木村伊兵衛写真賞 おめでとう!

同時受賞の小松浩子さんと、藤岡亜弥さん

 

ずっと応援している写真家、藤岡亜弥さん

第43回木村伊兵衛写真賞を受賞!

この賞は、「写真界の芥川賞」と呼ばれている

 

おめでとう!シマちゃん!

亜弥ちゃんではなく、シマちゃん!

「広島出身だから、シマって呼んで!」

初めて会った日

そう言ったシマちゃん

 

2008年の夏

ニューヨークの写真の学校ICPで、出会った

もうすでに写真家だったシマちゃんは

私が受講したクラスの教師のアシスタント

でも、二人

ニューヨークのあちこちに出かけて

写真を撮る講座の途中で抜け出して

怪しげな足裏マッサージに行ったり

ジャンクなものを買い食いしたり

なんだかすごく楽しかった二人

 

その時、合間に撮影するシマちゃんは

思わぬ場所で、カメラを向けた

「へ〜、こんなの撮るんだ・・・」

ゴミ箱だったり

壊れた自転車だったり

隅の隅のもの

意外な視点に、驚いた私

 

日本に私が戻り

やがて、シマちゃんが広島に戻り

でも、時々電話したり

シマちゃんの作品展を見たり

初めてシマちゃんのことブログに書いたのは

2009年だったね

09/1/23「写真美術館そして新進写真家」

 

嬉しいよ、シマちゃん

木村伊兵衛賞だなんて

すごいよ、シマちゃん!

 

受賞式の挨拶で

素敵な振袖を着たシマちゃんが

色んな方に謝辞をした後、最後に言った

「こんな大げさな格好をさせてくれた両親に感謝です

帯、苦しい〜〜」

フフフ

これがシマちゃんなんだな

物事を俯瞰で見ながら

ものすごく、あったかい

これが、シマちゃん

シマちゃんの作品も、そう

 

もし良かったら

シマちゃんの作品、見て欲しい

4/24-5/7 ニコンプラザ新宿

6/14-6/20 ニコンプラザ大阪

 

藤岡亜弥さん

シマちゃん

心からおめでとう!

 

 

ART & Exhibition | 22:11 | comments(2) | trackbacks(0)

空気、風、匂いが見えるよ 皆の写真

fujioka_webbanner_2-970x970 (1).jpg

 

IMG_2459.jpg

 

私のブログでは何度も登場している

写真家の、藤岡亜弥さんの写真展に訪れた

 

亜弥さんのことを、私は、

ニックネームのシマちゃんと呼んでいる

シマちゃんとは、

ICP(Internationai Center of Photography)

ニューヨークの写真学校で、私は生徒

シマちゃんは、教師のアシスタントという関係

色々楽しい時間を過ごした

12/9/30「フォトグラファー藤岡亜弥はシマちゃんです」

 

シマちゃんの写真は、

日本を含めた世界中の、ちょっとした日常が

切り取られている

ほんの少しの、そんな場面から

ザワザワとか、シーンとか、ヒューとか

音が聞こえて来るし

冷たくひりひりした匂いとか、乾いた空気とか

見ている背中に、何かが迫ってくる気がする

すごい

 

もし銀座に行かれるなら

ガーディアン・ガーデン

「アヤ子、形而上学研究」の展覧会に

ぜひ、立ち寄って頂きたい

 

オープニングパーティで集まったのは

私も含めて

写真が好きな友人たち

後で、送っていただいた皆の写真

やっぱり素敵

みんなが切り取った日常は

空気が、感じられる

風が吹いてくる

みんなも、すごい

 

IMG_2484.jpg

藤岡亜弥さんと(by Setsuko)

 

IMG_7055.jpg

地下鉄銀座駅で (by Yasushi.Y)

ART & Exhibition | 12:20 | comments(1) | trackbacks(0)

広島生まれの ヒロシマ

IMG_6978.jpg

 

IMG_6979.jpg

 

銀座ニコンサロンで開催されている

藤岡亜弥さんの写真展「川はゆく」を訪れた

 

写真家藤岡亜弥さんを

私はシマちゃんと呼んでいて

このブログにも、何度も登場している

シマちゃんについてのブログは、こちら

 

シマちゃんは、私がNY時代に通った写真の学校

ICP(International Center of Photography)で

先生のアシスタントをしていた

日本人は、私達だけだったこともあり

仲良くなってしまった私達

 

シマちゃんは、ビジュアルアーツフォトアワードや

日本写真協会新人賞も受賞するなど

新進気鋭の写真家だ

現在は、故郷の広島に住み

その広島を撮った写真が今回のテーマ

 

一つ一つの写真に

現在の広島が、しっかりと存在し

過去の、あのヒロシマと繋がる世界が広がる

「 広島生まれの私は

うんざりするほどの平和教育の中で育った 」

そう語るシマちゃんの写真は

ポップでリズムがあり、軽いけれど、重さを感じさせる

 

