105歳が抱く夢を、叶えたい

IMG_8140.jpg

 

IMG_8152.jpg

 

10月4日にお誕生日を迎えられた、

聖路加病院の院長、日野原重明先生の

バースデーパーティの司会をさせていただいた

 

日野原先生にお会いするのは

一昨年

先生が名誉会長を務められるNPO法人で作成した、

動物愛護の映画「チロリ物語」で

物語部分のナレーションを

担当させていただいて以来

2014.7.7と、8.9のブログより )

 

105歳?

ねえ、信じられる? 

105歳!

 

車椅子に乗られてはいるけれど

お話は、ユーモアたっぷり

モノマネタレントの、中島マリさんのモノマネには

「似ていてびっくり、心臓がバクバクしてしまう!」

と、皆を心配させ

オペラ歌手の方の「乾杯の歌」や

全員でのハピーバースデイーの歌を聞いた後は

「嬉しくて、今度は心臓が止まりそう〜」だとか

思わず、会場を慌てさせて

大笑いの渦に巻き込んでしまわれる

本当に、ウィットに富んでいらっしゃる先生なのだ

 

日野原先生には、夢がおありだ

2020年

東京オリンピック、パラリンピックで

聖火ランナーを務めること

確かに、そうだね

車椅子に乗ってさえいれば

日野原先生でも、走ることができる

なんて、素敵なんだろう

しかも目の前で

ユーモアたっぷりお元気な先生を拝見していると

夢は、夢でない

確実な「現実」と思えてくる

 

2020年の夏

颯爽と風を切って、車椅子で走る

108歳の聖火ランナー

沿道で、みんなが笑いながら、手を振る

そんな日が

本当に、楽しみ

 

日野原先生!

お誕生日、おめでとうございます!

 

IMG_8162.jpg

中島マリさんと

先生、パーティーの後は、ちょっとお疲れ!

 

日野原重明先生のご依頼で作られた映画

Friends | 11:49 | comments(2) | trackbacks(0)

アイコンタクト
 

NPO法人 動物と人の愛と絆 促進協会のDVD
 「アイコンタクト チロリ物語」 

先月お伝えしたように
ボランティアで参加させていただいた作品が
YouTubeに、アップされました 
物語部分の、ナレーションのお手伝いです
小さな子供達に見せるDVDですが 
大人の方にも、ぜひ、ご覧頂ければと思います 

・・・アイコンタクト・・・

本当に、犬との間は、言葉よりも、アイコンタクトですね 
我が家も、愛犬のカレンちゃんとは 
いつも、見つめ合ってばかりです 

下の写真は、私の美容院に付き添わせたカレンちゃんが
「ねえ、まぁだ? まだ、終わらないの?」と
何度も何度も、私を見上げる、アイコンタクトです

YouTubeの作品、
6分30秒から、私のナレーションが始まります
お時間ある時に、ご覧ください

IMG_5530.jpg

カレンとセリーナ | 10:53 | comments(1) | trackbacks(0)

カレンちゃんの中に、ジェシカ 
IMG_20140708_0001.jpg

IMG_5310.jpg

IMG_5309.jpg
私の隣に青木恵子さん、大木トオルさん、前に、日野原重明先生

DVD「名犬チロリ物語」の、ナレーション録りをした

聖路加国際病院の日野原重明先生(今年103歳!)と
ニューヨーク在住の、青木恵子さん
NYで活躍するシンガー大木トオルさんが立ち上げた、
動物愛護のNPO団体のための、DVDだ

青木恵子さんは、私がNYに住んでいた頃、
私の友人の、その友人と言う関係
アメリカでは、知らない人はいないと言う
ステーキ「べにはな」チェーンのオーナー
ロッキー青木さんの奥様
哀しくも、ロッキーさんは、2008年に亡くなられてしまった
その辛い時に
残された恵子さんを慰めてくれたのが、愛犬のムギちゃんだ
私は、そのムギちゃんがロッキー家に来た時に、会っている

2006年の秋、私は、愛犬のジェシカを、NYで亡くした
その哀しみは、喩えようもなくて・・・
亡くなって1週間した頃、ジェシカのことを
その思いを、ブログに書いている

そのジェシカの残したおもちゃなどを、色んな方に
形見分けとして、差し上げて行ったのだけれど
その最初の形見分けが
ロッキーさんのお宅のワンコだったのだ
 ( 2006/10/4のブログ 「カタミワケ」

ブログを読み返してみた
恵子さんのお宅は、前のワンコのムギちゃんを亡くして
ほんの2ヶ月程で、次のワンコを飼いだしていたのだ
その子の名前を、ブギと名付けていたけれど、
結局、その後、前と同じムギちゃんにしたとのこと
その時、ジェシカを亡くして、憔悴していた私に
恵子さんが、すぐにでも新しい子を迎い入れるべきと
薦めてくださったっけ
でも、私は、あまりにも辛くて、
結局、今の愛犬カレンを迎えるまで、6年、かかっている
でも、どこかで、ジェシカや、
その3年前に亡くしたビギンのことが
今でも、頭から離れてはいない
でも
ブログの中で
前のワンコに申し訳ない気持ちだと言う恵子さんに
私自身が、励ます言葉があった
「 でも、きっと、ムギちゃんが
毎日少しずつブギの中に入って来ますよ
だいじょうぶ! 」

・・・ホント、そうだね・・・
カレンちゃんの中に
少しずつ、少しずつ
ジェシカちゃんが入って来ている

ニューヨークの頃は、ほぼ毎日、ブログも書いていて
ジェシカのことも、沢山、書いた
でもね
実は
哀しくなるから、ほとんど、読み返していないんだ
・・・でも、読んでみようかな・・・
今だったら、読み返せる気がする
カレンがそばにいる今だったら、読める
恵子さんにお会いして、
ニューヨークの頃のジェシカとの毎日が
懐かしく、愛おしくなった

DVDについては、あらためて、お知らせしますね

20061004_192637.JPG
ロッキー夫妻と、愛犬ムギちゃん

15 Half Birthday (7).jpg
亡くなる1週間前の、ジェシカ

P1060398.jpg
先日のテレビ番組「爆報!THEフライデー」用の撮影で
無理矢理、内田篤人選手のユニフォームを着せられた
カレンちゃん

カレンとセリーナ | 23:32 | comments(3) | trackbacks(0)