レスター優勝は岡崎選手がいたから!と思うよ
IMG_6677.jpg



今朝、早朝

サッカーファンなら、歓喜した!

一般ニュースや、情報番組でも紹介しているから

サッカーファンでなくても、嬉しかったはず

「 レスター プレミアリーグ優勝!」



ごめん

まるで身内のような気持ちで、敢えて言おう

優勝の要因は

我らが日本代表、岡崎慎司選手がいたからだ!



岡崎選手は、フォワードでありながら

一番点を取ったわけでもない

一番アシストをしたわけでもない

ガムシャラに走り回り

相手ディフェンスをブロックし

ヘトヘトになるまでボールを追い続け

いつも途中で、交代させられていた

この、死に物狂いの岡崎選手の奮闘で

チームメイトが気持ちよくプレー出来て

点を取れたに違いない

優勝できたに違いない



岡崎選手が

ブンデスリーガ(ドイツ)のマインツから

プレミアリーグ(イングランド)のレスターに移籍する時

へえ、レスターって言うチームがあるんだ

と、思った私

どちらかと言うと

肉弾戦とも見えるプレミアリーグに

日本人が合うのかとも思った

(香川選手の時もそうだったけど)

しかし、世界最高峰のリーグは、やっぱりプレミア

時々、レスターの試合を観ると

綺羅星のごとくのスター選手達に

次々と立ち向かう岡崎選手の体が

彼らに合わせるように

どんどん逞しくなっているのが、わかった



現在の日本代表の中でも

最も点を取り、試合にも沢山出ているのに

華やかなイメージは、あまりない岡崎選手

いつもはにかみながら

実直で、努力家で、泥臭くて、前向き

同時に、「隠れクレバー」だと、私は思う



私の中で

岡崎選手を最も表すプレーは

昨年の3月に行われた、ウズベキスタン戦

ゴールから、はるか遠くで

まだ若い柴崎岳選手が蹴り上げたボールが

コロコロとゴールに向かっていった時のこと

相手選手が、ボールがゴールに入るのを阻止しようとし

でも、岡崎選手が走って、相手選手を背中でブロック

しかも、簡単に蹴れるボールをさわらず

最後まで見届けて、柴崎選手のゴールとした

2015/3/31のブログ「3年間は夢の中へ」

普通なら、自分で蹴り、自分のゴールとする

それが、サッカーの世界では、慣例

だから、その後岡崎選手は

勝負の厳しさを諭されたように

自分で蹴るべきだったと反省のコメントをしたけれど

咄嗟の、あの判断は

岡崎選手、そのものだ

その

「岡崎選手そのもの」が進化して

必死にチームのために走った

だから、優勝したんだよ、レスター



このワクワク感

2年後の、ロシアワールドカップでも味わいたい

サッカーファンなら、みんなそう思っているはず

日本優勝なんて、誰も期待していないけれど

レスターの5000倍のオッズよりは

ちょっとは、いいんじゃないかな

と、密かに、思っている私



今回の岡崎選手に、発奮した日本人選手は多い

よし、がんばれ!



でも

まずは、W杯の最終予選に勝ち抜かなければ

ロシアには、行けない

がんばろう、日本

ありがとう、岡崎クン!

サッカー | 13:20 | comments(3) | trackbacks(0)

世界の裏からやって来た、大きな「孫」達
IMG_4940 (1).jpg

IMG_4950.jpg

横浜で行われたクラブW杯決勝戦を観に行った
ホントはね
チケット、とても高くて躊躇したけれど
海外に観戦に行くよりは、安い・・・と
納得させ、思い切ったってわけ

サンフレッチャ広島も出ているから
3位決定戦から、2試合続けて観戦した
だから、夕方から夜まで
7時間近く、冷たい観客席に座っていたことになる

日本の代表となる、サンフレッチェ広島
本当に、清々しいチームだと思う
選手同士が信頼し合っているのが
試合をしていても、伝わってくる
パススピードも、Jリーグの中でも、早いゾ!
先制されても、我慢強く闘い、
そして、勝った!
やった〜!
被爆の地、広島のチームであることを
監督も選手も意識している
その意味でも、真の日本の代表だと思う

