
勝因は、アギーレ監督の手腕というよりは
この4年間、必死で育ってきた選手達の経験値だろう
ザッケローニ監督は、こういう形になるのを望んでいたし
アジアではなく、ヨーロッパを相手に
そして、あのブラジルW杯で
こういうサッカーをして欲しかったのだと思う

きっと、今
試合見て、喜んでるんだろうな、ザッケローニさん・・

選手たちは、ザッケローニの元で、細かく学び
ブラジルW杯で、えぐられるような悔しい思いをし
それぞれのクラブで、成長し
そして、アギーレ監督の元で
今、のびのびとプレーしている

アギーレ監督も、強面に見えながら
選手のモチベーションを上げる才に長けているリーダー
しかしながら、あの八百長問題
とにかく、アジア杯が終わるまでは、動かないだろうけど
いったい、どうなるのだろう
アギーレさんが、実際関わっているのか、いないのか
どちらにしても、タイミングとしても気の毒な気もする
せっかく、日本代表の監督として
これからの4年間を、奮闘しようと思っていたのに

とにかく、アジア杯は、優勝してもらいたい
と、言うわけで
今から、オーストラリアに、現地観戦に行ってきます!
あ、でも、
ちゃんと、30日のライブの前には
帰ってくるので、ご心配なく!
では、真夏のオーストラリアへ、いざ、出発!

サッカー | 18:00 | comments(1) | trackbacks(0)

ネイマールには ・・・ 勝てないな
IMG_6790.jpg

P1070359.jpg

IMG_7044.jpg

IMG_7042.jpg

IMG_6993.jpg

IMG_6994.jpg

IMG_7011.jpg

IMG_7026.jpg

IMG_7025.jpg

シンガポールへ、ひとっ飛び!

日本代表と、ブラジル代表の、サッカー親善試合
シンガポールまで、弾丸で、応援に行った
現地では、30時間も滞在していない
でも、ブラジルまで行った身には、なんてことはない

シンガポールの、ナショナルスタジアム
街中にあり、地下鉄もすぐに直結
日本国内の
横浜日産スタジアムとか、埼玉スタジアムとか
駅から、延々と延々と延々と、歩くスタジアムとは大違い
いつも、「 もう一個、駅、作れるでしょ!」
と、文句言いながら歩いている
こういう風に、気軽にアクセス出来るスタジアムが
やっぱり日本は必要だと、身に沁みる

観客席のすぐ近くには、
落ち合った訳でもないのに、
ブラジルW杯でご一緒だったご夫婦がいて、ビックリ
こうやって、あのツアーで一緒になった他の人達も
このスタジアムのどこかに来ているのではと思い
他の座席を見渡し、探してみたけれど、
5万人以上の観客が入っているのだから
当然見つかるはずはない

観客席は、黄色と、青色
ブラジルユニと、日本代表ユニが
ほとんど半々に見える

日本選手達が、練習で出て来ると
すぐ後ろの、現地のイケメン坊やたちが
「 ホンダ〜! ホンダ〜!」
と、声援を送ってくれたので
ちょっと嬉しくなったけれど
続いて、ブラジル代表が、出て来た途端
まるで、狂ったかのように体を振り回し
「 ネイマール!ネイマール!ネイマ〜〜〜ル〜〜!!!」
と、大興奮状態に突入
やっぱり、ネイマールには、勝てないな、と
思った次第

そう
やっぱり、ネイマールには、勝てない

試合は、正に、ネイマールのショー
最初は、点を入れられるたびに
がっくりと肩を落としていたのだけれど
そのうち、その素晴らしい連携や、シュートに感服

私は
「 今日は、日本代表を応援しに来たんじゃないのよ
わざわざ、ネイマールのショーを、観に来たのよ 」
と、気持ちをすり替えて、自分をだまさないと
あのブラジルW杯のコロンビア戦のように
泣いてしまいそうになった
そう
ネイマールは、素晴らしい!
ネイマールのショーを観るために
遠路はるばる、シンガポールまで来て良かった!
と、思おう・・・

ザッケローニ監督は、夢を見させてくれた
日本代表は、60点の力しかないけど
満点の、100点を目指そう、と
だから
時々、85点位のサッカーになった時があった
昨年の、ベルギー戦とか、オランダ戦とか
そして
W杯では、90点か95点に行くつもりだった