銀座ニコンサロンで、7/5まで開催されているので

もし銀座に行かれることがあったら

ぜひ、立ち寄っていただけたら、嬉しい

その後は、広島、大阪でも、開催される

くわしくは、公式HPにて

 

私の大好きなスポーツ雑誌「Number」で

時々、サッカー選手の写真の撮影者の名前に

「藤岡亜弥」なんて、載っていると

ウヒヒ・・・と嬉しくなる

 

シマちゃんは、広島では

ニコンデジタル教室の先生もしているとのこと

でもね、シマちゃん

ちゃんと、しっかり、生徒さんに教えてね

そうしないと、生徒に、サボられてしまうかもよ

だって、ほら

あの、ニューヨークのICPの生徒だった私と

先生のアシスタントだったシマちゃんで

二人一緒に、楽しく授業抜け出して

足裏マッサージに行ったみたいに

なりませんように

なんてね!・・・へへ

 

IMG_6975.jpg

ART & Exhibition | 14:04 | comments(1) | trackbacks(0)

西光亭のクッキー
P1020528.jpg

先日のブログで紹介した写真家
シマちゃんこと、藤岡亜弥さん
その妹さんの、アーティスト藤岡ちささんから
絵本が届いた
おいしい西光亭のクッキーが添えられている
ちささんは、クッキーのパッケージに描いたリスの絵を集めて
絵本を出版したのだ

同封の添え書きの最後に
「 今後も姉をよろしくお願いします 」
と、書かれていた
何だか、胸、篤くなった

そのことを電話でシマちゃんに告げると
「 やだわ、あの子!
私達、いっつも、喧嘩ばっかりしてるのに! 」

姉妹っていいな
一人っ子の私は、無性にうらやましい

ART & Exhibition | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0)

フォトグラファー藤岡亜弥 は シマちゃんです
P1020283.jpg 

P1020295.jpg

NY時代の友人、フォトグラファー藤岡亜弥さんの個展に
愛犬カレンを連れて訪れた

藤岡亜弥さんは、何と、2010年には
権威ある写真協会新人賞に、見事輝いている

でも
藤岡亜弥さんは、私にとっては、シマちゃん
「亜弥」と言うかわいらしい名前を避けて
広島出身だから、「シマ」と呼んでください
と、始めて会った日、自己紹介した彼女
そして、シマちゃんの写真も
かわいらしさとか、甘さを排除し
その存在、佇まいが、見るものの胸を突き刺す
写真の向こうの「ありよう」が
ズンと音をたてるのだ

私達の出会いは2008年のニューヨーク
ICP(International Center of Phography)
マンハッタン42丁目近くにある写真の学校で
私は、NYの街や郊外を撮影するクラスを受講した
その時の教師のアシスタントが、シマちゃんだった
まあ、そのクラスは、猛暑の中、色々大変だったのだけれど
シマちゃんとは気が合って、恋愛相談を受けたり
途中、クラスを抜け出して、足裏マッサージにも行ったっけ
・・・あれ? アシスタントが抜け出していいのか?・・・
( 受講の様子はカテゴリー「ICP写真の学校」をご覧ください )

そのシマちゃんに、NYの友人達を紹介したり
日本へ来た時には、交遊を深めたりしていたけれど
( シマちゃんのことが書かれているページは、こちら )
シマちゃん、この間に、みるみるステップアップして
写真協会新人賞まで、獲ってしまったよ!

西麻布の赤々舍で行われていた個展
次から次へと、若い写真家達が訪れ
シマちゃんに、サインを求めていた
その姿見ていると、嬉しくて嬉しくて、仕方ない

藤岡亜弥作品展は昨日で終ってしまったけれど
ホームページで作品は見られるので
ぜひ、ご覧ください

そしてもう一人、ご紹介
代々木上原にある西光亭の、クッキーはご存知?
私はそのおいしいクッキーの大ファンなのだけれど
箱には、リスの絵柄が描いてあり
その作者が、シマちゃんの妹さんの藤岡ちささんなのです
今回、その絵を集めて絵本を出版したとのこと
ちささんの個展は10/10まで
代官山のGALLERYスピークフォーで開催されているので
お近くに行かれた時は、お寄りくださいね
くわしくは、藤岡ちさ公式ブログにて

これからの藤岡亜弥の作品
本当に、私は楽しみ
いつもでも、応援してるね、シマちゃん!