2試合目は、決勝戦
スペインのFCバルセロナと
アルゼンチンのリバー(リーベル)プレート
目がまわるほどの、ボール回し
いや〜、さっきまで
サンフレッチェのパススピードを評価していたけど
とんでもない!
バルセロナのボールの高速さは、異次元
あ〜、これが、世界なんだ
呆然とした
この世界に、いつ日本は追いつけるんだろう
メッシ、ネイマール、スアレスは
いつ、日本に登場してくれるんだろう
早く、追いつきたい
早く、追いつこうよ

さて
サッカーに興味がない方でも
ニュースなどで話題になった
リバープレートのサポーター達
道頓堀や代々木公園や新幹線で大騒ぎ
スタジアムでも、
関係のない1試合目から応援歌を歌う
その迫力たるや、地響きのようで、驚いた
最初は、試合に関係ない応援歌を歌われて
ちょっと、ムッとしたのだけれど
良く考えたら
彼らは、遠い南米のアルゼンチンから
何十時間もかけて、やって来ている
何十万もお金をかけて、飛行機に乗ったのだ
そう思ったら、この日本に来てくれたこと
ありがたく思えてきた
いいよ、いいよ、ちょっとくらい
羽目を外しても、いいよ
もちろん
コンビニで万引暴行した輩はけしからんけど
2万人近くのサポーターが来日すれば
中には、そりゃ、おバカな人はいる
その人達を、
異国のサポーター全部だと思っちゃいけないね

スタジアムで会ったアルゼンチン人のサポーター
みんな陽気で、日本人との記念写真を撮ったり
白い風船を振り回して歌ったり
まるで、子供のよう
でも、バルサに点を入れられたら
さっきまでの元気は、どこへやら
どんどん暗い表情になり
しょげかえって、やっぱり、子供みたい
この人達が、試合には失望しても
どうぞ、日本には失望しないで、と
強く思ったよ

テレビでも、彼らのお祭り騒ぎを
目くじら立てて、評する人が多かったけど
私はね
もうちょっと
大らかに受け止めてあげられたらなって思うの
笑顔で、
「 まあまあ、騒いじゃって
ハハハ、楽しそうだね〜 」って
でもね
「 こりゃこりゃ、行き過ぎはよそうね〜 」って
そんな、大人というか
「孫を温かく見るおじいちゃん」みたいな
そんな日本になればいいなって
私は思うんだな・・・

IMG_4975.jpg

P1080985.jpg

サッカー | 22:06 | comments(5) | trackbacks(0)

世界第2位 準優勝のなでしこ!
IMG_1338.jpg

IMG_1336.jpg

IMG_1334.jpg

泣いちゃった
試合が終わった時、涙、出た
でも、悔し涙じゃないよ
感動の涙
諦めない、強い心のなでしこに、震えたんだ

昨年のブラジルW杯ツアーで知り合ったご夫婦が
急遽、観戦のために、カナダに飛んだ
もちろん私達も行きたかったけれど
カレンの出産を控えているので
テレビ観戦になった

スタジアムの雰囲気を、写真で送ってくれた

現地バンクーバーは
車でもかけつけられるアメリカ人だらけ
感覚としては、アメリカ人対日本人
200人 対 1人だったそう
完全アウェー

アメリカに、先制点を4点も入れられ
「 U〜S〜A〜!」「 U〜S〜A〜!」の、大歓声!
選手も、現地サポーターも、日本の私達も
頭、真っ白になった
でも、最後の最後まで
なでしこは、誰一人、諦めが見えない
それ自体が、本当に、すごいこと

結果は2-5
でもね
よく考えてみると
決勝戦を、応援できるなんて
私達は、なんて幸せなんだろう!
しかも、ワールドカップ! W杯よ!
ファイナルに残るなんて
この世界中の、たった2カ国しかできないのよ!

キャプテンの宮間選手が、最後に
ただ「応援してください」とは言わず
涙をこらえながら、インタビューに答えた
「 これからも
応援していただけるようなチームでいられるように
頑張っていきたいと思います」
真っ直ぐな思いが、胸に突き刺さる

謙虚でありながら
自信と誇りを持ち、傲慢にならず
色んなことを、教えてくれたね

感謝しかないよ、なでしこ
本当に、ありがとう
お疲れ様でした!

最後に、おまけ
スタジアムで、こんな刺青をしてる人がいたそうだ
まあ、アメリカとか、カナダにとって
日本なんて
まだまだ、不可解な国なんだ!ってことかな〜

「強さ 旅行 運命 日没」
?????