でも、新監督アギーレ監督は、現実主義
君たち、60点しかないけれど
70点あれば、アジア杯では優勝出来る
だから、70点をしっかり取ろう、と言う戦術
今、ブラジル相手に勝ったって仕方ない
君たちが目指すのは
アジア杯の優勝、そしてW杯出場
そのために、ブラジルを相手にして
誰が、能力を発揮出来るか、見せて欲しい、と

ま、実際、こうザックやアギーレが行った訳ではない
ただの、私の、想像、妄想

アギーレさんの考え方は、ごもっとも
でも、今んとこ、夢が少し足りない
私は、夢見るサッカーが、好き
でもね
サッカーは、夢じゃない
戦い
実践的な戦い
そう言う意味で、アギーレさんは
堅実に、日本を勝たせてくれるはず
そして
今に、また、夢を見させてくれるよ
多分、いや、きっと

ネイマールに、コテンパンにされて
サポーターとしても
もう一度、自分の立ち位置を確かめた私

応援する身も、覚悟が必要なのかもしれないね

IMG_7029.jpg

IMG_6986.jpg

IMG_6746.jpg

サッカー | 12:57 | comments(3) | trackbacks(0)

サッカー新時代に、スーパームーン
IMG_6387.jpg 

IMG_6389.jpg

IMG_6312.jpg

IMG_6356.jpg

4年後のサッカーW杯ロシア大会に向けての始動
アギーレ体制の初戦だから
9/5の、札幌でのウルグアイ戦
9/9の、横浜でのベネズエラ戦
その両方の試合を観戦しに行った

え〜、わざわざ飛行機乗って、札幌まで行くの?
と、何人にも聞かれたけれど
30時間以上かけてブラジルまで行ったこと思えば
「へ」でもないさ

4年前にサッカーファンになった私
思えば、色んな所に、サッカー観戦に出かけた
東京の国立競技場はもちろん、埼玉、横浜
大阪、新潟、札幌、ソウル、そして、ブラジル
ありがたいなあ、と思う
サッカーのお蔭で、違う人生を知ったと思う
美しい景色を見たり、おいしいものを食べたり
窮屈な座席で移動したり、走ったり
嬉しかったり、悔しかったり、泣きじゃくったり

ふと、札幌ドームの通路の隅で、集まる集団を見つけた
いつも、どのスタジアムでも現れる巨大なユニフォーム
その巨大ユニを掲げるための、ミーティングらしい
同じメンバーなのかはわからないけれど
真剣にミーティングする彼等に
ありがとう!とか、がんばれ!とか
小さく、声かけた
聞こえたかな

ウルグアイ戦も、ベネズエラ戦も
納得行くものとは、ならなかった
もちろん、新戦力の武藤と柴崎のゴールは
スカッとしたけれど
やはり、全体には、ワクワクさせられなかった

ザックジャパンに魅了されていた私
あの、華麗で攻撃的なパスサッカーが
忘れられないでいるのかなぁ
W杯で敗退してしまった、あの悔しいコロンビア戦
もう一度、ビデオで見直して
なんて素晴らしいサッカーをしていたのだと
あらためて、感じた
ゴールが決まらなかっただけだ
でもね
ボールが、ゴールが入らなければ
いくら美しい連動や、パス回しをしたって
それは、サッカーじゃないのよ
勝たなきゃ、サッカーじゃないのよ
と、自分に言い聞かせた

勝つためのサッカーに変身するため
アギーレジャパンは、今、一からやり直す過程
しっかりと、見守らなくちゃ
私、真のサッカーファンにはなれないよ

札幌ドームの、空に顔を出していた月は
まだ、完全な形ではなかったけれど
横浜スタジアムの、頭上を照らしたお月様は
本当に、美しい、スーパームーン
きっと、いつか・・・4年後に、実を結ぶ
そう暗示しているに違いないと、思い込んだ

さあ、これから4年間
がんばって、応援するよ!
だから
アギーレさん
よろしくお願いいたします!