P1020297.jpg

P1020279.jpg

o0437029512209643487.jpg

ART & Exhibition | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0)

ニューヨークからの、集合写真

私が、ニューヨークを去る時、
大好きな友人達を、それぞれ引き合わせた
3人のキーワードは、「写真」
実は3人は、プロフェショナルと、半プロの写真家達

プロのフォトグラファーの、シマちゃん(本名 藤岡亜弥)
元日本経済新聞社の記者で、NY在住の、弓削康史さん
そして、私のニューヨークのお父さん、テッド

実のところ、私が日本に帰国するとわかった時、
とても寂しがってくれたテッドへの申し訳なさから
息子代わりの、康史さんと
娘代わりの、シマちゃんを紹介したのだ

初対面の3人は、私が帰国した後、知り合うことになった
そして、嬉しいことに、その後、交流を深めてくれている
時々撮影会の為に、色んな所を、3人で訪れると言う
今回は、足を伸ばしてニューヨークの100キロ北の郊外
「Storm King Art Center」という所へ出かけたとメールが来た

どの写真も、情感溢れ、胸を打つ

まだ私も含めて4人で会ったことはないのに
3人の集合写真の中に、私がいないのが、不思議になるよ

ニューヨークは、深く、赤く、大きな秋だ

写真、送ってくださって、ありがとう
仲良くしてくださって、ありがとう

Thank you.....I miss you 

photo by Shima

photo by Shima

photo by Ted

photo by Ted

photo by Yasushi

photo by Yasushi

photo by Yasushi

New York の お話 | 17:50 | comments(1) | trackbacks(0)

藤岡亜弥 写真展
shima

藤岡亜弥写真展に、下町の清澄白河まで行った
藤岡亜弥さんは、通称シマちゃん
ニューヨークで知り合った新進の写真家

シマちゃんの写真集を出版するにあたりの特別作品展だ
シマちゃんのおじいさまの写真など、
本当は濡れた空気を、乾いた表現で、フィルムに残す写真群
産經新聞では、高い評価を得ている

そして、私が気に入ったのが、写真展用に作られた限定のクッキー
シマちゃんの絵が、パッケージに描かれた、くるみのクッキーだ
普段、西光亭というお菓子屋さんが販売しているクッキーは、
リスの絵が描かれている
このリスの絵は、シマちゃんの妹さんの作品
ここのクッキーは、以前から本当においしく買い求めていたのだが
パッケージの絵が、シマちゃんの妹さんのモノだと知った時には、
とても驚き、でも、嬉しくなった
今回は、シマちゃんの絵
これが、なかなか、おもしろくて、いいのだ
写真の才能がある人は、画才も長ける

この後、シマちゃんは、ニューヨークに戻り、
写真の世界を極めていく
ガンバレ!

shima

ART & Exhibition | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0)

写真美術館 そして 新進写真家
toshio shibata

恵比寿ガーデンプレイスの中にある東京都写真美術館を訪れた
カメラマンの柴田敏雄さんという方の、作品展だ
「ランドスケープ」というタイトルで撮影された写真達
ダムや道路、工事現場など、無機質な風景が、
デザイン豊かな作品として、迫ってくる
柴田さんは、写真館などで使っているような大きなカメラを使い
ひとつのシーンで、一回しかシャッターを押さない
大きなカメラで捉えたからこそ、大きく引き延ばされた写真は
油絵や墨絵かと錯覚するほど、作り上げられた「アート」
素晴らしくて、驚嘆した

実は、この写真展に誘ってくれたのが、
女性フォトグラファーの、藤岡亜弥さん
広島出身のため、通称「シマ」ちゃんと呼ばれている
シマちゃんと、知り合ったのは、半年前の、暑い熱いニューヨークICP(Internatinal Center of Photography)の、夏期講座だった
7月から8月にかけての「ニューヨークを撮影しよう」の5日間
( 2008.7〜8のブログICP 写真の学校 」より )
シマちゃんは、先生のアシスタントとしてクラスにいたけれど、
結局、いい加減な先生よりも、私のそばにいることの方が多くなった
ニュヨークの周囲を、毎日、毎日、猛暑の強行軍
炎天下を歩き回って、シャッターを押し続けた二人
肉体的には大変だったけれど、二人でぼやいたり笑ったりして
私にとっては、思い出深い、最後のニューヨークになった

そして、その日から、ちょうど半年後の真冬
冷たい雨の、恵比寿ガーデンプレイスで再会した
「ホント、あの時は、死ぬ程、暑かったねえ! 今日は、さむ〜い!」
抱き合いながら、ハハハと、二人で、懐かしんだ

シマちゃんは、ビジュアルアーツアワードで大賞を獲ったことで
さよならを教えて」という写真集が出版された新進の写真家だ
本の中には、ヨーロッパを一人放浪した時の、作品群が並ぶ
濡れた感じと、枯れた感じが同居する写真は、切なく、胸を打つ

今週、またニューヨークへ戻り、
アートフォトグラファーのプロとして、
世界の頂点の街で、険しい道を進んで行くという
・・・ シマちゃん ・・・
いつか、シマちゃんの作品展を、この写真美術館で見たいな
がんばれ!
 
shima

ART & Exhibition | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0)