IMG_1335 (1).jpg

サッカー | 11:48 | comments(1) | trackbacks(0)

57533人が、 ずぶ濡れ
IMG_1100 (1).jpg

IMG_1101.jpg

サッカーロシアW杯に向けての、2次予選が始まった

初戦の埼玉スタジアム
相手は、かなり格下のシンガポール
応援に出かけた

後ろに座っているグループが
試合結果を予想した
「 3−0かな?」
「 いやいや、5−0だよ!」
「 いや〜、8−0、8−0で、間違いな〜い!」

結果は、驚きの、0−0
あまりにも、情けなく、試合終了と共に
大ブーイング
私も、「 ブ〜〜〜〜〜!!!」と、叫んだ

浦和美園駅まで、歩き出した
駅近くに停めてある車まで、20分以上はかかる
結構、遠い

この日の入場者数は、57533人
一斉に、スタジアムから飛び出し
何万人もの人達が、駅に向かって
ギュウギュウの大移動

ふと、何かが当たった
あれ? 
雨?
と、思っていたら
雨は、あっという間にひどくなり、ゲリラ豪雨に
持っていたポンチョを慌てて着るけれど
足元は、ずぶ濡れ
やがて、雨は、ポンチョを通して染み込んでくる
ポンチョも傘もない人達は
全身、激しいシャワーを浴びているかのよう

暗闇を照らす街灯の明かりで
雨が、鋭い棒となり
突き刺さるように落ちてくるのが見える
ぬかるみに滑りながら、
試合の不甲斐なさと、びしょ濡れの冷たさに震え
黙々と、延々と、
人々と共に、駅へ向かった

ようやく駐車場に到着し
貼りついたポンチョを剥がして
びしょびしょの体を、車に潜らせた
雨が、フロントガラスを叩き割りそうな勢いだ

こんなに、まともに雨に濡れるなんて
いつ以来だろう
ふと、そう思ったら
なんだか、急に
笑えてきた
なんだか、急に
楽しくなった
フフフ、フフフ
ハハハハハ

まだまだ、ロシアW杯までは、遠い

だいじょうぶ!
これから、全部、勝つから、だいじょうぶ!
勝つぞ〜〜〜〜!

ハ、ハ、ハックション!

IMG_1112.jpg

IMG_1114.jpg

サッカー | 19:04 | comments(3) | trackbacks(0)

武藤よっち、内田ウッチー
 IMG_0891.jpg

IMG_0903.jpg

IMG_0923.jpg

私の周りには
慶應大学、慶應高校出身のオジさんが多い
慶應オジさんたちは、
慶應後輩の、FC東京、武藤嘉紀選手の活躍を
文句なく、目を細めて喜ぶ

武藤選手は、スピードと決定力があり
試合中、誰にも負けない必死な粘り強さを見せる
しかし
記者の前でのコメントは、俯瞰で物事を捉え
限りなく、謙虚
裏には、死に物狂いの努力が垣間見える
だから、いつのまにか、だんだん
私も、応援するようになった

元々ファンであった内田篤人選手
ポジションは違うけれど
俯瞰で捉えるところとか、努力家とか
地に足がついているとことか、どこか似ている
ただ、武藤君は、内田君を、うんと素直にした感じ

余談だけれど
今回、結婚を発表した内田選手
全国から、女性の悲鳴が聞こえたそう
私も、ちょっと悲鳴あげた一人か・・・フフフ
内田選手は
「 女性ファンが少なくなるからいい 」なんて
彼らしい、ちょっとひねた表現をしたらしい
これは
ビジュアルだけでのファンは、必要無いと言う意味かな
確かに、イケメンと言うことではなく
彼のサッカースタイルと
スポーツマンとしての魅力を
みんなにわかってもらえば、それでいいのだ
また、現在、膝の怪我で、離脱しているけれど
奥様が出来たから、きっと、早くに治るに違いない
うん・・・良かった、良かった!
こうなったら
自分の子供を抱いての
内田選手の試合入場を、出来るだけ早く、見た〜い!
切に願う
ウッチーファンのおばちゃん(私)です

で、話は、武藤選手に戻り・・・

昨日、FC東京の試合を見に
味の素スタジアムを、始めて訪れた
ドラマ「アイムホーム」のロケで
この間から、2度ほど味スタの前を通ったのだが、
その度に、行ってみたいと思っていたのだ

やっぱり、代表選と、Jリーグ戦は
だいぶ、雰囲気が違う
僕らの選手、私の選手が出ているのだと言う、
身内のようなサポーターの気持ちが
全てに溢れていた
なんだか、あったかい

相手は、柏レイソル
私は、FC東京の応援歌を見様見真似で歌ったりして
すっかり、FC東京サポーター
試合は、武藤選手のゴールもあり
2対1で、FC東京の勝利
やった〜!!!