P1070168.jpg

P1070180.jpg

サッカー | 23:33 | comments(1) | trackbacks(0)

ブラジルワールドカップ ロス症候群
IMG_5316.jpg

IMG_5317.jpg

今朝
ドイツ文化センターで、W杯決勝戦の
パブリックビューイングが行われると言うので
まだ、夜が開けない暗い中を、訪れた
でも、到着した3時半には、ホールからもその外も
すでに人が溢れ、立錐の余地もない
仕方なく、トボトボと戻り、家のテレビで観戦した

ご存知のように、ドイツが、優勝!
その強さ巧みさを、まざまざと見せつけられた

ブラジル、クイアバでの現地観戦からの時差ボケ
日本に戻ってからも、これもTV観戦で、時差ボケ
一日中、ぼーっとしている
明日から、何を楽しみに生きるのだろう

でも、正直な所、日本代表が敗退した時に
本当の、ワクワクした気持ちは、しぼんだかもしれない
おかげで、決勝トーナメント以降の全ての試合は
とても「楽しんで」観戦は出来たけれど

日本が敗退した後、色んなメディアで
様々な厳しい意見ばかり、飛び交っている
日本代表に過大評価し過ぎたとか
戦略もなかったとか、内紛があったとか、etc.
確かに
まあ、優勝するのは無理だったかな、とは、思う
優勝は、はるか高い、雲の上の頂
全ての試合を一つ一つ見て行けば
優勝するまでに、いかに技術と集中力と決定力が
全て必要なのか、良く理解出来る
でもね
そんなに、ひどくないよ
悪くないよ
少なくとも、ベスト8とかベスト4に値する
可能性があったんじゃないか、と、私は思う
勝負事だもの、ちょっとしたきっかけで、勝つし
かすかなほころびで、負ける

昨年秋は、
オランダに引き分けて、
ベルギーには勝っていたのよ、日本は
あのオランダ戦
ピンボールのように、パンパンパンとパス回しをして
ゴールした映像を、私は、忘れられない
ベスト8になったコスタリカになんて
ついこの間の、先月6月、勝ったのよ
親善試合だから、と言う人はいるけれど、
選手達には、本番へのアピールもあるから
決して、親善だからと言って、手は抜かない
そう
明らかに、強くなりつつあったの、日本は
だから
決して夢だけを、語っていたわけではない
現実に、なり得る夢だったはず

でも、何が起こるかわからないのが、サッカー
ブラジルが、1−7で大敗するなんて
誰が、想像しただろう
そう言えば、あのパカパカ、ゴールを決められた時
テレビに映ったブラジル人サポーターの、呆然とした顔は
クイアバのスタジアムで、後半の日本の失点が続く試合に
口開けて、ただただ頭が白くなった自分の顔に、似ていた

きっと、意味があるはず
勝つはずだった、
決勝トーナメントに進むはずだった日本代表が
負けてしまったのは、意味があるはず
そう自分に言い聞かせ、次に向かうしかない

ドイツ代表は
日本人が活躍するクラブの同僚や、対戦相手が多く
全てのメンバーが、顔なじみで見る方も楽しかった
それにしても
ドルトムント時代に香川選手と同僚だった、
ゲッツェの決勝ゴールなんて
香川がいつもしていたような、お得意のシュートだったね
ブラジルW杯の優勝、
アルゼンチンではなく、ドイツであったこと
私達にとって、大きな意味があると思ってはいけない?
メッシはいないけれど、ゲッツェのような香川はいるもの
香川を取り巻く選手も、遜色ないはず
だって
海外に出ている日本人選手は、ドイツが一番多いのだから
ドイツ、ブンデスリーガのサッカーを学び、継承し(盗み)
伝えられる日本人選手は、今、10人以上いるのだから

変竹林な、こじ付けの論理、かな

多分、選手自身が、自分たちのいなくなったW杯を観戦し
毎日、悔しい思いをしているのだろうね
そして、気づいていると思う
やっぱり、足りなかったのは
勝つ!どうやっても、勝つんだ!戦うんだ!と言うガッツ
日本代表の戦いぶりは、
本人達の思いとは裏腹に「死闘」には、見えなかった
それが、一番の、原因

あ〜あ
ブラジルW杯、終わってしまったねぇ・・・
次に向けて、歩き出さなきゃ
必ず、意味のあるものにしなくちゃ
選手も、サッカー関係者も、私達サポーターも

つらつら、毎日、こんなことを思いながら
恐らく、ほとんどのサポーター達は、
ブラジルW杯ロス症候群と
立ち向かわなければ、いけないのです

サッカー | 11:52 | comments(1) | trackbacks(0)