試合後、武藤クンの
ドイツ、ブンデスリーガのマインツ移籍が発表された
わかってはいたけれど、こうやって発表するんだ
そう言えば、武藤クン
試合直前、サポーターの武藤応援歌に
手を叩いて答えた後
胸のFC東京エンブレムに、キスをしていたが
移籍発表を控えての行動だったのか

こりゃ〜、楽しみで楽しみで仕方ないゾ
内田篤人選手所属のシャルケと対戦する時
ウッチーこと内田選手と
ヨッチこと武藤選手は、ポジション的に
試合中、マッチアップする確率が多い
ファンにとっては、ハラハラドキドキだ

ウッチー〜〜〜〜!
ヨッチ〜〜〜〜!
ウッチー〜、ヨッチ〜!!
ウッチ、ヨッチウッチ〜!!!
ウッチだか、ヨッチだか、
わけわからなくなるだろうけど
今から、本当に、楽しみ!

そして、この二人が
ロシアワールドカップで
きっと日本代表を、上に導いてくれるはず
オバちゃんファンは
固く、信じています!

がんばれ! ヨッチ! ウッチー!

4826.jpg
武藤嘉紀選手(日本サッカー協会より)

4716.jpg
内田篤人選手(日本サッカー協会より)

サッカー | 14:13 | comments(3) | trackbacks(0)

3年間は、夢の中へ
IMG_2242.jpg

サッカー日本代表、ウズベキスタン戦
5−1と快勝!!!

ハリルホジッチ監督
5つのゴールのうち、どれが一番スペクタクルだった?
と、聞かれ
それぞれを、素晴らしかったと答えた後
柴崎選手が放ったループボールを
岡崎選手が、足を出さずに、柴崎のゴールとしたこと
あれが一番スペクタクルだ!
と、答えた

サッカーのこと、よくわからない方には
何のことだか、サッパリわからないと思うが
要するに
若い柴崎選手が、ゴールに向かって出したボールを
岡崎選手が
何とか、最後まで、敵に蹴られないようブロックし
自分が押し込めば、自分のゴールと出来るところを
柴崎選手の手柄、ゴールとした

このシーンは、岡崎の先輩としての男気が嬉しかったし
そのゴールが一番お気に入り!
と答えた、ハリルホジッチ監督の思いが、温かい
いいな、いいな

そして最後に、監督は
全ての選手スタッフで円陣を組んで大喜び!
こっちまで、ウキウキ、ワイワイ!

久しぶりに
そう、久しぶりに
うんと、うんと、久しぶりに
サッカーで、ワクワクできた

ロシアW杯までの3年間
どうやら
夢の中で、生きられそうだ

サッカー | 23:07 | comments(3) | trackbacks(0)

サッカーのおもてなし in 大分
IMG_9596_2.jpg

IMG_9594_2.jpg

P1070867.jpg

IMG_9605.jpg

IMG_9619_2.jpg

P1070879.jpg

無事、ハリルホジッチ監督の初戦、勝利!
大分にて、その試合を見届けた

監督は、試合の間中、
ピッチすれすれ、身振り手振りで、大声で指示を出す
「前へ前へ!早く!上がれ! もっと早く!」
とでも、言っているのだろう
度々、転がってきたボールを、その長い足で蹴って
相手選手に、渡す
今にも、自分が、選手として飛び出しそうな勢い!

試合前は、FIFA会長賞に輝かれた最高齢90歳
スポーツライターの賀川浩さんへの花束贈呈があったり
地元大学生の、素晴らしいチアリングがあったり
サッカーを含めての、湧き上がるようなイベントで
飛行機に乗って、行って良かったと思えたよ

ただ、大分はね、東京より、ずっと寒くて
桜も、ほとんど蕾のまま、見ることが出来なかった

でも
サッカー観戦のために大分を訪れたお蔭で
湯布院温泉や、別府温泉にも行けた
パワースポットの宇佐神社で、お参りもできた
しかも
町の人達もラジオもテレビも、サッカーを大歓迎していて
少し、お祭りのような感じ

いいないいな、サッカーっていいなって
きっと大分の人も
大分を訪れた人も思っただろうな

東京に戻って来たら、桜が見どころで美しくなっていた
ある意味
サッカーの満開は、3年後のロシアW杯かな〜・・・
ちょっと、まだ先だけど
すぐにやってくるよ、ハリルホジッチさん
それまで、どうぞ、しっかりがんばって!
あ、選手としてじゃないよ、監督としてだよ!
フフフ!

何はともあれ、初戦勝利、良かった良かった!
おめでとう!

IMG_9486_2.jpg

IMG_9559.jpg

IMG_9521_2.jpg

P1070835.jpg

IMG_9465_2.jpg

IMG_9488.jpg

IMG_9631.jpg

サッカー | 23:48 | comments(1) | trackbacks(0)

ハナ、ホジッチ? いやいや、ハリルホジッチ
E3838FE383AAE383ABE3839BE382B8E38383E38381E5B0B1E4BBBBE8A898E88085E4BC9AE8A68BE7AC91E9A194.jpg

新生サッカー日本代表の監督に
ヴァヒド・ハリルホジッチ氏が決まり
初陣のための、合宿が始まった

ファーストネームのヴァヒドも言い難いし、
ハリルホジッチも、耳馴染まない
来日直後のJリーグ観戦では
時差ぼけもあって眠そうな顔がTV画面に大写し
その上、鼻をほじくってしまったから
「 ハナ、ホジッチだ〜 」
なんて、揶揄もされている

でも、私、ハリルホジッチさん、好きだよ

来日時の空港では
スラリ長身に黒いサングラスで現れた
フランス語で書かれた手作り歓迎ポスターを掲げ
待ち構えていたサポーターを見つけると
スタスタ歩み寄って、握手を求め
まるで、親日家のハリウッドスターのよう!
それはそれは、素敵だった!

日本代表選手発表の記者会見では
下調べをしたであろう書類でいっぱいなのか
分厚くなった黒いビジネスバッグを抱えて臨んでいた
この人、がんばって準備してきたのねって感じ
発表も、まるでアップルの新製品発表のように
立ち上がり、身振り手振りでプレゼンした
ちょっと、カッコイイ!

今回選ばれなかった日本代表の遠藤選手について
自ら、敬意を払い、尊敬すると言及した
記者会見の質問は終わりと司会から止められても
現場で一番年配の記者を指し、何か質問は?と促した
徹夜で選手リストを作った日本人スタッフの仕事に感心し
「 私は日本に来て良かった 」と、讃えた

ハリルホジッチさん
人を敬う気持ちに、満ち溢れているのが垣間見える

代表合宿初日
自ら先頭に立ち、ランニングを始めた
でも、62歳だから、途中で遅れたけれど
でも、がんばって、走りきった
ちょっと、このオジさん、かわいい!

ボスニア・ヘルツェゴビナに生まれ
サッカー選手として栄光を手にしたものの
紛争にも巻き込まれ
フランスに移った後
リーグアンで、2度も得点王になっている
その後、監督として、数々のチームを立て直したが
昨年のブラジルW杯では
アルジェリアを決勝トーナメントに導き
優勝国ドイツと死闘の上、破れている
その試合をテレビで見たとき
日本も、これぐらい、必死になって戦い抜かなきゃ
そうしなきゃ
W杯で上になんか行きやしないや!
と、心底、羨ましく思ったものだ
そう
あのチームの、監督だ

日本を尊重し、日本人を敬いながら
真剣に、勝つための準備をしてくれる
そんな人なのだと、想像する
同時に、厳しい規律の人なのだそうだ
そりゃそうだ
あのボスニア・ヘルツェゴビナの紛争に巻き込まれ
銃弾まで受けている
サッカーも
戦争のように、死ぬまで戦ってくれるだろう
サッカーは
ある意味、「平和な戦争」なのかもしれない

これから、色んなことがあると思う
「 え〜〜! うっそ〜〜〜!」
と、思うような采配もあるかもしれない
でも、私、がんばって付いていこう
と、思う

日本人を敬う気持ち
日本のサッカーを立て直すために
死に物狂いになる気持ち
そのハリルホジッチさんの気持ちに
ハートを掴まれつつある私

ロシアW杯まで、あと、3年ちょっと
ハナ、ホジッチ・・・ではなく
ハリルホジッチさん
どうぞ、よろしくお願いいたします

初戦の大分での代表戦
しっかりと、応援いたします!

サッカー | 22:30 | comments(1) | trackbacks(0)

無駄になった? アジア杯チケット
IMG_8902.jpg

P1070696.jpg

IMG_8621.jpg

IMG_8636.jpg

本来は、準決勝の2試合まで観戦して
帰国する予定だった
でも、準決勝には、日本は出場しない、出来ない
だから、日本へ戻ってきた

無駄になったチケットだけが、手元に残った

ブラジルW杯の時は、コロンビア戦の敗戦を見届け
ボロボロに号泣しながら帰国した
でも、はるばるブラジルまで行ったのは
無駄だとは思っていない
まだまだ、日本サッカーは
必死になって、這い上がらなくてはいけないのだと
サポーターとしての、覚悟が出来た

さて、今回の、アジア杯敗戦
涙も出なかった
抜け殻のようになり
スタジアムから、疲れ果てた体で、電車に乗り
シドニーの、セントラル駅に着いた
ふと見上げたら、大きな時計が
次の日に変わっている
意味もないけど、何だか、無性に、腹が立ってきた

素人のオバちゃん(私)は、選手たちに叫びたい
「 あんたたち、毎日、シュート100回練習しなさい!」
素人のオバちゃんに、言われたくはないだろうけど
あなたたちは、こう言う人達に支えられている

わざわざ、オーストラリアまで
シドニーまでやってきたのを
無駄にしたくなかった

だから、帰るまで、いっぱいシドニーを観光した
世界遺産のオペラハウスも、飽きるほど見た
フェリーに乗り、風に吹かれて帽子を飛ばされそうになった
炎天下、動物園にも行った
カンガルーも、コアラも、ウォンバットも
ゴリラも、象も、虎も、カバも、アシカも見た
街の中心のビルにある、47階のレストランから
シドニー全体の眺望も、見ることが出来た
築地の次に大きいという、フィッシュマーケットで
ミルキーな、シドニー牡蠣も食べた
客が、自分でグリル出来るステーキ屋で
オージービーフを焼いて、ガツガツ食べた
みんな
おいしかったし、美しかったし、可愛かったし
気持ちよかったし、素晴らしかったし、楽しかった
これでもか、これでもかと
いっぱい、シドニーを経験した

でも、今、思い出すと
み〜んな
なんだか、ちょっと、苦い味がする

結局
サッカーの無駄だとか、後悔を解消できるのは
サッカーでしかないのだろう
・・・そうだ・・・
さ、日本代表は
次のステージに向かうぞ
いつか、あんなことがあったね、と笑えるように
それに
サッカーのお蔭で
オーストラリアに来られたんだもの
感謝しなくちゃいけないよ
よし、がんばろう!
この無駄な観戦チケットは
その日のために、とっておこう!

でもね
もう一度だけ
素人オバちゃんに、叫ばせて!

アンタら〜〜〜!!!
シュートの練習、全員、毎日100回やで〜〜!
わかっとんのか〜〜〜!
それ、せえへんかったら
オバちゃんが
みんなの頭
丸刈りの、坊主にしてしまうよ〜〜〜〜!!!
覚悟しときや〜〜〜〜〜!!!!!!!

???
すみません、興奮しすぎました

P1070776.jpg

P1070769.jpg

IMG_8545.jpg

IMG_8816.jpg

IMG_8557.jpg

P1070677.jpg

P1070660.jpg

P1070785.jpg

IMG_8446.jpg

サッカー | 11:38 | comments(1) | trackbacks(0)

オーストラリアから


日本が敗退したアジア杯
予定を繰り上げて、帰る手配をした
すでに
日本代表のいないオーストラリアに
残っているのも、ちと、辛い
また、ゆっくり、報告しますね

サッカー | 11:29 | comments(3) | trackbacks(0)